日記: 2009年5月アーカイブ

Skånemässan & Bjärred

|

昨年の10月に続き、今年もSkåneの名産物が集まるイベント、Skånemässanへ。

今回は、ICA Maxiから定期的に送られてくるクーポンのひとつに、このイベントの割引券があったので、それを使用して50%引きぐらいで入場。

# ICA Maxiのクーポン、明らかに購入履歴をベースにしたRecommend機能で、
# 的確に、いつも購入しているものや購入しているものの別シリーズなどの
# クーポンを送ってくる。侮れない・・・。

さて、今回は正直なところ、前回よりは小規模な感じを受けた。また、出展している店も前回とかぶっているところが多かった。

一人用

その中でも、よかったのは、まずは、Malmöstad。つまり、Malmö市のブース。こういうイベントでは常にそうだけど、相変わらず最新のガイドマップや、今後の都市計画のパンフレット、サイクルマップなど、充実したものを無料で配布している。なかでも、今回はプレゼント付きのクイズがあり、Malmö市に関するクイズにチャレンジしてみた。結果、何問か不正解だったのだけど、奥さんの頑張りもあり、一緒にレビューして正解を記述していったら、おまけをしてくれて、Malmö市を上空から撮影した本、「Malmö Airborne」をくれた。ラッキー。これがまた、Malmöの主要スポットの様々な季節の上空からの写真が掲載されていて、なかなかよい。

さらに、Maalahden Limppu & Malax Limpanという1906年創業のMalax Loafというパンを作っている会社。ここのパンを試食してみたところ、味が濃くておいしく、先日Skanörのレストランで食べたパンを思い出し、買ってみた。

あとは、Gotland島のチーズ、Stafva Gård。素朴な味のチーズと、プレゼント用の陶器の容器がよかった。やはり、Gotlandは一度行かないとなぁ。

DSC_5613

このSkånemässan、今年で90周年ということで、会場のすみには歴代のポスターが。昔のものでも、なかなかいいデザインのものも多数。

1971年、1966年。
SkåneMässanポスター

1963年、1962年。
SkåneMässanポスター

第一回目の1919年。
SkåneMässanポスター

そして、MediaMarktに昨日買ったレンズの値段を確認しに。やはりチェックしてみるもので、なんと1200SEKも多くとられていた・・・・。あぶない。

新しいレンズを無事に開封し、写真をとるべく、思いつきでBjärredへ。

途中、露店で苺を購入。こういうところで買う方が安くて甘いんだよなぁ。

到着すると、そこはもう夏だった!

ビーチ

DSC_5636

桟橋

夏だぁー!

桟橋

なんというか、皆、泳ぎまくり。しかも、水が綺麗なので、南国かと一瞬おもってしまう。

長い桟橋の端にあるカフェまで歩き、そこでアイス。そしてしばらく、ボーっと時間をすごした。

アイス後

次回は泳ぎに来たい。

少年と白鳥

MalmöとCopenhagenの間の海峡には、Malmö側とCopenhagen側、両方に風力発電用の風車が列になって設置されているところがあり、夫婦ともに、これをÖresund橋から見るのが楽しみだった。

で、先日奥さんがローカルの新聞にて、ふとした記事を発見。「Vill du följa med på en båttur till Lillgrund vindkraftpark?(Would you like to go on a boat trip to Lillgrund windmill park? )」。何?例の風車畑をボートで見学できるだと?それは行くしかない!という意見の一致で、行くことが決定。どうやら、Lillgrund風車畑の1周年建設記念のイベントが催されるということらしい。このあたりのマニアックな記事をちゃんとスルーしないあたり、うちの奥さんナイス。

DSC_5587

さて、やや朝寝坊をしつつも、Klagshamnへ向けて出発。Öresund橋の逆側に来たのははじめてだったのだけど、とてものんびりとしていて、いいな。また大きな道も近くにないので静か。そして、Lillgrunddagen の会場に到着。

こちら側のビーチは木陰があってとても気持ち良さそう。今度海水浴にきてもいいかものな。混んでなさそうだし。

ビーチ

海水浴場

会場では簡単に風車畑の説明と、あとは店が何件か。やや小規模。
風車輪投げや子供用のシャベルカー操縦体験など、不思議なものも。

子供用。操縦体験。

Vattenfall社と言う電力会社の持ち物である、このLillgrund風車畑、2008年6月3日に完成し、世界で3番目に大きな風車畑ということらしい。年間で0.33 TWhの電力を発電し、これは6万世帯に相当するとか。

ところが、乗り場の手前で係員の人に声をかけられ、すでに今日の便は予約で満員とのこと・・・。若干ショックながらも港近辺を散歩。

しかし・・・。やはり乗りたいので、係員の人に再度、キャンセル待ちは無いのか?と交渉。船のキャプテンに聞いてくれとのことで、再度乗り場に行くと、何人かすでにキャンセル待ちの人が。チケットを持っている人が全員乗り終わり、「後9人かな?」といわれ数えると、10番目・・。9人乗ったところで、「ストップ」と言われるも、悲しそうな顔をしていると、「あと二人追加!」との声が!と言うわけで、なんとかギリギリ船にのることができた。

そして、船はいざ遠くにみえるLillgrund vindkraftparkに向けて出発!

DSC_5511

序々に近づくにつれ、その全貌が明らかに・・・・・。

DSC_5520

DSC_5521

なるほど、遠くから風車守の小屋の様に見えていたものは、かなりの大きさのある建造物だったことがわかった。さらに、実はこのコントロールセンターのようなものが一番陸地に近い場所に建っている。


DSC_5525

そのうちに、一番先頭に建っている風車に近づき、風車畑の中を走行。

DSC_5528

DSC_5541

DSC_5536

DSC_5538

DSC_5545

DSC_5546

1番目と2番目の風車の真ん中あたりでUターンをして、港をめざして戻り始める。

DSC_5559

DSC_5573

DSC_5571

DSC_5561

なんというか、高さ115m、羽の直径93mのデカイ風車の群れという、とても規模の大きなものの中を通過するときの光景はまさに圧巻。しかし、それ以上に、(あたりまえだけど)これら48基の風力発電用の風車を動かしているのは、すべて自然の力というのには圧倒される。

これらすべての風車は、Siemens製 SWT-2.3-93型で、記念にカタログももらってきた。ついでに、新型のSWT-2.3-101型のも。

どうやらこのツアー、夏の間は奇数週の水曜日にも運行されているらしいので、もう一度ぐらい行ってみようかな。

またもやロンドン出張。

4:30起きでロンドン行きの飛行&現地での仕事は23:00まで。
ホテルに戻り、今日も5:30起きで飛行場へ。

なかなかしびれるなぁ。

散歩で、海沿いの公園を歩いていたころ、HorseShowが開催されていたので、少しよってみた。

馬、通過

競技とかの時間には間に合わなかったのだけど、其処此処に障害物が設置されており、おもしろそう。メインのステージいくと、そこでは、ラクロスっぽい球技が。

競技

さらにすすむと、マーケットがあり、馬具屋も出展中。なかなか面白い。

馬具屋

一通り会場を見てから、また公園に戻り散歩。
公園も一面に小さな花が咲いている。その中を先ほどのHorseShowの馬車が通過。

一面の花の中、馬車通過

どこも花が咲き乱れ、美しい季節になったなぁと実感。しかし、この季節も長くは続かないのだよなー。

DSC_5447

DSC_5448

DSC_5450

鳥も親子連れでいることが多いこの季節。

親子

ニンゲンの方が邪魔モノ扱いされることもある。

接近

今日も綺麗な夕焼け。局所的な夕日がいい。

DSC_5465

朝靄

| | コメント(0) | トラックバック(0)

例のごとく、今日もロンドン日帰り出張。

朝一の便なので、5:30ごろに家を出る。
この季節、この時間にはすでに陽が上っていて、明るい。

ふと外をみると、朝靄と朝日を浴びた建物がとても綺麗だった。

DSC_5139

ここの限らず、駅まで行く途中はどこも靄がかかっていて、不思議な光景だった。

本日も両親をつれて、ドライブ。

まずは、近くのライラックが満開の公園へ。

DSC_5103

公園の中には入ったことがなく、ここまでとは知らず。綺麗だった。

そして、近くの魚屋で昼ごはん。ニシンがうまい。父親はえらく鮭が気に入った様子。

DSC_5111

さらに、オーレスン橋の方へ。晴れていて、空気も澄んでいるためか、風車も綺麗に見えた。

そして、両親を家でおろし、一瞬、奥さんの友達のパーティーへ。最近、なんどか会っている、イギリスからの人。こちらでバリなどのアジアのインテリアを扱う店を開くということで、その開店祝いパーティー。店舗でではなく、今日は、自宅で。なかなか素敵な家だった。ポーランドからの人やハンガリーからの人、そしてもちろんスウェーデン人など様々な人種が集まり、とても興味深かった。もともとはインテリアデザイナーであった彼の、以前の仕事をいろいろと見せてもらったり、バリの話をきいたり。

DSC_5115

DSC_5118

さて、また両親を車に乗せ、Skanörへ。

DSC_5128

DSC_5134

DSC_5138

肉目当てでいったものの、コースで、ちょうどいい品数のものがOceanという海の幸のしかなかったので、それを注文。おいしいのだけど、独特な味だったなぁ。

天気もいいので、久々に街に行くことに。

新しい(不思議な雰囲気の)雑貨屋ができていた。

新しい雑貨屋

しばらく街中を散歩してから、カフェで食事。思いのほか大きいステーキサンドウィッチだったけど、おいしかった。

ステーキサンド

そして、本日の目的地のひとつ、Fairtradeのマーケットへ。これは奥さんが拾ってきた情報。ちょっと小さめのマーケットだったけど、お気に入りのヘンプの服屋などがでていた。

Fairtrade Festival

Fairtrade Festival

ここからまた少し散歩。新しいレコード屋などを発見しつつ。

そして、FolketsParkの近くに来たので、久々によってみることに。いつもの不思議なオブジェは健在。

不思議なオブジェ

さらに先にすすむと、なにやらマーケットが。

Folkets Park

そして、とても心地よいリズムが!

アフリカっぽい格好(いや、妖精とかいるから違うか・・・)をした一団による、トライバルな音楽と踊りのパフォーマンス!

DSC_5048

妖しい、妖しすぎる!でも、心地よい!

DSC_5049

DSC_5055

DSC_5058

そして、真ん中で歌っているのは、いつも中央通り沿いにいるストリートミュージシャンの人!この人、やはり有名人に違いないと思いはじめてきた。

DSC_5068

というか、ストリートミュージシャン大集合バンドだったのかな。いずれにしろ、太鼓の音がとても気持ちよく、楽しかった。


自分でリズムを奏でる。自分の奏でるリズムにメンバーがのってくる。メンバーと自分が奏でたリズムの上に更に自分がのる。循環と増幅。
そのうちに、見ている人達も自然とリズムに身をまかせはじめる。見ている人達のリズムにさらに自分がのる。
そのうちに、そこにあるのは、ただ、ただ、音の塊とリズム、人の塊に。

そんな瞬間を久々に体験すると、またリズムを奏でる側にまわり、すべての創造の元である打楽器を演奏したいなぁとたまに思う。

「アーレー、アッ、レィ。アーレー、アッ、ララ。」

この団体、結成して何年もたっているらしく、今度もMollevångsfestivalでライブをするらしい。見に行くか。

そして公園を一周。ポニーに乗っている少年と目があったり。

少年と目があった。

Mollevångにて、昼下がりのビール。Leffeな感じで。

1

2014年1月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2009年5月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日記: 2009年4月です。

次のアーカイブは日記: 2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。