日記: 2008年12月アーカイブ

大晦日

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ついに、今年も最後の一日。大晦日。

今日は朝から、本年を締めくくるべく、大掃除part2。掃除機をかけまくり、床拭き&WAXがけ(でも効果はいまいち)。ついでにダイニングのランプを掃除したところ、ランプの高さが変えられることを発見。以前に住んでいた方が残してくれたランプだったのだけど、住んで1年でやっと気づいた。

そして、ほぼ掃除が完了し、午後から家の近くを散歩。そこら中に霜柱で、あたりは真っ白。石の壁にも、芝生にも。

石の壁にも霜

そして、芝生のところには、ヒッチコックの「鳥」なみに、多くの鳥が集まっていた。なんの集会だろう?見ていると、次々と別のグループも到着。皆、ここを目指している様子。不思議な光景。

鳥・・・。

DSC_2611

そのまま海の近くまで歩くと、桟橋も霜で真っ白。さらに、波打ち際も凍っていた。そして、こんな中でもコーヒーを持ち寄り、Picnicをするスウェーデン人はすごいなぁと思う。

波打ち際が凍っていた

真っ白な中に白鳥

そして、車にのり、近くの駐車場へ。ここで公園の池の方に行くと、もちろん、池も凍っていて、試しに落ちていた林檎を投げて見ると、さっぱり氷が割れずにツルツルーっとだいぶ先まで滑って行くような状態。結構厚い氷のようだ。

さらに、桟橋の方にいくと、皆、建物の中に吸い込まれていく。戻って来る人はみな満足そう&タオルを片手に・・・。まさかと思っていると、やはりその通り。サウナでした。桟橋の先にあるサウナハウスには一度行きたいと思っていて。今日は9:00-15:00で開いているからということで、皆さん、年内駆け込みで行った様子。次回こそ。

サウナハウス

昼ご飯は年内の締めくくりに、近くの燻製魚屋Fiskrökeriへ。しかし、sillはすでに売り切れていたので海老と鮭で。うまい。

さて、市内にもどり、ちょっと気になった服屋にいくも、いまいちいいのが発見できず。明日に備えてコンパスでも買おうかと思ったが、基本、店は15:00で今日は閉店。しょうがなく歩いていると、以前に入ったショコラティエはあいていたので、そこで休憩。Varm Choklad と Äpplekaka。しかし、ホットチョコラが思わぬ形で登場。

ポットに入り、席にて木の棒にてかき混ぜてくれる。

Varm Choklad

ここのホットチョコはスパイシーで、濃すぎず、とても満足!ちなみに、すでにsemlaも出ていて、今年もまた食べまくるしかないかな、と。

家に戻り、酒などをのみまったりと。とっておいたイギリス旅行の時に買ったMagnersを。

19:00を過ぎたあたりで、周りでは花火やバクチクの音が徐々にし始めた。

DSC_2649

突如、周りの様々なところから爆発音が!何かと思い裏手に回ってみると、街の様々な場所で花火が上がっている!これは、すごい。一発一発は日本の花火の比ではないけど、ここまで様々な場所で一斉に花火が上がるのはあまり日本でも見たことがない。

音がこれまたスゴイ。

様々なところで花火が!

そのうちに、橋やコペンハーゲンの方でも花火が開始。でもこちらは少し遠いので残念。
シャンパンをあけ、新年そうそう酔いどれてみました。

年内、もう残りすくないということで、本日は、スノボに!

場所は、うちから120kmぐらい離れたところにある、Vallåsenというスキー場。Skåneを北に進み、Hallandsåsenに入り少し行ったVåxtorpという街の近く。このあたりは、丘(山ではない)が多く、それを利用したスキー場みたい。

1週間前ぐらいからスキー場のゲレンデやリフトの状況をチェックしているものの、やはりスウェーデンの南、雪の少ないSkåneの近くだからか、ゲレンデは1本しか開いていない状態。しかも、人工雪。だけど、休みの期間中に行きたかったので、ゲレンデ1本でもいいから行ってしまえ!ということで出発。

今日はMalmöも朝から冷え込み、家の前の公園は霜で真っ白。気温も-1℃ぐらい。車を走らせると気温は-2℃に。そのうち、あたり一面、霜。畑の上にも芝生の上にも、木の葉にも。面白いのは、これが雪ではないためあたり一面真っ白というのではなく、色を残したまま全体的に淡い色になっていて、なかなか綺麗。冬もそうだし、夏も淡い色の印象があるので、1年を通して淡い色の国なんだなぁと実感。あと、車で走ってる最中、高速脇の平原で小鹿を発見。やっと見る事ができた。

しばらく車を走らせた後に到着したゲレンデは、なかなか小規模だけど、近さを考えればあり。滑っている最中も、機械がバンバン人工雪を降らせていた。

ゲレンデ

早速ブーツを履き、準備。そしてすべる前に腹ごしらえ。若干食べるところがあるか不安ではあったが、普通に食堂やスキーショップなどもあり、安心。

レストラン

昼ごはんを食べ、2年ぶりぐらいなので、初心者(というか子供用)ゲレンデで慣らそうと思ったら、ビンディングが壊れているのを発見・・・。これ、4回目ぐらい。Burtonさん、お願いします。パッキリと折れているので部品が必要ということで、スキーショップへ。すると、なんと、運のいいことに俺のと同じビンディングの人がちょうど新しいビンディングに換えるところなので、目当ての部品があるとのこと!やった。しばらくホットチョコを飲みあたたまり、部品をもらい、交換完了!

いざリフトにのるも、久々で、リフトから降りるときに失敗。急だったし。でも、そのうちに慣れ、ゲレンデをかっとばすことができた。15:30ぐらいであたりは暗くなりややナイターに近い状態。気温も下がってきたからか、それまであまりよくなかった雪の質が少しはよくなり、特に人工雪をまいてるところの近辺は新雪に近い感じに。なので、そこを中心に滑った。

少しライトアップ

ナイター

ゲレンデそのものはあまり大きくないのと、家族連れが多いので、やや狭い印象を持ったけど、まあ、それもしょうがない。あと、スノーボーダーよりもスキーヤーの方が圧倒的に多かった。

年末でせっかく平日にコペンに行くチャンスだったので、先日に続き、今日もKøbenhavnへ。目的はクリスマスセールでの買い物。

何件かいつも行っている服屋に行った後、一度行って見たかったcafe EUROPAへ。世界バリスタ選手権の優勝者3人を輩出した店で、まさにコペンの"中心"にある。今日も列ができていたが、まあ、せっかく来たので、ということで、待つことに。20分ぐらい待ち座ったときには、当初はコーヒーだけのつもりだったが、運ばれている料理があまりにもおいしそうだったので、ついでに昼ごはんも食べることに。

カフェ・ラテ
DSC_2547

カプチーノ
DSC_2548

カプチーノもウマかったのだが、カフェラテが最高だったなぁ。Malmöの店もうまいのだけど、そこよりも少しうまいと思った。コーヒーとミルクのバランスが最高。

Brunch 1
BRUNCH 1

Smørrebrød Europa 1989
SMØRREBRØD EUROPA 1989

食事は、どちらもうまかった!Brunch 1は一見、量が少ないかなぁと思ったが、食べると満腹に。キッシュ、チーズ、サーモン、そしてヨーグルトがうまかった。Smørrebrødの方はどれも最高。えびはまったく生臭くなく、スモークサーモンと林檎はよく合い、ハムと玉子とマスタードのコンビネーションもうまかった。昼ごはん食べることにして大正解!次は他のも挑戦。ハンバーガーとか。

食後はさらに街中散歩。初めてMagasin du Nordへ。Illumを松屋とするなら、こちらはparcoや丸いか?やや庶民的だけど、Malmöにはないデパート・・・。ここでも大セール中だったので、買い物。Camperの靴を3割引で買うことができました。とはいえ、日本のように丁寧に並んでいるわけではなく、靴片方づつ、さらに箱もバラバラにいろんなところに散らばっているので、自分でなんとか探し当てる必要があった。ハイカットと悩んだが、ローカットを購入。奥さんもブーツや辞書などを購入。

さらに、いままで行きたかったデンマークのスーパー、Irmaにも。スーパーでワインやビールが売っているのはいいなぁ。そして、少し足をのばし、Nørrebroの方へ。こっちまで来たのははじめて。住宅街の方だけど、面白い店がたくさん。橋のふもとでは、なにやら、テーブルの上に大量のビールを並べてカラオケ大会中。年末の盛り上がりといったところ。デリのemmerysも発見。ここで、シナモンロールを買って小腹を満たした。やはり、シナモンロール、橋を渡っただけなのに、スウェーデンとはちがうなぁ。まさにデニッシュ。うまい。

あたりは真っ暗なのだが、まだ6時前。店は閉まり始めているものの、次に来たときのため、と思い、さらに散歩。寒くなり、歩きつかれたあたりで、軽く本日の晩御飯。朝から行こうと決めていたNørrebro Bryghusへ。ここは自家製のビールが飲める場所。年末だからか、何も予約せずとも無事に入れた。

DSC_2567

早速注文したのは、Theater Menuとよばれる、5:30-6:30限定の軽めのご飯。昼ご飯と先ほどのシナモンロールが効いたのか、それほどお腹がすいているわけではなく。それに、エールの試飲セット。250ml×3種類。マイスターが料理にあわせて選んでくれる。

メインとデザートを注文した俺には
・Nørrebro Bryghus
・Nørrebors Julebryg (アルコール 7.0%、クリスマススパイスの味)
・S:t Hans Dubbel

スターターとデザートの奥さんは
・Nørrebro Bryghus
・Ravnsborg Rød (British Red Ale でスパイシー、奥さんはこれが一番おいしかったらしい)
・S:t Hans Dubbel

まずは比較的軽めのやつから

そして、少し甘め&濃厚

料理もおいしく、満足。しかし、250ml×3 = 750mlというのは、俺にはなかなか多い量で、結局全部飲むのこはできず・・・。かなりの酔い加減で店をでるも、外の寒さであっという間に酔いが覚めた。ここはもう一度来たい。

帰りの電車で、貰ってきたコペンのパンフレットをみていると、12月にもなかなかいいライブがいっぱいあった様子。
・Mazzy Star
・Pretty Maids(デンマークのバンドだった!)
・Deconstruction + Kreator + Sodom
・Motorhead
・Cradle of Filth + Gorgoroth + Moonspell
・Danish Black Metal
あと、Mekong Delta!懐かしい。こういうのは定期的にチェックしないとな。

そんなわけで、食に大変満足した一日で、当初のセールでのショッピングと目標が変わってしまったが、それもよし。

クリスマス後のREA、つまりセールが、昨日から一部、そして今日から本格的に開始!そんなこともあり、早々に街へ。

まずは、セールとは関係なく、Östhusetへ行き、先日のolof viktor のジャムを購入。Julmarmeladということで、クリスマス限定ということもあり、ラスト1個。本当はお土産に買いたかったがしょうがない。

さて、街は基本、30-50%引きの大セール中。先日定価で買ったものがあっというまに半額に。皆、このチャンスに買いまくっている。街の中を歩いている人は本当にほとんど全員どこかのバッグを持っているし、皆幸せそうだ。街中に人があふれている様は25日の様子が嘘のよう。

ウチは、Naturkopanietなどで分厚いダウンやら、Jetboilやら、シャツやら。今回もお得な買い物。

そして、Systembolagetでは年末に備えてシャンパンとビールとまだ奇跡的に残っていたGlögg。あと、Malmö市内のFive O'clock Te-Handelへはじめて行ってみたところ、日本語のなかなかウマい店員さんに、お勧めの紅茶を教えて貰うことができた。Dajeelingの2nd Flush (夏摘み)。このページによると、夏摘みの方が高価なのだそうだ。教えて頂いた通り、とてもスムーズで、紅茶というよりは日本茶に近い感覚でとてもおいしかった。GlöggteというGlöggの紅茶と言う面白いものもあったので、それもあわせて。

Malmöの紅茶屋にて

昼ごはんは先日に続き、Mando Steakhouseへ。PlankStekの皿の数は相変わらず増加中。ちなみに、今回パンフレットをここで貰い、初めて知ったのだけど、店の椅子やテーブルはArne Jacobsenがデザインし、 インテリアの銅のデコレーションはYngve Ellandがデザインしたものだそうだ。

さらに、いままで行きたかったHempの服を扱った服屋で。ここは先日のGoodJulマーケットにも出展していたのだけど、なかなか面白くていい服が多い。中心として扱っているのはHemp Hoodlambのもの。なかなか暖かそうでよかったが、今回は見送り。

あと、歩いていたら、賢い自転車スタンドを発見。傘つき。いいな、これ。

自転車駐車用の柱

そして、18:00から、昼間から気になっていたStortorgへ。ここになにやらステージと観客席が組みあがっていた。

会場、全体

調べてみたところ、これは、Wintermezzoというアイススケートショーらしい。無料なので、せっかく、ということで、観て行くことに。開演時間が迫るにつれ、人もかなり集まりだした。

ショーの内容は一言でいうと、「氷の精 vs 火の精」。対立をするも、半分氷、半分火の子供が救世主(?)となり、最後は両方が仲良くなるというもの。アイスショーは初めてみたけど、なかなか面白かった。スピンとかすごい迫力がありびっくり。正直、無料でもないとあまり見に行こうとは思わないのだが、この様なチャンスがあるのはいいことだと思う。

氷の精

氷の王子?

半分"氷"、半分"火"

氷 vs 火

フィナーレ

今日はクリスマス。というわけで、かすかな期待を抱きつつ、午後に街に出て見たが、やはり予想通り、どこも閉まっていた。そりゃ、そうだよね。さらに、かすかな期待を抱きつつ、IKEAにも行ってみたけど、休み。IKEAの駐車場に車が一台もとまっていないという光景はある意味圧巻。こんな時期に街中を歩いている人は、観光客ぐらいしかいないかも。

なので、少しドライブを楽しみ、早めに家に戻り、家中のキャンドルすべてを灯し、静かにクリスマス。

下記は、Design House Stokholmのキャンドルホルダーと、最後の1日になったアドベントのキャンドル。4本のも本当は1本づつ使って、斜めになるようにしないといけないのだけど、なんせ今日が初使用なのでしょうがない。

DSC_2351

夜には、モンハンを奥さんとやり、また少し進みました。

予定では、大学時代の友人のクリスマスパーティーへビデオチャットで参加する予定であったが、タイミングを逃し失敗。

で、午後から急に暇になったので、Lundへ。

ふらり。

Lund の町もとてもいい感じでクリスマスの飾りつけがされていた。

Lundの町

昼ごはんにはピザを。

DSC_2152

近くのショコラティエ(CopenhagenやMalmöにもある)では、Summerbird Sushiという不思議な、チョコと箸と茶器のセットが。

Summerbird Sushi

そのまま歩いていくと、Lundの大聖堂の入り口で人だかりが。どうやら今日は、大聖堂でのクリスマスコンサートの様子。チケットを持っていなかったので、中で買えるか聞いたところ、列にならべ、とのこと。

大聖堂

で、頑張って並ぶも、売り切れ、Slut。しょうがなく、中の写真だけ撮ってあきらめた。

大聖堂でコンサート

大聖堂の前には編み物グラフィティが。"Sticking Revolution!"

編み物グラフィティ

旅行の疲れを癒すべく、昼ぐらいまで寝ていたのだけど、午後から行動開始!

今日は、会社の方に教えていただいたSkanörのレストランにJulbord(スウェーデンのクリスマス料理)を食べに。

DSC_2124

DSC_2129

本来ならば、コース食べたいところだが、せっかくこちらにいるのであれば、一度ぐらいはスウェーデンのTraditionalな料理を思い。

基本は、ビュッフェスタイル。内容を書くと:

---------
Sillbordet - massa olika sorter, både klassiska och innovativa.

Fiskbordet - gravad, kallrökt, varmrökt, lax, m.m...

Kallskuret - rådjurspate, lammstek, spickekorv, presslyta, rullsylta, leverpastej...

Småvarmt - köttbullar, grön-, röd-, och brunkål, Janssons, prinskorv...

Lutfisk med tillbehör serveras

Ostbrickan

Dessertbord - med allt från pepparkakor till ischoklad och knäck

Risgrynsgröt med saftsås serveras
---------

十数種類のニシン(酢漬け、マスタード漬け、その他様々なハーブ漬け)から始まり、魚(サーモン(生、燻製)、うなぎなど)、冷たい肉(ハムなど)、暖かい肉(ヤンソン氏の誘惑、ミートボールなど)、そして、チーズ、デザートと言ったかんじ。あと、パンが、少しリコリス風味で、とてもおいしかった。

DSC_2139

DSC_2138

どことなく、種類の多さと保存重視な観点から、日本の御節料理を思い出した。結論からいうと、まあまあ。おいしいのだけど、野菜系がほとんどなく、さらに、似たような材料を味付けを変えてだしているだけなので、ちょっと飽きる。

でも、コレを食べることができたのは貴重な経験。また、最後のお菓子コーナーは子供が夢に見そうなすばらしいお菓子ワンダーランドみたいにディスプレイされていた。

写真は「続き」にて。

満腹。

町

最近のGlögg好きが高じてか、ついにGlöggを自家製でやってみることに。

スーパーで売っているGlöggに必要なスパイス詰め合わせ [Santa Maria の Glöggkryddor] (シナモン、チンピ、生姜、カルダモン、グローブ、レーズンなどなど)と自己流でブラックペッパー8粒を、ヴォドカに漬け込んでみた。その際に、Blossaの瓶を利用。

DSC_1698

DSC_1701

Glöggの作り方にはいろいろあるらしく、スパイスのパッケージに書かれていたのは、上記材料をワインに漬け込むと言う方式。それもいずれはやって見たいが、まずは、ネットに出ていた、ヴォドカにスパイスを漬け込み、それを最終的にワインに混ぜ、酒精強化ワインのようにして飲む方式。

市販されているコニャックやラムのは、このように他の酒類にスパイスをつけこみ、ワインと混ぜているのではないかと思う。(はやい話がチャンポン・・・。)

次はブランデーなどでも試そうかな、と。

本来は漬け込んでおくのは1日でいいみたいなのだけど、数日漬け込む予定。

これで、クリスマス以外でもいつでもGlöggが!

今日はスウェーデン人の同僚の家でのGlögg & Pepparkakor Partyに招かれ、夫婦そろってドキドキ&喜び勇んで出発。

着いてみるも、入り口に呼び出しのベルがなく、どうやって中に入ったらいいかもわからず、少し戸惑う。すると、中から同僚が出てきてくれ、無事に会うことができた。Malmöの街中にあるアパートは予想とは異なり、かなり広い!びっくりした。

子供部屋も奥様による手書きのペインティングが壁いっぱいに書かれていて、ワーク専用の部屋もあれば広いリビングもあり、とてもいい場所だった。そもそも同僚がほとんど自分の手でリノベーションしている途中らしく、とても楽しそうだった。

一通り案内してもらったところで他のゲストの方が到着。わきあいあいと話をしているうちに、いつの間にか lussekatter(ルシアパン)作りが男性陣の間ではじまり、勢いにのって俺も参加。なかなかうまく作れるようになるぐらいの数を作成。これも経験。そして、Pepparkakor生地が登場し、デンマークの方と話をしながら、これまたPepparkakor作成。ムーミン型やミーの型、天使の型など様々な型があり、いろいろと挑戦。しかも、あまった生地はそのまま食べる、と。

そんなことをしているうちに、次々とゲストは増え、いろいろな方々と知り合いに。Glöggもたくさん飲み、とても楽しい時間。

あっという間の2時間が過ぎ、そろそろ帰宅の時間。いやー、楽しかったぁ。

Lucia祭

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日はLucia祭、つまり冬至のお祭りの日。昔スウェーデンでは、12月13日の夜が1年で一番長いとされていたらしく、夜が一番長い時期に光の女王としてのルシアを祭るためのイベントのよう。

各地でその年のルシアが選ばれ、頭にキャンドルを飾り、合唱隊を引き連れてまわるらしい。Malmöのルシアは17:30ごろからStortorgに来るとのことだったので、それを見に。

少し早めにでて、バス乗り場まで行くと、バス乗り場の前にクリスマスツリーのマーケットが開かれていた。

ウチの近くにもツリーマッケットが。

さて、ここからバスに乗るまでが長く、20分近く待った。本当はすぐに来るはずだったのだが、こちらでは良くありがちな感じで、突然、次のバスの到着時刻が未定になり・・・。待っているうちに凍えてしまい、バスの中がとても暖かく感じた。目的地に行く途中で何箇所かクリスマスツリーのマーケットを発見。

さて、まずはじめの目的地は、Chokladfabrikenのカフェに行くこと。先日奥さんが行って、よかったらしいので。しかも今日は寒いし。なので、急いで歩いて店内へ。すると客もまばらで、すぐに注文完了。ミルクを暖め、溶かしたチョコをそそぐ。これがなんとも言えず飽きのこないあっさりとした味であっという間に飲み終わってしまった。うまい。もう一度年末に来よう。

チョコレート工場のホットチョコレート

カフェ店内

そして、Hansaへいくと、いままで見たことのないぐらい長いSystembolaget行列ができていた。そうか、Lucia祭だもんなぁ。そりゃ、みんな酒のむよなぁ、と思い、またもやGlöggを購入。さらに、来週のKiruna旅行に備えてNaturkompanietへ。

そして、少し街で時間をつぶしStortargへ。凍えそうになりながら、Luciaの到着を待つこと30分、馬車にのってLuciaと合唱隊が到着。そして、バルコニーへあがり、合唱が始まった。

DSC_1675

DSC_1677

DSC_1680

DSC_1689

なんとも綺麗な歌声で心が洗われるなぁ。
Luciaはとてもくっきりとした顔立ちのAlexandraさんでした。

その後、お友達のご夫妻と一緒にMongolianBarbeque(蒙古焼肉)のお店に。スウェーデンらしく、自分でサラダバーのようなところから好きなだけ皿に肉(牛、豚、羊、鳥)と野菜(パイナップルも?)をとり、12種類ぐらいあるタレ(BBQ、生姜、ニンニク、ペッパー、醤油、などなど)を好きなだけかけ、皿ごとキッチンに渡す。すると、目の前でそれを鉄板で焼いてくれて、皿に入れて渡してくれると言う斬新な仕組み。

なかなか懐かしい(?)味でおいしく、ついついおかわり。タレの混ぜ加減も2回目で上達。とても面白く、なおかつおいしい夕食をともにすごさせていただきました!

2014年1月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2008年12月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日記: 2008年11月です。

次のアーカイブは日記: 2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。