Galapagos Day5 - Sierra Negra, Los Tintoreras -

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5日目。今日はIsabela島満喫な日。

朝早くにトラックがホテルまでピックアップしに来てくれた。ところが乗っている人は英語がダメらしい。この人と今日はツアーなのか???と思っていると、別のホテルに到着。そこには他のツアー参加者と何名かと今日のガイドさんがいて、みんなでランチ用のサンドイッチを作っている最中。なるほど、自分で作るのね。ということで、ツナサンドとジャムサンドを作成。

さて、そこから車で移動。20分ぐらい行き、Sierra Negra火山口へ行くルートのスタート地点の到着。ここから歩く!

朝なので、気温は丁度いいのだけど、あいにくの曇り。そんなことも気にせずに、歩く!今回の参加者のメンバーの中には若い高校卒業したてのデンマーク人4人組がいて、そりゃトレッキングは慣れているのでドンドンとハイペースで進む。途中で、柵の上にとまっているベニタイランチョウ(Vermillion Flycatcher)にも遭遇することができた。赤い体が実に綺麗な鳥。

1時間もしないうちに、火山口らしきところに到着。

Sierra Negraの火口

Sierra Negraの火口

Sierra Negraの火口

火口の中。

Sierra Negraの火口

でかい!とにかくでかい!富士山の火口のように歩いてまわれるものを想像していたら、それどころか歩いて回るには3日かかるということ。これは規模が違う。まだ部分的には活動をしていて、ここから2005年の噴火跡も見ることができた。

さて、このトレイルはまだ続いているらしく、先へいくことに。

DSC_0116

天気も良くなってきた。

DSC_0118

DSC_0122

いつしか緑が消え、周囲はごつごつとした岩場に。

DSC_0126

そしてサボテン地帯に突入。

サボテン地帯を歩く

サボテン地帯を歩く

更に景色は変化し、噴火時の溶岩跡が残るエリアへ。

そして、噴火跡へ

そして、噴火跡へ

流れた溶岩がそのままの形で固まっている。

そして、噴火跡へ

さらに歩くと荒涼とした景色の中に1979年の噴火口が姿を表した。

そして、噴火跡へ

DSC_0159

少し小高い丘がこのトレイルの終着点。ここからの景色がまたすごくて、眼下に固まった溶岩の全貌をみることができる。

絶景!

ここでこの景色を見ながら、朝に準備したサンドウィッチをで昼ご飯。歩いた後+この景色での昼ご飯は、単なるツナサンドなのに最高の味だった。

さて、少し休憩して、同じ道を戻る。

DSC_0169

DSC_0172

帰りの方が少し霧が晴れ、Sierra Negraの火口の全体像を見ることができた。

DSC_0173

ひたすら下り、開始地点に到着。

DSC_0179

今回は全体でおおよそ16km程のトレッキング。ここまで景色が変化するトレイルは初めて。実に歩き甲斐があり、良い意味で予想を裏切られた。実に満足。このトレイルは本当におすすめ。

さて、宿に戻り少し休憩。ホテル前のビーチは今日もいい雰囲気。本当に最高の天気だ。

最高の天気

午後からはシュノーケリングとLos Titorerasツアー。まずは小型のボートにのり、シュノーケリングの場所へ。途中、ボートの上で休むアシカに遭遇。

ボートの上のアシカ

シュノーケリングポイントに到着!ここでしばしダイブ。

綺麗な海!

水が綺麗なので、かなり先までみることができ、岩の間にいる比較的大きな魚の群れをみることができた。一緒にシュノーケリングしていた人の中には鮫とエイとウミガメをみることができた人もいた。

ボートに戻り、寄り道をしつつ、Los Titorerasへ。ペリカン、アオアシカツオドリ、ガラパゴスペンギンの3ショット。

ペリカン、ガラパゴスペンギン、アオアシカツオドリ

漁船が魚をさばいた後の余り身を捨てていて、そこに鳥が群がっていた。なんとそこにウミガメも登場。

DSC_0208

ウミガメ

周囲ではガラパゴスペンギンも泳いでいた。

ガラパゴスペンギン

そして、岩礁、Los Tintorerasに上陸。ここからがすごかった!

DSC_0215

島の大部分が、このようなDeath ValleyのDevil's Golf Courseをも凌駕する不思議な岩々に覆われている。

DSC_0216

少し歩くと、水路のようなエリアになっている場所に到着。ここの岩壁で、かなりの数のガラパゴスウミイグアナを発見。しかも、皆、定期的に鼻から塩を噴き出しているのが、かなり面白い。

ガラパゴスウミイグアナ

この水路はネムリブカの住処で、10匹近くのフカが底で寝ていた。

ネムリブカ

また、写真に撮れなかったが、ガラパゴスでも希少といわれている黄色のウミガメもここで見ることができ満足。

もちろん、ヨウガントカゲもいる。

ガラパゴスウミイグアナ

そしてアシカのエリアへ。

アシカ、昼寝中

アシカ、昼寝中

みんな昼寝中・・・・。

そして、いかにもガイドブックで見るかのような、ガラパゴスウミイグアナのコロニーも通過。岩と同化しているのでなかなかわからないけど、皆、太陽の方向を向いている。水温が低いので、水に潜る前に体温を上げるのだそうだ。

ウミイグアナのコロニー

DSC_0250

DSC_0251

さて、これにてコース一周終了。

DSC_0247

しかし、最後まで驚きは続く。ボートに乗ろうと待っていると、なんと、ノースセイモア島に続き、再びマンタが姿を現した!優雅に3度、4度とグルグル周り、また波の向こうに消えていった。

DSC_0255

予想外に多くの動物に遭遇できたツアーはこれで終了。満足な気持ちの中、港に到着。

DSC_0258

また宿に戻り、昨日はあまり見ることができなかったPuerto Villamilを散策することに。

ホテルの横、夕日の中のビーチ。

DSC_0259

壁の絵がいい味を出している長屋。

イサベラ島、Puerto Villamilの町

学校かな?

イサベラ島、Puerto Villamilの町

ヤシの木、そして中央広場の教会。

イサベラ島、Puerto Villamilの町

イサベラ島、Puerto Villamilの町

ビーチの前に再び。暗くなっても、海の中で楽しんでいる人々がいる。

DSC_0275

DSC_0280

明日は移動日で、キトに戻るので、今晩がガラパゴス最後の晩。なので、晩御飯は昨日のホテルではなく、町の中の食堂へ。そしてやはりセビーチェで〆ることにした。

DSC_0292

食べ終わった後も町を一周してからホテルへ。

ガラパゴス最後の夜

DSC_0286

実にいろいろなことを体験し、いろいろな動物な出会い、そしていろいろな景色をみることができたガラパゴス。いやー、楽しかった!

------
Sierra Negra 火口トレッキングのコース。


View Galapagos/Quito, Ecuador in a larger map

Los Tintorerasでのルート。


View Galapagos/Quito, Ecuador in a larger map

Galapagos Day4 - Galapagos Giant Tortoise - << | >> Galapagos Day6 - Back to Quito, El Panecillo -

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Galapagos Day5 - Sierra Negra, Los Tintoreras -

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.x9x2x.com/mt/mt-tb.cgi/1995

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このブログ記事について

このページは、kuniが2012年3月29日 23:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Galapagos Day4 - Galapagos Giant Tortoise -」です。

次のブログ記事は「Galapagos Day6 - Back to Quito, El Panecillo -」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。