日記: 2011年5月アーカイブ

出張から戻っての初週末。ミッドタウンで、東北の日本酒のイベント、「Kanpa+i」があるというこで、今日の行き先はそこに決定。

まずの腹ごしらえは、出張から戻ってくるといつも調子も取り戻すために行っている「つるとんたん」。今回は「釜揚げしらすと春野菜サラダのおうどん」と「桜海老のかき揚うどん」。

DSC_6223

DSC_6225

桜海老、サクサクな上に濃厚な海老の味。さらにそれに丁度よくあう汁は最高だった。

さて、そこからミッドタウンの地下にいくと、広場にて「Kanpa+i」プロジェクトのコーナーが。

DSC_6230

全国12ヶ所の蔵元が行われているプロジェクトで、ここの商品を購入すると、一部が義援金として扱われるということ。

DSC_6226

また、同時に、東日本の酒蔵のお酒も販売。

DSC_6229

DSC_6228

こちらの方が実質は役に立つのでは?と思い、宮泉銘醸の「純愛仕込 寫樂」を購入。

いつもの如く虎やをギャラリーをみてから外を散歩。

DSC_6231

向かった先は六本木ヒルズ。ここで、ちょっと服をみて、そのうちに疲れたので、「ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ」へ。ここは辻口博啓さんのショコラのお店。

DSC_6232

Chocolat mariage とルンゴで贅沢なおやつ。辻口さんのショコラはホントおいしいなぁ。

DSC_0546

晩御飯、2度目の栄寿し。今回はカウンターで。握りはもちろんおいしいのだけど、水ナスの刺身があまりにもおいしくて衝撃。水ナスをスライスしただけのものに塩をつけて食べる。これだけなのに、季節を感じるおいしさ。贅沢。

水ナス刺身@栄寿司

以前に道の駅でみつけて試していらい、家はこれなしでは暮らせないとさえ言えるかもしれない、最強の味醂、馬場本店の「最上白味醂」(我が家は年始の御屠蘇もこの味醂を使用。)。これがそろそろ少なくなってきたので、本当ならまた千葉までいきたかったのだけど、今回は通販で注文。で、ついでに頼んだのが、ここの一押しの日本酒「海舟さんじん」。なんでも、明治15年(1882)勝海舟が蔵に1ヵ月ほど滞在し掛け軸を残したことから、ここの蔵の最高の酒につけられた名前が「海舟さんじん」。

これも味醂と同様に楽しみな一本。

DSC_6208

この馬場本店、千葉の香取にあるのだけど、他にも"自然のまんま"が大好きな寺田本家など、多くの酒蔵があり、東日本大地震の影響も小さくはないとか。無事、蔵が続くことを願う。

何気にあまり行ったことのない二子玉。
でも、ライズという大きなモールができたということで、行って見ることに。

そして行って見て二子玉の便利さにびっくり。ライズと高島屋、この両方で普段服を買うような店はほぼ網羅されているし、大きな本屋もあるし、おいしいレストラン街もあるし、ついでにここにもH&Mがある。すごい。渋谷に出る必要なし。

Auntie Anne'sというプレッツェル専門店にも寄ってみたが、ここもいい。いかにも太りそうだけど、甘いアーモンドクランチと、とてつもなくジャンキーな味のサワークリーム&オニオンが最高。

さらに東京純豆腐まであり、充実の晩御飯。

ふと、鞄を見に丸の内へ。ここの土屋鞄で仕事でも使えるトートを探そうと思ったのだけど、店舗そのものはちいさく、ここでは実物を見ることができず。

仕方なく、地下を歩いていると和菓子の叶 匠壽庵を発見。あまりにもおいしそうなメニューでついつい寄り道。

今回注文したのは、あんみつと季節のスウィーツ。ともに、上品な甘さでおいしかった。

そのまま白金まで歩き、土屋鞄の白金店へ。こちらで目当ての鞄を発見するも、ちょっとまだ購入まで踏み切れず。いいんだけど、カジュアルすぎるんだよな。

1

2014年1月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2011年5月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日記: 2011年4月です。

次のアーカイブは日記: 2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。