日記: 2011年2月アーカイブ

本日はいつもおいしいものを教えてくれるご夫婦と一緒に「東京やきとり亭」へ。ここの鍋は、我々がスウェーデンに赴任していたときから、是非一緒に食べようとご夫婦に言われていたもの。

焼き鳥数本の後で、ひきずり鍋を注文2月までの限定らしいので。コーチン一羽を贅沢に使った鍋。

東京やきとり亭 六義園店

おいしい酒と贅沢なコーチンの鍋。なんというか、幸せすぎる。
帰りはほろ酔いで、酔いを醒ます為&食べた分を消費する為、いつものごとく散歩。結局駒込から神保町まで散歩。歩き過ぎ。

さて、次回はもつ鍋かな。

----
東京やきとり亭 六義園店‎
〒113-0021 東京都文京区本駒込6-14-1
03-3947-9229
http://www.yakitoritei.com/
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/e177201/menu2.html


大きな地図で見る

出張から戻ると、なんと、バレンタイン第2弾が待っていた。

厚木の地ビール醸造所、サンクトガーレンのバレンタイン限定チョコビールのセット

Stout for Valentine

豪華な箱入り。

Stout for Valentine

・インペリアルチョコレートスタウト
・スウィートバニラスタウト
・オレンジチョコレートスタウト(だいだい)
の3本セット。

この「チョコビール」、別にチョコをビールに混ぜているわけではなく、チョコレート麦芽を使用している。通常のビール麦芽に対して、焙煎を寄り高温で行った黒ビール用のブラック麦芽。チョコレート麦芽はその中間の温度で焙煎したものをいうらしい。

まず今回飲んだのは、「スウィートバニラスタウト」。これはビアフェスの時にも飲んだのだけど、黒ビールのような濃厚さの中に香るバニラとかすかな甘みがたまらない。最強。

「インペリアルチョコレートスタウト」は熟成させるとおいしいという話をきいたので、こちらは寝かせてある。

Stout for Valentine

「スウィートバニラスタウト」はバレンタインラベル付き。

こういう不思議なものを見つけてくる奥さんには毎度脱帽。さすが。

[追記]
後日、「オレンジチョコレートスタウト(だいだい)」を飲んだけど、これもおいしい。基本は同じく濃厚な黒ビールなのだけど、橙のすがすがしさが合う。オレンジピールのチョココーティングの様?

奥さんに誘われて、少し早めのバレンタインで、日比谷パレスへ。

バレンタイン 2011

ここでは、Bar de Chocolatのチョコとシャンパンを愉しめるらしい。

バレンタイン 2011

ChocolatBarからおいしそうなチョコを選び、シャンパンと共に。

バレンタイン 2011

途中、団体さんに乱入されたものの、なかなか充実のバレンタイン。
帰りは例のごとく長めの散歩で。

ふと思うところあり、近くの「Cafe Obscura」へ。よさそうな椅子と、おいしそうな珈琲が以前から気になっていた。

店に入り珈琲を注文すると、一杯一杯、サイフォンで淹れてくれる。値段は少しするものの、とてもおいしい珈琲を頂くことができた。

Cafe Obscura

-----
Cafe Obscura
東京都世田谷区三軒茶屋 1-9-16
03-3795-6027 ‎
公式サイト:http://www.cafe-obscura.com/
プレイスページ


大きな地図で見る

1

2014年1月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2011年2月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日記: 2011年1月です。

次のアーカイブは日記: 2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。