日記: 2010年2月アーカイブ

せっかくの週末。
なので、ふとカリフォルニアといえば、と言われるくらい有名なワインカントリーに行ってみることに。
アイラでの酔いどれウィスキー旅に続く、酒がテーマの旅第二弾。

今回の目的地は、Sonoma Valley のRussian River 方面。理由はすごく単純で:

1) 周りの人にいろいろと聞いてみたところ、
Napaはワイナリー巡りにはすごくいいのだけど、
景色はSonomaの方がいいらしい。

2) 先日、Trezoで飲んだBallettoのワインが
すごくおいしくて、BallettoはどうやらRussian River
近辺らしい。

以上。

それだけの情報から、適当にコストパフォーマンスのいい宿を選び、いざ出発。

Golden Gate Bridge をわたると、一気に緑があふれるカントリーサイドな道に。出発時にはやや曇りだった天気も、徐々に晴れ、最初の目的地であるSonomaの街に着くころには快晴。

ここに来るまでに何台か、ながーいリムジンに遭遇したけど、やはりみんなリムジンでくつろぎ、酔いどれながらワイナリー巡りをするのが普通なのか?

Sonomaの街ではまずはVisitor's Bureauへ。

Visitor's Bureau近辺

ここでSonoma Valley のワイナリーマップとお勧めのワイナリー情報を教えてもらった。そして、腹ごしらえは、公園に面したチーズ屋、Sonoma Cheese Factory にて。ここでサンドウィッチを購入。

お腹がいっぱいになったところで、まずはすぐ近くの大きなワイナリー、Sebastianiへ。すこし早目に着き、周りを見学。こちらでは既に桜が7分咲き。本当にいい天気だ。

桜満開のSebastianiワイナリー

ここでは、ラッキーなことに、ワイナリーツアー参加者は我々だけだったので、いろいろと質問できたし、いろいろと教えてもらうことができた。正直、白ワインは実は白ワイン用のブドウのジュースだけを発酵させること、赤ワインは皮が重要で、種まで含めてすべて発酵させることを初めて知った・・・。

このSebastiani Wineyards & Winery、もともとはイタリアのトスカーナ地方出身の人が始めたところで、その後、禁酒法時代は周りのワイナリーが営業中止にされていく中、教会へワインを供給することで製造を続けていたのだとか。また、昔から続く、樽や機のドアへの木彫りも見ていて面白い。もともとはMission Bliackという種類がほとんどだったのだけど、現在ではその葡萄の木は数本残る程度らしい。

DSC_1898

DSC_1892

昔使われていた巨大な発酵樽を見学。

世界最大のワイン樽

そして、次に、現在の発酵層を見学。

発酵タンク


若干短いツアーだったので、拍子抜けしたけど、まず基礎知識を得るのには充分かな、と。そしてお待ちかねのテイスティング。

今回は、2007 Chardonnay - Sonoma County を。

2007 Chardonnay - Sonoma County

これがいきなり旅の出だしからおいしかった!いやー、ほんとすばらしいね。

ワイナリーの前のブドウ畑も綺麗。

Sebastianiの葡萄畑

更にもっとおいしいものを味わうべく、Sonomaから12号線を北上。次に行ったのは、Deerfield Ranch Wineryという、ワイン樽貯蔵用のCaveの中でテイスティングができるというところ。ここは観光案内所で教えてもらった。しかしながら、大人気の場所で、満席。みなゆったりと飲んでいてなかなか空きそうにもなかったので、次の場所へ。

樽用洞窟の奥でテイスティング

すこし南へ戻り、Benziger Family Wineryへ。ここのツアーが素晴らしかった!

まずは、葡萄畑の中へトラクターに乗って出発。畑の解説。ここは、敷地がすごく起伏に富んでいるため、同じ葡萄の種でも、朝に日に当たる斜面と昼以降に日に当たる場所では味が異なるとのこと。

葡萄畑

また、Bioワインへのこだわりがすごく、害虫は薬品では駆除せず、害虫を食べる益虫を呼び寄せる木を植えたり、葡萄を食べる鳥などの動物対策にフクロウの巣を設けたり、羊による雑草の駆除など、とことんこだわっている。

益鳥用の巣箱

また、Sebastianiでも目にした、葡萄畑の花々。これは、土の状態を整えるために敢えて植えているのだとか。

葡萄畑

最後のテイスティングでは、その結果できた2008 Sauvignon Blancを飲んでみたけど、実に酸味にあふれ、おいしかった。暑い日に飲みたくなるあっさりとした一杯。

ツアーを楽しんだあとは、いざ今日の宿へ。

ひたすら森の中を走り、着いたのはWest Sonoma Inn & Spaというコテージに近い形で宿泊できるホテル。部屋もアップグレードしてもらい、裏のブドウ畑が見える場所に。

夕食は、ホテルで教えてもらったすぐ近くのレストランに行こうとしたところ、結婚式で貸し切りに。しょうがなく、safewayにてチキンとチーズ、そしてワインを買い、部屋で気持ち良く晩御飯。

再会

| | コメント(2) | トラックバック(0)

@drikinのおかげで、実に久しぶりに@miyagawaとKoh Samui & The Monkeyで昼ごはん。
9年ぶりぐらいか?一緒にバンドを組んでいた頃が懐かしいな。

ブランチを食べに、話題の場所(?)らしいMama'sに行ってみることに。

Washington Squareに面した場所にあるこのレストランに到着すると、なんと驚くほどの長蛇の列!アメリカで食事をするのにこんなに並ぶことがあるなんて!30人ぐらいはいるのではないだろうか。しかも小雨の中なのに。それでもせっかくなので、並ぶことに。

Mama's

2時間近く並び、やっと店内へ。

今回ここで頼んだのは、オムレツ、パンケーキ、そしてフレンチトースト。

Mama's

Mama's

フレンチトーストが若干重かったのだけど、美味しかったので、ばっちり完食。エッグ・ベネディクトにも惹かれたけど、そこまでは食べられないので。

そして、その後は、懐かしの場所、FosterCityへ。ほぼ6年ぶり!

あいにくの天気だったけど、懐かしのSafewayと、その前の公園は健在。

Safeway

思い出の場所

思い出の場所

思い出の場所

このあたりは変わらないなぁ。
既に桜が咲き始めているあたり、さすが西海岸!

DSC_1864

そして、この近辺のMallへ。StaplesやらTargetやらToysRusやら。いやー、懐かしい。あの時もこの近辺で長期滞在したものだ。

そして、なんと!映画化された影響か、80年代G.I.Joeの復刻版を発見!しかも当時のものと、現代風にアレンジした映画版のセット!

G.I.JOE

フィギュアも一通りでていたけど、やはりStorm ShadowSnake Eyes は売り切れていた。残念。

夕食はRedwood近辺のPhoを食べようとしたけど、2軒行ってみたけどともに日曜はClosed。仕方なくSFに戻り、ベトナム料理のレストランを探し、「Cordon Bleu」(bay areaさんのページ)というところへ。ここはおいしかったー。穴場。

Cordon Bleu

初めての週末。

せっかくなので、市内のFerryBuildingで行われるというマーケットへ。

DSC_1816

Ferry Buildingの中も外も大賑わい。

DSC_1819

ファーマーズマーケットらしく、新鮮な果物や魚介類がいっぱい。味見した茶色の梨があまりにもおいしかったので、平日に食べるために2個ほど購入。さらに、Salmon Candyという、鮭を蜂蜜を使って燻製にしたものも。

昼ごはん時だったので、ついでに食事&コーヒー。

食事はポークのグリルのサンド。

DSC_1831

コーヒーは最近SFで人気らしい、Bluebottle Coffee Co.

Blue Bottle Coffee Co.

ついでに、Hog Oysterの屋台で、Sweet Waterの牡蠣を1つ。うまい。

Hog Oyster

一通り食事後は、洗濯をするべくホテルへ。

DSC_1834

ここに住み始めて1週間近くになり、ここの暮らしにも慣れてきた。
それにしても、何度のっても趣のあるエレベーターだ。

Steinhart Hotel

Steinhart Hotel

Steinhart Hotel

夜には、同僚の家での食事会に招待して頂き、懐かしの面々と美味しく楽しい時間をすごすことができた。

ピザ系が続いていたので、たまにはということで、ワインで有名なレストラン、「1550 Hyde Cafe & Bar」で食事。

美味しいワインと食事で少し幸せに。

朝食はホテル近くのカフェ、Cup-A-Joeにて。

CUP-A-JOE Coffee House

無口な店主だけど、とても落ち着く店内。そして何よりも、コーヒーが安くてうまい。

photo

いろいろとあり、今日からSan Franciscoに30日間の長期滞在。

一日目の今日の晩御飯は、ホテル隣のピザ屋にて、プレーンのスライス1枚とペパロニ1枚。日本にはプレーンのチーズとトマトだけのピザがなかなか無いので、USにくると必ず食べる1食がこれ。

満足。

明日は親知らずの治療。
ということで、ひと足早いバレンタインでした。

今年は豪華一点(二点?)主義!だそうです。

まずは、ベルギーのPIERRE MARCOLINI。 Thé Fondant とThé Lait、そして、Cœur Framboise のセット。

Valentines Day

チョコレートとEarl Greyが素晴らしく調和している前者2つと、上品なラズベリーのCœur Framboise。こりゃうまい。こりゃ高いはずだよ。

そして、二品目は、自由が丘にある辻口さんの店、Mont St. Clairのチョコ。

Valentines Day

こちらはシャンパンショコラ。絶品でした。

これで心おきなく、明日は治療だ!

相手先近くで朝食。

その後、オフィスへ。しかし、また所用にて相手先のところへ。

そしてふと気付くと飛行機に乗る時間だったので、Heathrowへ。

今回はなんと窓側3席をキープ!

着陸間際の日本がなかなか綺麗だった。

朝起きると、雪は止んでおり、どうにか飛行機が飛び立ちそうな雰囲気。

ホテルからテレコンなどをしつつ、昼過ぎの便に間に合うように出発。

空港はいい天気。

ロンドンへのフライトも特に遅延は無く、順調。

ホテルへは散々迷子になりながらも到着。
今回はいいところだった。

節分に合わせて持ってきた豆にて、一人「鬼は外、福は内」。

2014年1月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2010年2月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日記: 2010年1月です。

次のアーカイブは日記: 2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。