2013年3月アーカイブ

Antelope Canyonを満喫した後に向かったのはLake Powellのダム。

昨晩から気になっていたのだけど、とにかく巨大。そして、Lake Powellの白い海岸線と一緒に見ると、これまたAntelope Canyon同様にすごく不思議な景観を作り出す。

Lake Powell

Lake Powell

別の角度から。

Lake Powell

少し離れたところから。

Lake Powell

ダムの奥はこんな感じ。

Lake Powell

この犬型の送電線も気になる。

Lake Powell

さて、今回の旅行の最後の夕焼けを撮影するために、宿の裏の少し見晴らしの良い場所へ。

Lake Powell

夕日は雲に隠れてしまったものの、なかなか幻想的な写真をとることが出来た。

Lake Powell

ホテルも見えた。この湖はすごく不思議な景観。

Lake Powell

続いてLower Antelope Canyon。

ここはこのような狭い溝に入っていくところから開始。

Lower Antelope Canyon

人一人が漸く通れるぐらいの隙間を通り、

Lower Antelope Canyon

その下に続く階段を降りると、峡谷の中に降り立つことができる。

Lower Antelope Canyon

LowerはUpperに比べて明るく、中がはっきりと見えるので、撮影も楽。何というか、夢のような景色が続く。

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Upperに比べて狭い箇所も多く、基本的に一方通行。

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

水の流れが作り出したこの縞も、明るいところで見ると一層細かさがわかる。

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

下って行くにつれ、頭上も開けてくる。

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

最後は階段を上って地上にでて終了。

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

Lower Antelope Canyon

ここからは砂地を渓谷に入ったところまで上るので、それがつらい・・・。

UpperとLower、それぞれ特徴があるので、両方に行けたのは正解。ゆっくりと見るのであればLowerが良い気もする。

---------
Lower Antelope Canyon


View ドラムな日々 GeoLog (アメリカ編) in a larger map

朝から行動開始。

目指すはUpper Antelope Canyon。今回は特別にPhoto tourを予約しておいた。こちらが集合場所。

DSC_4732

通常のツアーは大勢で行われる中、ラッキーなことに、我々のPhotoツアーはマン・ツー・マン。どうやらAntelope Canyonは複数の地元のNavajoの家の持ち物になっているらしいのだが、その中でも最も勢力のある家の長男が案内してくれるらしい。Photoツアーということで、本人も相当の腕前らしく、機材を貸してくれた。

ツアーのプロセスは至って効率的。カメラの設定を教えてくれながら、ここが写真スポットを思われる場所を回ってくれる。しかも、このCanyonを仕切っているだけあり、他のガイドによるツアーを早めにいかせて、人が居なくなったところで撮影させてくれるので、まさに独占して最高の瞬間をおさめることができる。

さて、撮影した写真は以下。

まずは、入り口近辺。熊が穴を這い上がろうとしているように見える場所。

Upper Antelope Canyon

渓谷の幅と縞が絶妙なスポット。

Upper Antelope Canyon

Upper Antelope Canyon

丁度日が差し込む瞬間。

Upper Antelope Canyon

Upper Antelope Canyon

更に別のスポットで撮影。

Upper Antelope Canyon

これこそ、フォトツアーならでは。

ハート。この縞を作り出すのにどれほどの年月がかかったのだろう。

Upper Antelope Canyon

こちらも上を見上げた構図。

Upper Antelope Canyon

Upper Antelope Canyon

別のスポットで光が差し込む瞬間。いくつかの場所で順番に訪れるこの瞬間を、ちゃんと順番に案内してくれるのだ。もはや個人では達せない域。

Upper Antelope Canyon

渓谷の中の縞。

Upper Antelope Canyon

Upper Antelope Canyon

そして出口方面の明るい場所。

Upper Antelope Canyon

Upper Antelope Canyon

Upper Antelope Canyon

実に満足のツアーだった。

聞いたところ、星を撮影するツアーもやっているとのことだった。参加しかったのだが、今回は断念。ガイドしてくれたLionel Bigthumb氏のFBページはこちら。渓谷の中から星を撮影した写真など、本当に素晴らしい写真が多く載っている。

結果的に新しい撮影テクを学んだ今回のツアーは大成功。

そして、それを生かすべく、Lower Antelope Canyonへ!

-------
Upper Antelope Canyon


View ドラムな日々 GeoLog (アメリカ編) in a larger map

早朝、朝日を見るためにベランダに出る。すると、同じ目的の人が多数。皆ベランダでカメラを構えていた(笑)。

Sunrise @ Monument Valley

日の出。

Sunrise @ Monument Valley

Sunrise @ Monument Valley

Sunrise @ Monument Valley

Sunrise @ Monument Valley

目の前の3つの巨岩以外は朝日を遮るものがないというこの景色。

Sunrise @ Monument Valley

朝日で満足したあとは、ホテルをチェックアウトし、今日はツアーでValleyを見学。

The View Hotel

Navajoの人に案内してもらい、Self guideでは入れない場所へ。なお、今回いろいろと案内してくれたガイドさんは、Back to the Futureにてインディアン役で出演したこともあるとか。

まずはSleeping Dragon。本当に龍が寝ているように見える!(頭が左端。)このValleyで育ち、小さい頃からこの上に上りここの岩の上で勉強していたのだそうだ。

Sleeping Dragon

頭の部分拡大。

Head of Sleeping Dragon

Sun's Eye。岩に空いた巨大な目玉。この間に太陽が入り、まさにEyeになるときに見に来てみたい。

Monument Valley

Monument Valley

太古の人が住んでいたCaveに書かれている壁画。寝て笛を吹いている人の絵が良い。

Monument Valley

Monument Valley

緑の木々と茶色の大地。不思議な世界だ。

Monument Valley

Monument Valley

数ヶ月前には雪が降り、一面雪に覆われ真っ白だったのだそうだ。

Wind Ear。砂丘をのぼった上にある穴。

Monument Valley

Monument Valley

砂丘を進み、

Monument Valley

個人的には今回の目玉だったThe Big Hogan。

Monument Valley

見上げると鷲の頭に見える。丁度の目の部分に穴が空いている。そしてここは音がすごく響くので、ガイドの人がNavajoの歌を歌ってくれた。

Monument Valley

ギリギリのバランスで成り立っている塔。下の方にある縞状の溝は、かつての海岸線の跡だとか。

Monument Valley

Monument Valley

そして見晴らしのいい場所を周りツアーは終了。

Monument Valley

Monument Valley

Valleyからみたホテル。あまり目立たないようになっている。

The View Hotel

昨日とは異なり、Navajoの話やここで暮らしている人々の話も聞け、ツアーをお願いして正解だったと思う。おすすめ。

さて、一度ホテルに戻り、昼ご飯。昨日のサンプラーでも一番美味しかったGreen Chili Stew。

Monument Valley

そして、まだ時間もあるので、ごごからはちょっとしたハイキング。Valleyを歩き、メサの周りを一周することができるWild Cat Trail。本当にあんなに遠くに見えるメサの周りを一周するのか?と不安になりながらもハイキング開始。

Monument Valley

左程せずに真横に到着。ここからの眺めも良い。

Monument Valley

どんどん歩く。

Monument Valley

サボテンには注意!

Monument Valley

半分ぐらい来たところ。ついに縦方向にみることができた。

Monument Valley

逆側のメサ。頂上はどうなっているのだろうか?

Monument Valley

よく考えると、こんな景色の中を歩けるのはすごいことだ。

Monument Valley

反対側に到着!四分の三終了?

Monument Valley

Monument Valley

トレイルの最後の方。

Monument Valley

そして最後は砂丘を登る。それが一番きつかったかも。

ハイキングを楽しんだあとは、次の目的地、Pageに移動。ここから明日はAntelope Canyonに行く予定。

PageではLake Powell沿いのホテルに宿泊。Lake Powellもなかなか神秘的な景色で気になったが、それは明日の楽しみにすることに。

Lake Powell

Lake Powell

Lake Powell

晩ご飯は近くのレストランでバーガー。

Monument ValleyはArizona州 とUtah州の境目にあるので、ひたすら89/160を北上。途中、寂れたガソリンスタンドで給油。

DSC_4440

近づくにつれて、それっぽい岩が増えてくる。

DSC_4442

DSC_4444

途中の町で一度休憩しつつ進む。

DSC_4445

すると、徐々にそれっぽい景色になってきた!

DSC_4447

Utahその州境を越え、ほぼ到着!

Monument Valley

Monument Valley

本日宿泊のView Hotelに車を停め、崖に近づく。

Monument Valley

するとこの光景!

Monument Valley

やっと到着。それにしてもこの不思議な景色、なかなか現実とは思えない。チェックインまで時間もあるので、まずは様々なメサを見てまわることに。車で一周出来るルートがあるので、それに出発。

やはり、ふもとからみるとすごい存在感。

Monument Valley

Monument Valley

Monument Valley

Monument Valley

この間を車で駆け抜けることができるということもすごい。

Monument Valley

Monument Valley

Monument Valley

Monument Valley

一体どのようにしてこの形になったのか?!

Monument Valley

手前には砂丘。

Monument Valley

Monument Valley

別の角度からValley を見る。

Monument Valley

親指。

Monument Valley

これは本当に他ではみることができない光景だ。このようにまずは一日目はSelf guided tourで終了。

そしてView Hotelにチェックイン。このホテルは、Monument Valleyの代表的な景色を見下ろす崖の上に建てられていて、全室ValleyViewというのが売り。

The View Hotel

今回泊まった部屋は一番端の部屋で、ベランダからのビューはもちろんこんな感じ。

The View Hotel

さらに端の部屋ということで、ベランダには屋根の無いところもある!これで星もばっちりみることができる。

The View Hotel

なお、室内はこんな感じ。

The View Hotel

そして少し早めの夕食へ。こちろんこちらのレストランもValley View。

The View Hotel

Navajoの食事のサンプラー をNavajoのFry bread とともに頂く。このパンに蜂蜜が良く合う!!

The View Hotel

The View Hotel

食事を済ませ部屋に戻ると丁度いいタイミングで日が暮れ始めた。

Monument Valley

Monument Valley

Monument Valley

逆側。

Monument Valley

そしてあっという間に日が落ち、夕闇につつまれ始める。

Monument Valley

The View Hotel

夜にはもちろん星とメサを撮影。

Stargaze

Stargaze

Stargaze

右下のメサのところまで星々がみえる。

Stargaze

ここは本当に地球なのか?と思いながら、明日の朝日の撮影にそなえて早めに寝た。


------
The View Hotel
Indn Route 42
Oljato-Monument Valley, UT 84536
(435) 727-5555
monumentvalleyview.com



View ドラムな日々 GeoLog (アメリカ編) in a larger map

旅行2日目。Holbrookの町のホテルで朝食をすませ、いざ出発。

Town of Holbrook

今日はまずはVisitor Centerの周りにあるGiant logsへ。

Petrified Forest

Petrified Forest

ここには大きな木が集中している。

Petrified Forest

Petrified Forest

これとか、倒木そのまま。

Petrified Forest

結晶が朝日に輝いている。

Petrified Forest

そして歩いて、Long Logsへ。

途中で渡る干上がった川。

Petrified Forest

こちらは昨日よりもさらに木が密集している。

Petrified Forest

Petrified Forest

Petrified Forest

こちらが今回一番気に入った化石。素晴らしいまでに"8 bit"化されている。

Petrified Forest

Petrified Forest

そんな道を最後まで歩くと出現するのが、化石となった木でつくられた家。

Petrified Forest

人が長年住んでいたという形跡はないので、見張り小屋とかだったのかな?それも納得の景色。

Petrified Forest

Petrified Forest

そして昨日寄れなかったNews Paper Rockへ。この絵が未だに残っているのがすごい。

Petrified Forest

そして、遠くに赤い山々が見えるこの景色を最後にMonument Valleyへ移動!

Petrified Forest

同僚二人にいかにモニュメントバレーが素晴らしいかを語られ、それをきっかけに決まった今回の旅。以前に一度モニュメントバレーを計画したのだが、モニュメントバレー内のView Hotelの予約ができずに断念。今回は無事に予約ができたのでいざ決行となった。

いろいろと行くパスはあるのだろうけど、Phoenixまで飛行機で行き、そこから車で移動する方法に決定。

Phoenixに降り立つと、まずサボテンの多さに驚く。そしてそこから車で北上すると、サボテンが少なくなり、岩がメインの砂漠にと変化する。

そんな砂漠の真ん中にPetrified Forest National Park(化石の森国立公園)はある。今回は180号沿いの南の入り口から入ることに。周りの何も無いところに、入り口の看板。

Petrified Forest

そこから先は公園を突っ切る一本の道のみ。

途中、Death Valleyでも見た様な紫色の奇岩が連なるPainted Desertを抜け、

Petrified Forest

少しすると、周りに化石となった太古の木々が表れる。

Petrified Forest

遠くからは普通の倒木に見えるが、近づくと年輪もそのままに石化しているのがわかる。これはすごい。

Petrified Forest

しかし、これは序の口。さらに車を走らせる。

Petrified Forest

そして、Crystal Forestと呼ばれる"森"に到着。ここには化石となった倒木が至る所に散乱していた。

Petrified Forest

これも化石。

Petrified Forest

よく見ると結晶化している。

Petrified Forest

輪切りになった倒木。

Petrified Forest

これもキャンプ場で良く見かける、乾燥した倒木に見えるが、近づくと完全に石化している。

Petrified Forest

Petrified Forest

Petrified Forest

こちらは綺麗な色の結晶になっている。

Petrified Forest

さらに遥か遠くにまで化石となった木が見える。

Petrified Forest

遥か昔に倒れ、その後土に覆われ長い年月をかけ圧力により結晶化した木々。自然とはすごいものだ。

Jasper Forestに移動すると、ここでは高台から更なる"森"をみることができた。この景色の雄大さにただただ圧倒される。

Petrified Forest

遥か彼方まで続く地平線で大きさの感覚が失われる。

Petrified Forest

雲も景色に華を添える。

Petrified Forest

そして、この公園の後半は、次々と表れる様々な色に彩られた岩の山々。

Petrified Forest

Petrified Forest

Petrified Forest

夕日により、さらに赤土が綺麗に映える。

Petrified Forest

夕方の公園が閉まる時間と同時ぐらいに北の門に到着。ここでガソリンがほぼ無くなっていることに気付き、公園の門のところのガソリンスタンドで給油しようとするも、すでに閉まっているので無理と言われる。泣く泣く最寄りのスタンドを聞くと今晩の宿泊先のHolbrookにあるとのことで、一安心し、Holbrookにて給油。

無事にホテルにチェックインし、晩ご飯は町の中のメキシカンにて。

Joe & Aggies Cafe


------
Petrified Forest National Park
1 Petrified Forest Rd, Holbrook, AZ 86502
(928) 524-6228
nps.gov/pefo/index.htm


View ドラムな日々 GeoLog (アメリカ編) in a larger map

ふと、Yelpで調べ、早めの夕食を食べに向かったのは、Limón。先日、会社の同僚と食べたRotisserieのチキンが美味しかったから、今日はRotisserieな気分。しかもペルー風味。

まずは、Pisco SourとSangria。Pisco Sourがアルコールが強くてびっくり。

Limón Peruvian Rotisserie

Limón Peruvian Rotisserie

食事を頼むとAjiが数種類出てきた。どれもなかなか美味しい。

Limón Peruvian Rotisserie

そしてメインのチキンのグリルと、カリカリに焼いたチキン、Chicharron de pollo。

Limón Peruvian Rotisserie

Limón Peruvian Rotisserie

どちらもしっかりとした味付け。ついでにユッカ芋もうまい。

付け合わせの野菜グリル。

Limón Peruvian Rotisserie

デザートはこちら。

Limón Peruvian Rotisserie

ペルー独特の味付けなのだけど、どれもしっかりとした味で美味しく頂いた。ここはまた来たいな。

最近ちょっとハマっているもの、それはTrader Joe'sの冷凍干し柿。

冷凍干し柿 from Trader Joe's

Koreanということで、韓国のものを仕入れているのだろうけど、なぜ商品のラインアップに加わることになったのかかなり不思議。

以前に食べた吉野いしいの冷やし柿にはもちろん負けるものの、なかなかそれに近いものを味わうことができる。

こちらは、凍っているうちにシャクシャクと食べるのがおすすめ!

Golden Gate Park内にあるSF Japanese Tea GardenとBotanical gardenがSFに住んでいる人は無料で入場できると知ったのが、昨年。それ以降、なかなか行くチャンスがなかったのだけど、今回奥さんの学校の宿題と花見を兼ねて、ついに行ってみることに。

桜はまさに最高のシーズン。

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

そして、庭園が思っていたよりもずっと本気で日本庭園だったことに驚いた。

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

ちゃんと枯山水の石庭や太鼓橋、そして五重塔まである。

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

そして至る所に桜が咲いているので、日本を思い出し懐かしい気分になった。

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

まあ、逆に言うと、桜の季節はここにくれば日本に居なくとも桜が楽しめるということなのだけど。ここに花見をするスペースが無いのが残念(笑)。

Japanense Tea Gardenのあとは、そのまま勢いでBotanical Gardenへ。こちらはTea Gardenに比べると敷地も大きく、様々な国の植物を見ることが出来る。

SF Botanical Garden

ここで気に入った場所は、Redwoodの森。

SF Botanical Garden

そしてこちらの桜も丁度見頃だった。

SF Japanese Tea Garden

桜の花びらの絨毯は昔の三軒茶屋の家の近くの桜の絨毯を思い出させてくれた。

SF Japanese Tea Garden

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。