旅: 2008年11月アーカイブ

昨日は頭痛と原因不明の体調の悪さで、一日中寝ており、せっかくの出かける計画が無しに。昨晩、そして今朝と頭痛は続いたのだけど、頑張っておきて、鎮痛剤を飲み、薬も飲んで、今日は計画どおり、Osbyへ!このOsby、6月の旅行のときに通りがかりBRIOの博物館があることを発見。その後行きたかったのだが、土曜に遠出をするというのがなかなかできずにいた。でも、今日から12月までの間は日曜も開いているということで、いざ出発。

OsbyはMalmöから120kmぐらい北に内陸に進んだところにある小さな街。車でひたすらE22を走り、途中からややローカルなルート23をすすみ、到着。6月の頃とはうってかわり、紅葉や霧、そして、3度という気温の中でのドライブはなかなか楽しかった。

さて、BRIOの街Osbyに到着し、BRIO博物館へ。

以下、BRIOの説明を転載。

素朴な木の温もりと、心躍る鮮やかな色、シンプルながら想像力をかき立てるBRIOのおもちゃは、1884年にスウェーデン南のオスビーという町で生まれました。 創始者であるイヴァー・ベンクトソンは、もともとは手作りの木切れのバスケットを販売していました。彼の作るバスケットはとても丁寧な作りで、スウェーデンだけでなく、ドイツにまで知れ渡る良品でした。BRIOにとって初めてのおもちゃとなった車付の木馬「オスヴィの馬」が商品に加わったのが1907年。素朴ながらも使う子供のことを考えた、ディテールにまで手の込んだ木馬でした。その後、息子であるイヴァーソン兄弟が会社を引き継ぎ、その際に社名を「the Brothers Ivarsson Osby (オスビーのイヴァーソン兄弟)」の頭文字をとった「BRIO」に改めました。現在もその子孫が製品を作り続けており、イヴァーが最も大切にしていた「品質」=「良質なおもちゃ」作りは彼らにもしっかりと引き継がれています。

スウェーデン王室御用達でもあるBRIOのおもちゃは、今では子供たちが初めて触れるおもちゃとして、広く世界で愛されています。

世界のBRIOと言う割にはこれかーと言う若干ショボイ建物が博物館。でも一応、住所はBRIOgatan、すなわちBRIO通り。

BRIOミュージアム

しかし、中に入ると、まさにBRIOの宝の山。

ミュージアム内部

1940年代からのBRIOの木のおもちゃがいっぱい。しかもすばらしいデザイン。Skåneらしくニルスのものもあれば、ディズニーのもの、ヤコブセンなどのデザイナー家具ミニチュアなど、様々。

定番のスタッキング系

ニルス!

車両系も、自動車や電車、工事用車両など、数々の種類が。しかし、やはり、一番デザイン的にいいのは動物シリーズかな、と。

こちらのアヒルもカラフル

愛嬌のあるアヒル

そして、脇にある不思議なドアをくぐり、昔の電車の車両を改装した別館のようなところにはいると、そこには巨大なメルクリン(Marklin)のジオラマが。さらにすすむと、摩訶不思議な、SEGAのメガドライブとサターン、ドリームキャストのコーナーが。なんだろ、これ。

博物館でBRIOの歴史を堪能したあとは、Outletにておもちゃの購入。スタッキング・フクロウとスタッキング・ペンギン、さらに、電車のキーホルダーとフィギュア。いやー、為替の関係で安く感じるうちに買わないとね。

その後、Osbyの街にある湖の湖畔へ。ここが綺麗だったー。水が鏡のように静かで、そこに夕焼けの微妙な色合いが重なり、なんとも不思議な光景。水辺の家々も写りこみ、別世界。

雄大

Town in mirror

一通り湖を堪能し、いざ帰宅。なんとも有意義な日曜日。

買いすぎ・・・。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事



このアーカイブについて

このページには、2008年11月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは旅: 2008年9月です。

次のアーカイブは旅: 2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。