美術館・博物館: 2013年5月アーカイブ

Mission Pieでおいしいブランチの後は、改修に伴う閉館間近なSF MOMAへ。

SF MOMA

6月2日以降から閉館してしまうので、残された週末は少なく、かなり混んでいるのかと思いきや、そうでもなかった。上の階から順番に見ていき、今回の特別展示の一つ、Lebbeus Woodsの展示へ。

ここが今回、自分の中では間違いなくメインだった。この未来感、そして緻密感。建築家の彼が創ろうとしていた未来都市はまさに日本の漫画にも通じる世界の建物で、その模型は恐怖すら感じさせる出来だった。

繰り返しのパターンとぶっ飛んだ発想。今回の特別展が決まりその準備中に亡くなってしまったとのことで、是非一度イベントなどで話を聞いてみたかった。

次に向かったのは、Christian Marclayによる、24時間にもおよぶインスタレーション、The Clock。映画をつなぎ合わせ、映画の中の24時間が実時間とシンクロするように作られた作品。時間だけではなく、シーンのつなぎも関連するようにつなぎ合わされ、なかなか楽しめた。

今回は、6:15-6:30の15分間だけだったけど、人によっては24全てを見るために何度もSF MOMAに通っている人もいるのだとか。また、24時間のフィルム故に、夜になっても空くことがなく、真夜中の12時を過ぎても3時間待ちと言うこともあるとか。ちなみに、今回は2時間待ち。

それでも充分楽しむことができた。夜の9時以降は怖いシーンが多いから要注意らしい。

奥さんとは結婚前に一度来たことがあったSF MOMA、最後も充分に楽しみきった!

SF MOMA

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事



このアーカイブについて

このページには、2013年5月以降に書かれたブログ記事のうち美術館・博物館カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは美術館・博物館: 2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。