日記: 2011年8月アーカイブ

先日購入した新車を受け取りにディーラーへ。

しかし、、、その前にレンタカーを空港に返す必要があり、空港からの戻りは初のCalTrainで。


Caltrain

各駅停車だったおかげか、短い間だけど電車の旅を楽しむことができた。

本日は、San Francisco の Japantown にて、J-Pop Summit Festival 2011。上の画像は、このイベントがピアプロとコラボ企画した横断幕。見ての通り、初音ミクがフィーチャーされたおり、今回のイベントのグッズもこれがメインのイラストになっている。他にも、ミク x Hello Kittyやら、ProjectDiva Arcadeが置いてあったりするので、異常なまでのミクフィーバーみたい。Toyota効果かな?

そのイベントに行く前に、、、、まずは奥さんを俺の口座に関連付ける作業。近くのスーパーの中の銀行は日曜でもやっている(!)ので、そこで手続き。これはあっさり終了。そして、新居の鍵をもらいに行こうと管理人に連絡するも、管理人は今日は外出中ということで、こちらは断念。

気を取り直しSFまで移動し、新居近くに車を止めてJapantownへ。

DSC_6809

イベントのために多くの店が出展しており、まずはおなかがすいたので、JapaCurryへ。ここではカツカレーと食べた。スパイシーで注文したところ、一味が。あと、これフォークしか着いてこなかった。とてもおいしく頂きました。

JapaCurry!

Katsu-Curry!

続いて、new peopleへ。ここは、なんだろう、ビルなのか?センスのいい日本のインテリアやグッズの置いてある店で、イベントのマグを買い、その後3階に上がるとそこはBaby, the Stars Shine Brightとh.Naotoのゴスロリな世界が、、、。実際に来ている人もゴスロリの格好をした人とか、コスプレをした人が多く、一瞬TGSかと思ってしまうぐらい。

DSC_6816

Cos-Play!

初音ミク x SF JapanTown

NewPeopleの1階ではニコ生コーナーがあり、コスプレーヤーの皆様が生中継中。

Cos-Play!

外のニコ生ブースでは、ニコ動がTシャツを配っていた。


まわりの人々に衝撃を受けつつ、ここでイベントのスケジュールを見るとEmi Meyerがステージでライブをやっている時間だったので、急いでステージへ。パフォーマンスは終わったあとだったけど、まあ、本人を見ることができたのでよしとする。

Emi Meyer

ステージ、次はK-ON!パフォーマンス。

K-ON!

これは、ちょっと感想は省くがなんとなくアレだったので、出店見学へ。

J-Pop Summit Fes flags

そして、まわりの店などをみてまわる。これもアニメ関連の店多し。

DSC_6830

ついでに、Daisoと近鉄モールへ。スウェーデンにいたときに一番欲しかった店が、100円ショップ。なので、このDaisoは本当にありがたい。さらに、近鉄モールを進むと紀伊国屋へ。ここも、なんでもある・・・。この文庫本と雑誌、そしてまんがの充実っぷりはどうしたことか!しかも雑誌もリアルタイム。値段は少し高いけど、この日本にいるかのような感覚にびっくり。

しかし、その驚きは実はここからが本番で、NIJIYAに行き、さらにびっくり。カステラは何種類もある(と言ってもザラメつきはないけど)し、新潟の日本酒麒麟山や鶴齢、秋刀魚、牡蠣醤油、豊富な種類の米、など、とにかくなんでもある!カレー味の納豆まである。このマニアックな品ぞろえはどうしたことか?!すごいよー、SF。スウェーデンのサバイバル日本食がなんだったのかわからん。奥さんは軽くパニック。

引っ越しを控えていたので、何も買わなかったけど、これは食には困らないなぁと思った。

さらに小腹が減ったので、Chairman Baoのトラックで肉まんならぬ野菜まん。

Chairman Bao!

Chairman Bao!!

驚きと感動を胸に抱えながら、CHROMEに寄り道しつつ、家に戻ることに。途中、Wholefoodsで買い物。お気に入りのCerealがなく残念。

そして、暖炉タイム。今日は大成功。

ちなみに、Emi MeyerはこのビデオでShing02と共演していることから知った。

戦利品のニコ動Tシャツ。

NicoDou T-shirt!

ふと用事があり、Atlantaへ。

初のGeorgia州かも。マイアミの上だということを改めて知り、温かい気候にも納得。それにしても、夜に空港からホテルに移動する地下鉄が怖かった。携帯を電車の乗車口近辺でいじっていたら、そんな場所で使っていると降りるタイミングでぬすまれるぞ、と警察におどされた。

Atlanta

そろそろレンタルから切り替えてちゃんと車を購入しないといけないので、ディーラーへ。まず、そもそも、あまり車そのものに興味がなく、所詮足にしか考えていないので、燃費と積み込むことのできる容量を中心に車種を検討。そして、ディーラーにいくことにし、準備開始。


テンポラリー

ちなみに、最近の朝ごはんはこんなアウトドアの器で食べるシリアル。

DSC_6798

こんなのとか。

breakfast, cereal

こんなのとか。

breakfast, cereal

とにかく、低炭水化物が基準。

昼ごはんも、In-n-outだけど、プロテインスタイル(左側)で、バンズの代わりにレタスで。

Double-double protain style

肝心の車は、まあ、なんとなく今日乗ったのは良かったけど、もうちょっとみてみたいなぁ。

DSC_5282

USに来て、記念すべき第一弾の参加イベントは、San Francsico Street Food Festival。こちらは、奥さんが不思議とどここかからみつけて来たイベント。Folsom St.沿いに店が並ぶらしいので、まずはBernal Heightsへ向かった。ここから駐車できる場所を探すまでが大変だったのだけど、どうにか少し離れたところにスペースをみつけ、いざ会場へ。

26thの方から入っていくと、まずはアルコールエリア。

金網の中のアルコールエリア

そして、フードエリアへ入ると、左側にフードのブースが次々と並んでいてここでいきなりテンションがあがる!それにしてもすごい人の数。どこも行列ができている。

どのブースもすごい行列

いきなり長い列に並ぶのも勿体ないので、まずはそこそこすいているChiefo's Kitchenへ。

Chiefo's Kitchen

ここでは、Suya Chickenというのを注文。これはスパイシーな炭焼きチキンでおいしかった。ナイジェリア料理。

Suya Chicken

ここの値段設定をみて気づいたのだけど、$3と$8。つまりおつりがともに$2。これは実はほとんどのブースでこの料金設定。妥当な値段かどうかはおいておいて、効率がいいのだろう。

さらに移動。それにしても混んでる!どこからこんなに人がくるのだろうか。

混んでる・・。

続いて、Los Cilantrosというメキシコ料理へ。ここではメキシコ風セビーチェ。

Ceviche

新鮮な魚介とsaisa、アボガトの相性がばっちり。

加速し、隣あった二件でそれぞれ注文。

Alicia's Tamal Los Mayas

まずは、Tamales los Mayas (Alicia's)という店で、看板料理のtamal。

Tamal

Tamalとは、ラテンアメリカの伝統的な料理でとうもろこしの粉から作られる生地を蒸したもの。ほのかな甘みがありおいしかった。

そして、隣のCrème Brulee Cartという店で、Honey Vanilla Bean Crème Bruleeを注文。ここはやばいいいいいぃぃ!

The Creme Brulee Cart

これ、絶対今度店に行こう。濃厚。

さらに進むと、サイケな小学校の校庭にも店。

一部はサイケな小学校の中で

ここではピロシキの店が大人気。すごい行列ができていたけど、それも当たり前で生産が全然追いついていないという罠。

大行列だったピロシキ

一通りFolsom St.の端まで歩いた時点で、もう一品でも食べたいね、ということで、はじめの方でみかけたArepa ladyにいってみることに。

Arepa Lady

Arepaが何かよくわからんまま、並ぶ。とにかく大行列。

Arepa Ladyの大行列

Arepa Ladyの大行列

一旦購入のための列に並び、その後受け取りのための列にならぶ。

Arepa Lady、ブースに近づくにつれわかったのは、Arepaとはコロンビア料理で、ここの店はNYで広まった店ということ。

DSC_5279

そして、40分ほど並び、出てきたArepa de Queso (Cheesy Corn Cake)はこんなもの。

コロンビア料理のArepa

ん?なんだこれ、うまいのか?という見かけで拍子抜けするも、食べてみて納得!これおいしい!ほんのり甘く、ふわふわ。そしてチーズがいい感じの塩っけを足していて、並ぶ価値あり!

それにしても、ナイジェリアの料理とか、コロンビアの料理とか、食べたこともなかったし、想像もつかなかったのだけど、それにめぐりあわせてくれたこのイベントに感謝。

DSC_6800

意外に必要そうで必要ないけど、実は必要なときもあるSocialSecurityNumber。

いい加減に取得しないと、銀行口座からの自動でのBillPayとか、運転免許取得とか、いろいろとできないので、取得をしに。

ところが、思いもしなかった問題発生・・・。

受付に行き、パスポートを書類を渡したところ、「名前は?」と聞かれ、気を抜いて普通に答えたところ、「I-94にかかれている名前と違う」とのこと。なんじゃそりゃ、と思い、自分のパスポートにホチキスでとめてあるI-94をみると、なんと奥さんの名前が。なんだよー!逆にパスポートにとめたのかよ、入国審査官!と怒りつつ、家にもどり、奥さんのパスポートをとり、またSSNのオフィスへ。

再度両方のパスポートを窓口で渡すと、またもや深刻な表情・・・。

なんだと思っていると、どちらが「L1ビサなの?」と思ってもいない質問が・・・・。「は?そりゃ俺だけど。」と答えると、すぐに空港に行き、入国審査の窓口へ行って直してもらって来いとのこと。なんと、奥さんのI-94と俺のI-94を逆にパスポートにとめた後に、ビザのステータスをパスポートにあわせて書いていた。すなわち、奥さんがL1に・・・。

なんだよ!めんどくさいなぁーー!と思いながら空港へ。ここで、入国審査のオフィスを探すのも相当時間がかかったのだけど、到着階の一番端っこで発見。ここで事情を説明すると、入力されているデータをチェックしてくれた上であっさりと変更してくれた。しかも「SSNのオフィスの人、本当にそんなところチェックしてんの?」というなんとも拍子抜けなコメントつき。

まあいいんだけど、そもそもちゃんとしてくれよ、入国審査の人よ。おおざっぱすぎ。


午前中、Citibankへ行き、depositのお金を引き出すことに。
カードも日本のしかもっていないし、銀行口座もまだなので、日本から送金した金をcitibankにて引き出すという方法。

昨日送金もちゃんとしたし、Citibankの引き出しの上限額も変更しておいた。

なのに、ATMではなぜか$800以上は拒否される・・・。なぜだ。上限額を上げた旨を窓口で説明するも、citibankの日本はあくまで別会社。USのcitibankで何かできることではないみたい・・。結局窓口の人に試してみたらといわれ、上限の$800にて複数回にわたり引き出し目標額に達成することに成功。でも、全部$20札・・。なので、分厚い札束を持ち、そそくさとATMから退散。

そして、夕方に管理人と会い、無事に契約成立。新居決定。depositの支払い完了。
ふぅ、一仕事終わった。

先日みた物件で新居は決定。
早速、契約やdepositを支払うべく、18日に管理人に会うことに。
決まった。でも、不安要素はいくつか相変わらずある。
しかし、これを超えるすばらしさもある。
この判断が正しかったと信じるしかないし、待っていてもいい物件が出てくるとも思えない。

----

夜。

USでどうしても体験したかったことのひとつが暖炉。
スウェーデンにいたときは、(冬場の暗さもあってか)暖炉の火が永遠にループでTVに映し出されるDVDを買ってしまったぐらい。そして、Duraflameでさっそく念願の暖炉を簡単に味わっているのだけど、何かが違う・・。

やっぱり、暖炉は、こう、パチパチ音がして、炭ができて、本当の木が燃えていないと!ということで、NobHillにて、Duraflameの横で売っていた暖炉用の薪を1箱購入。着火用のkindleも含まれている。

firewood

そして、Youtubeにて薪での火の起こし方を調べて、いざ実践。

暖炉(薪使用)

二本の薪を置いたら、その間にkindleを何本か入れ、火を押さえこむように、その上にまた薪を置く。そして、kindleに火をつける。

が、つかない、、、、、。Kindleに火がついてもすぐに消えてしまう・・・。悩んだ挙句、本当はあまりよくないけど、家の周りから木の枝を拾ってきて、紙を薪の下において、着火。すると比較的大きな炎で長時間燃えてくれ、無事に薪に着火。

暖炉(薪使用)

でも、これ、他に、着火用のDuraflameもあるらしく、それを使うとさらに簡単にいくらしい。

暖炉(薪使用)

そんな感じで初の薪暖炉は無事成功。
半端じゃなく暖かくなり、火の偉大さを思い知った。

結局、ビール片手に、暖炉の前でだらだらと。

朝起きてすぐに、昨日通りがかった物件に連絡。昼過ぎに訪問する約束。

そして、昼ごはんは誕生日祝いということで、Yank Singへ行き、DimSumを食べた。ショウロンポウに、チマキに、といろいろと注文。ピリ辛の豚肉炒めもおいしい。

満腹になったところで、物件訪問。
なんと、以前にPre-visitで訪問した物件の近くであることが発覚し、このエリアに対しては少し安心。管理人の人もいい人そう。

部屋は最高のビューと充分な広さ。しかし、やはりSFの市内ではしょうがないのか、洗濯機と乾燥機が部屋になく、共同。さらに、お湯は各部屋にあるボイラーにためられたものを使用。このあたりが日本と違うところ。サンフランシスコで住む場所を選ぶというのは、何を重要視するかに直結する。SoMAのエリアも近代的な設備の豪華なマンションが多くあり最高なのだけど、新興なエリアなので、周りには何もない、もしくは、そのneighborhoodに根付いた店がない。

悩みはつきないなぁ。でも、この物件はよかった。

そして、テンポラリーの近くのWholefoodsと近くのnobhillにて買い物の後、家に戻り、初の自炊夕食。チキンのトマト煮クスクス添え。これがなかなかおいしい。

なお、ビールはローカルのBlue Moon Breewing Co.の夏限定醸造、Honey Wheat。ほんのりはちみつの甘さと柑橘の香り漂う名品!アメリカのビールはちょっとと思っていたけど、これはおいしい。いつかこのBrewery、行くべし!

Blue Moon, Summer Honey Wheat

昼ごはんはまたもやIn-n-Out Burger。

in-n-out Burger, again

しかも、早速、教わったFrenchFriesのAnimal Styleに挑戦。

Fries, animal style....

ちょっと、これは、、、、濃すぎるか、、、。

そして、会社から早目に戻り、アポイントメントをした家の見学。今回はSOMAのエリア再び。Mission Bay のStrata SFのアパートメント。ここでは、メゾネットっぽい2Fのプランと、パティオ付きのプラン、そして、パティオがないけど広い部屋のプランを見せてもらった。

部屋の設備もかなり良く、利用できるアパート内の施設も映画館的なシアタールームや、パーティー用の部屋、FirePitのある中庭など。

しかし、周りは建設中で殺風景だし、ここでもAT&T Parkの渋滞はやはり気になるところ。周りの環境以外の条件は最高なのだけどなぁ。

続いて、もう一軒、MissonのFolsomにある物件を見に。Open Houseの時間に到着したのだけど、車から見るに、既に大勢の学生が列に並んでいたので、ここは断念。しかも周りの環境もちょっと微妙だったので、やめた。

この日の最後の一件は、Castroの範囲で言われているが、実際はTwin Peakの頂上近くの物件。一軒家で、1800sqftと広い。しかし、たどり着いてみると、TwinPeakの頂上からの霧が降り注ぎ、あまりにも寒いので、ここも無理と判断。景色はいいのだろうが、さすがにこの気候は無理。

3件周り、充分に疲れたので、Trader Joe'sに寄って家に戻ることに。途中、奥さんが奇跡的によさげな物件にFor Rentの看板がかかっているのを発見!連絡先だけ控えて明日見に行くことに。

晩御飯はSunsetにある、大好きなPPQ。ここのFive Spice ChickenのPhoは本当に最高。

Pho@PPQ

2014年1月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2011年8月以降に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは日記: 2011年7月です。

次のアーカイブは日記: 2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。