日記: 2010年10月アーカイブ

今日の晩御飯は今シーズン初の鍋。水炊き。

そうくれば、自然と日本酒を飲むしかなく、少し前に買っておいた寺田本家の「自然まんま」をあけることに。

寺田本家 自然のまんま

これは本当においしい。
「自然のまんま」は寺田本家の代表作、純米酒五人娘の無ろ過生原酒で、ろ過や割水などの手を加えずにそのままを瓶詰めしたお酒。故に不思議な酸っぱさもあるが、それがうまい。

来年の3月の "お蔵フェスタ"は絶対にいかないとなぁ。

奥さんの用事にて、吉祥寺で少し時間を過ごした後に、歩いて西荻窪へ移動。

噂のステーキ屋、「キッチン キャロット」へ。昨日何か番組で放送されたためか、行列。1時間ほど待ち、店内へ。

今回は看板メニューらしき"ステーキの盛り合わせ"を注文。これがまたすさまじいボリュームで、お腹いっぱい。しかもおいしい。コストパフォーマンスは最高。

是非また来たいが、並ぶのは大変・・・。

とらやがパリに店舗を出店して30年。それを記念して、とらやパリ祭ということで、パリ店限定の商品や新しい商品を期間限定で食べられるということで、今日はとらやに行ってみることに。

あまり何も考えずに、赤坂のとらや本店にいってみたところ、ここでパリ祭の商品は一部扱っているものの、ここの喫茶では食べることができないものもあり、Toraya Cafeに行く必要があるとのこと。

なので、バスにのり六本木ヒルズへ行き、ケヤキ通りのTorayaCafeへ。おやつの時間を過ぎていたためか、特に並ばずにすんなり。

ここで頼んだのは、和栗の葛プリン と

Toraya Cafe 和栗の葛プリン

デザートが数種類のったプレート。

Toraya Cafe

どちらもおいしく、いいひとときを過ごした。

ついでに少しヒルズで買い物。念願の皺になりにくい生地のジャケットを発見し、こちらゲット。

晩御飯は辛いものが食べたくなったので、本郷三丁目まで行き、栄児の坦々麺を、と思ったところ、店の前で日曜が休みなことを発見。しかし、辛いものを求める舌はこれぐらいではおさまらず、もう一店舗の池袋店へ。

散々迷い、今回は麻婆豆腐を注文。

栄児

こちらも痺れる辛さでおいしかったけど、やっぱりここは坦々麺(汁無し)の方がおいしいかも。

US

| | コメント(0) | トラックバック(0)

短期でUSへ出張。

行きのNEXの中では栗ご飯のおにぎり。元気が出る。

USでは毎朝ベーグルで満足の朝ご飯で一日のやる気をだし、ひたすら仕事。

突き抜けるような西海岸の晴天は本当に素晴らしかった。

そして、家に戻ってくると、なんと奥さんお手製の栗の渋皮煮が出迎えてくれた!

自家製 栗の渋皮煮

これ、うっまーいいいい。

今日は同僚の方にお誘い頂き、栗拾いへ。

とはいえ、ただの栗ではなく、利平栗。

"利平栗(りへいぐり)とは栗の品種の一つ。通常の和栗より甘みが強く、大粒が特徴。鬼皮が厚い為、剥きにくいのが難点。"

簡単にいうとおいしい栗。しかもこの利平栗の栗拾いができるところが所沢にあるということで、いざ。たどり着いた場所は北田園というところで、栗拾いは少し離れたところにあるらしい。

車を脇にとめ、栗園らしきところにいくとおじちゃんがいて、栗拾いの旨を伝えると、どうぞとのこと。利平栗なのに、1kg800円ぐらい。いい栗、ダメな栗のポイントをを教わり中に入ると、さっそくいい栗発見!

DSC_5005

しかもこんな感じで栗が山ほど落ちている。

DSC_4997

なお、栗のまわりのイガイガは痛いので、靴で押さえて中を取り出す。

DSC_5012

30分もしないうちに、大粒の栗がいっぱい拾えた!

DSC_5008

大満足の栗拾いの後は、近くにあるJohnson Townへ。こちらは、昔は入間基地の米兵がまとまって住んでいた地域だったのだけど、現在ではその平屋や雰囲気を好む人たちが住んでいる一角。しかし雰囲気はまるでアメリカ。

Johnson Town

Johnson Town

ハロウィーンの飾りつけもいろいろな家で綺麗にされていた。

DSC_5033

ここでは軽く昼ごはんを食べ、雑貨屋をいろいろと見学。最後に米粉パンのお店、「Koigakubo」へ寄りロールケーキを買ったのだけど、これがおいしかった。

その後、これまた近くにあるCostcoへ行き、ここでも買い物。しかし、ここのCostcoはレジの列やパンの行列がすさまじいことになっており、最低限のもののみを購入して、メインは隣接する三井アウトレットパークにすることに。

ここは実は店舗は充実していることを発見。fjallraven、Columbia、mont-bell、A&Fといったアウトドア系が勢ぞろい。あまりの充実っぷりに、晩御飯もここで食べていくことにして、フードコートへ。

いろいろなところに行った一日。誘ってくれてU氏&ご家族に感謝。

今日は午後からBBQ。

その前に髪を切り、いったん家に戻りBBQに持って行く珈琲などの準備をし、潮風公園へ。

残念ながら雨なのだけど、タープを張ってしまえば大丈夫。久々のくらい中でのBBQは雰囲気があり楽しかった!

今回の目玉はもちろんサンマ。

BBQ@Shiokaze Park, Odaiba

そして我が家からはおにぎりを。

BBQ@Shiokaze Park, Odaiba

総勢20名近い大人数でのBBQは初めてだったけど、これはありだね。幹事の@mankingさん、ありがとー。

本日向かった先は、アーツ千代田3331で開催中の「PAC-MAN展」。末広町の駅から歩いてすぐの場所にあるアーツ千代田3331は、様々なクリエイターが自由に作品を展示できる集合ギャラリーみたいなものらしい。

PAC-MAN展

入口のところにはこんなオブジェ。

DSC_4974

PAC-MAN30周年記念イベントの一つであるこの展覧会、まずは会場に入ると2つのアーケード筐体が。ひとつはまさにパックマンの1号機、名称もPUCK-MANと今と綴りも違うもの、そしてもう一つはMidwayによる海外展開されたもの。この2つでテンションが上がる!

入口

元祖!PUCKMAN

そして、PAC-MANの歴史コーナーには、あのATARI2600のパッケージが!これ懐かしいなぁ。実家にあるよ。

PAC-MAN for ATARI

Namco Museumのソフトも終結。

ãã ã³ãã¥ã¼ã¸ã¢ã

さらに中央にはPAC-MANシリーズの様々なアーケード筐体が置いてある。Ms.Pac-Manはもちろん、Jr. Pac-Man、そして、ゲームとPinballが融合したMr.and Mrs. PAC-MAN Pinballもある!

DSC_4970

Baby PAC-MAN

実に懐かしい。このゲーム、USのローラースケート場で子供の頃に遊んだよ。

さら奥の展示コーナーにいくと、なんとNGのバックナンバーが!懐かしい。

namcoの情報誌、NG

さらに、実家にある、アルミの小物入れも。ここにはランチボックスはなかったぞw。

このケース持ってる

さらにTシャツいろいろ。

PAC-MAN T-Shirt

不思議なのは、日本のPAC-MANのイメージは鼻が長いのに対し、USの絵は上のアルミの入れ物のイメージで鼻がない。PUCKMANを見る限りは、鼻のあるイメージが最初なんだなぁ。

そして、極めつけは、顕微鏡で遊ぶ世界最小のパックマンと、プロジェクターで遊ぶ世界最大のパックマン。

拡大パックマン

また、シアターコーナーでは最新の3Dのアニメと、懐かしのABCのアニメとテーマ曲Pac-man Feverのレコードも展示。

これをみて、Q-bert、Donkey Kong、Mario、Froggerなどという80年代を代表するGameのキャラが集った土曜の朝のアニメ「Saturday Supercade」も思い出した。

大満足の展覧会。ついでに会場出てすぐのところで買ったすだちカルピスが最高においしかった。

ちなみに、Flyer全種類。かっこいい。

Flyer

そのまま歩いて秋葉原の方角へ。久々にこの辺りを歩く。相変わらずの濃さと面白さ。そして、今日こそは、ということで、初めてラジオ会館へ。実はここには海洋堂があるので。

海洋堂では、Revoltechがメインで展示。さすがにNo.100 までの100種類を一気に見れるのはすごい。最近のRevoltechはいろいろな種類があるものだなと感心。
それにしてもここは中野ブロードウェイ、もしくはそれ以上のマニアックさ。楽しめた。

毎年10月第1土曜日に、西新井大師では「北斎会」という催しがあり、葛飾北斎が描いた晩年最大級の肉筆画「弘法大師修法図」を見ることができるという。

なので、それにひかれ西新井大師へ。

実は押上より先に電車で行くのは初めて。西新井から大師線なる一駅だけの路線にのり、大師前駅へ。西新井大師は、日本の3大厄除け大師のひとつなので、おおみそか、元旦の頃はすごく混むらしい。

駅から西新井大師まではすぐで、さっそく本堂へ。

西新井大師

するとちょうど護摩祈祷が開始するところだった。

お護摩祈願

お護摩祈願

打楽器がとてもいいリズムを奏でる。

ちなみに、明日は「葛飾北斎 生誕250年記念コンサート」がここで行われるらしい。和太鼓、シタール、ディジュリドゥ、カリンバ、ダブラ、などの楽器が参加。タブラとホーメイの人は、AlayaVijanaのメンバーらしい。しまった一日ずらせばよかった残念。

そして、護摩祈祷の後に、葛飾北斎の絵の前にて再度祈祷。

DSC_4925

行事の後で、葛飾北斎の絵をすぐ近くで見ることができたのだけど、その迫力に圧倒された。

葛飾北斎の「弘法大師修法図」

正門のすぐそばの塩地蔵はいぼ取りに霊験あるそうだ。塩まみれ。

塩地蔵

正門から中をのぞく。

DSC_4936

こちらのすぐそばには何とも味のある煎餅屋さんがあった。

DSC_4937

そして、晩御飯は三軒茶屋にある焼肉の太樹苑へ。ここで、元同僚のTさんに遭遇。地元ではおいしい焼き肉屋として有名なのだそうだ。

まさに噂は本当で、今回注文した肉はどれもとろける様においしかった。

数量限定、みすじ。
みすじ

厚切りカルビ。
厚切カルビ

ここはヤキニクエストのR3。なのにこの満足度。ああ、R1に早く行きたい。

1

2014年1月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2010年10月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日記: 2010年9月です。

次のアーカイブは日記: 2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。