旅: 2009年8月アーカイブ

Wildbird & Peacedrums 後、再び、暗い森の中の会場を散歩。

空が完全に晴れきり、雲一つ無い中、明かりもあまり使わないイベントなので、星が本当に素晴らしかった。そのまま見ながら眠ってしまいたいぐらい。しかしそうはいかないのがスウェーデンの夏。日が沈むとなかなか寒い。しかも、ここは住み慣れたMalmöよりは数百キロ北。

急いでテントに入り、寝袋に飛び込み寝る準備。しかし、フェスなので、周りが音楽を大音量でかけているのでなかなか眠れず。そして、今回も寒い!分厚い寝袋の中でも寒かったなぁ。

・・・・・・・・・。

朝はほどほどの時間におきて、コーヒー。これでだいぶ目が覚めた。

朝コーヒー

近所の人たち。

テントの周り

昨日シチューをやっていたところが、朝ごはんを出しているはずなので、再び会場へ。

photo 208

パンケーキのキッチンは大人気!

朝ごはんは大人気

朝ごはん

でも、いい陽気なので、ゆっくりと待つことに。

photo 212

そして、出てきたパンケーキ!これは満足度が高かった。

パンケーキ!

本当は今日も夕方までいろいろとイベントがあるのだけど、そうゆっくりもしていいられないので、寝袋などをしまい、テントをたたむべくキャンプ場へ戻ることに。

キャンプ場

バギーと海賊旗。

バギーと旗

photo 226

テントについた朝露も快晴の日差しで、一気に乾燥。こんな大きな重い荷物を車で運べるところが、こういうイベントはいい。

帰りは、せっかくこんな北まで来たのだから、ということで、Göteborg にも少しだけ寄ってみることに。

photo 231

photo 235

photo 241

いやー、さすがスウェーデン第二の都市、Göteborg。でかい!そして都会。店にも何件か入ってみたけど、Malmöにはないものがいっぱい売っている。時間の都合上、メインストリートしか歩けなかったけど、なんとなく街の雰囲気はわかり満足。

そして、ひたすら運転して、帰宅。

まずは、タリンで買ったビールで乾杯。
photo 245

今回の1泊2日の旅でドライブした距離は800kmちょっと。なかなかの長距離だけど、その甲斐がある楽しい旅行だった。

チケット

はやくもVisby最終日。朝食もまた充実。

朝食

朝早くから自転車を借り、GotlandsledenというGotlandのベストな景観をみることができる自転車道にそって、ホテルの人おすすめのKrusmyntaGardenへいくことに。

天気もよく、海沿いの道は、本当に気持ちがいい。

DSC_9460

サイクリング日和

ビーチもいくつか通り過ぎた。

DSC_9461

DSC_9462

ただ、Gotlandsledenが高速と並走する形になるため、いったん登り下りのやや激しい道。なかなか体力を必要とする。

Gotlandsleden

なんとかたどり着いたKrusmyntaGardenは、自然食品のbitukも併設するカフェ。バラ園も有名らしい。やや曇りの天気が残念だけど、綺麗な景色を充分に堪能。花でいっぱいに飾られた車や自転車も綺麗だった。

DSC_9470

DSC_9474

ピースVW

そして、戻ることに。

ところが、急に天気が崩れだし、Visbyの旧市街近くになると、大粒の雨に。風も強く、自転車で走るのが難しい天気に。しかし、なかなか待っていても状況は変わらないので、頑張って城壁に中へ。すると、こちらは驚くほど風がなく、無事にホテルに戻ることができた。

お腹が減ったので、レストランへいくことにし、g:a mastersとともにVisbyを代表してSverige's Basta Bordに載っていた店にいくも、今日は休みとのこと。残念と思い気を落していると、店の人が中から出てきて、「うちは今日は休みだけど、代わりのおいしい店を紹介するよ。」ということで、Stortorgにある、Bakfickanという魚料理の見店を紹介してくれた。Stortorgのここ以外は、全部あまり観光客目当てでだめだとか。

美味しいといわれている店の人が紹介してくれた処だから、美味しいに違い無いと思い向かうと、そこは昨日行列ができていた店だった。

Bakfickan

少し待って中に入り、注文。

まずは、自家製のsnapsとパン。

自家製Snaps

ニシンのオープンサンド。

ニシンのオープンサンド

ニシンのフライ。

ニシンの唐揚

フィッシュ・スープ。

シーフードシチュー

Gotland名物、サフランパンケーキ。(Gotlandの人は、サフランを本当に多く使う。サフランのアイスクリームとかもあるぐらい。)

サフラン・パン・ケーキ

すべてがおいしいかったー。

最後に、また散歩で、城壁の外に出て、噴水のある公園やビーチの近辺へ。天気がよく、すべてが綺麗!

DSC_9509

DSC_9513

DSC_9519

そして、タクシーを呼び、Visby Flygplats(空港)へ。ここに行くまでに、旧市街の車幅ぎりぎりの路地を猛スピードで駆け抜けていく運転技術がすごかった。

Visby Flygplats

Visby Flygplats

例の如く、また、自由席のSkywaysに乗り、Stockholm、そして、家に。

Visby Flygplats

いやー、無理して直前に決めたけど、行ってよかったと思える旅だった。Medeaval Festも終わり、人のピークも過ぎ、ちょうどいい時期だったのだと思う。「魔女の宅急便」の中の町も部分的にここに影響されているのも納得。廃墟と共存する町。

朝8時に起きて、ホテルで朝食。ここの朝食はかなり豪華!品数は普通だけど、パンやベリー、ジャムなどがここのこだわり品質でかなりおいしい。

朝食後、準備、出発。最高の天気なので、レセプションで自転車を借りた(無料)。しかし旧市街の中は徒歩の方が便利なので、自転車を駐車場にとめ、城門をくぐり、旧市街へ。

まずは、細い路地に薔薇が咲き乱れるFiskargrändへ。
薔薇の季節のピークはずぎているのだが、それでも十分に綺麗。路地の雰囲気、昔ながらの家々の建物がとてもいい雰囲気。

Fiskargränd

Visbyは"バラと廃墟の町"として有名。今日のメインの目的は教会の廃墟めぐり。まずは、S:t Olofの廃墟へ。

S:t Olof

Fiskargrändを向けた先にあるこの廃墟は、ほとんど形を残していないものの、何か語りかけてくるものがある。

そして、次に、葡萄のなる道を通り抜けつつ、S:t Clemensへ。

葡萄

ところが、ここでは廃墟の入りうち部分に鍵がかかっていて中に入れず。そういえば、鍵は歴史博物館で借りることができると読んだことがあったので、鍵をかりにいくことに。

博物館はホテルのすぐ近く。ガラス工房の前を通り、博物館へ。ここに行くまでにある、数々の細い路地も素敵だった。

路地

また、町のいたる所にある羊の像、これもすごく印象的。

鍵を借り、まずは近くにあるS:t Hans ruinへ。ここは支柱と壁が残っているだけだけど、その大きさを感じ取ることができ、さらに、カフェも併設されていた。

S:tHans ruin

そして、次にS:ta Katarinaへ。ここに行くまでの途中で商店街を通り、Gotlandならではの土産物やや、羊毛の店を発見。

DSC_9255

DSC_9259

そして到着したS:ta KatarinaはStortorgetに面しているだけあって、大きい!屋根はないものの、廃墟と呼ぶにはもったいないぐらい支柱などがきれいに残っている。中には鳩も住んでおり、まさにラピュタの世界。さらに、イベントなどでも未だにつかわれているようで、ステージの跡が残っていた。

S:t Katarina

廃墟と鳩

次に、S:t Lars ruinへ。ここも、綺麗な形で保存されていて、中にはベンチもおいてあるので、未だに使用されているのだろう。"廃墟"といっても、建物は破壊されてしまったが、新しい役割を持ち現代でも使用されているというのは面白い。

S:t Lars ruin

そして、ここの前にあるのが、Gotland唯一のビール醸造所、Gotland Brygerri。ここのWisbyWeisseという銘柄が有名らしい。建物の前に止まっている車と羊の像がとてもいい。

Gotlands Bryggeri

そして、隣のS:t Drottens ruinへ。こちらもきれい。とても広い教会で、こちらにも鳩が住んでいた。こういった廃墟は町と溶け込んでいる様はまさに世界遺産の町、Visbyならでは。

S:t Drottens ruin

そして、S:t Clemensへいくも、ここはやはり入れず。鍵がことなり、どうやら、併設されたホテルが管理してる様子。なので、柵の外から中を眺めて終了。

S:t Clemens

そして、赤い花のレリーフが美しいS:t Nicolausへ。ここも、今日は結婚式に使用されるらしく、中には入れず。
中からはピアノの音が聞こえていた。

S:t Niolaus

そして、Helge And。ここは鍵を使用して中に入り、階段を上って屋上へ。ここからみる赤い屋根の町やDomkyrkanも綺麗だった。

Helge And

いい眺め!

S:taGertrudは寄ってみたものの、特に見るべきものはなく。

そして、Domkyrkan S:ta Maria。礼拝の時間にぶつかってしまい、あまり中をじっくり見ることはできなかったけど、ここのステンドグラスは他の教会とことなり独特の色と模様で、一見の価値あり。

Domkyrkan S:ta Maria

教会の脇の階段をのぼり、丘の上から町と教会を一望。なんとのいえず、のんびりとした時間が流れる町だ。

Domkyrkan S:ta Maria

城壁の方に向かって歩くも、お腹がすいたので、とりあえず、Stortorgetへ。ここで、Gotland名物を使った食事の店へ。Gotlandのピッティパンナとハウスパイ。まあ、そこそこの味。ここではWisbyBryggeriのビールは飲めず。

そして、Adelsgatanの商店街を少しみてから、再びStortorgetにもどり、カフェで休憩。ここで、初のWisbyビール!KlosterÖl。Pilsnerっぽい味で、満足。ビールを飲みのんびりしていると、結婚式の団体が音楽を奏でながら通過。なぜか新郎も新婦も犬を抱えていた。

羊

結婚式

ビール休憩後は、町中をひたすら歩き、フェリー乗り場の方へ行ってみたり。あやしげなSweden.seの職員にアンケートの協力を求められたり。旧市街の中のほとんどの路地を歩いたのではないかと思うぐらい、歩きまくった。

夕ごはんは、奥さんの調査結果として、かなりおいしそうなグリルの店、g:a masters にて。まずは、WisbyWeisseで乾杯!これがおいしかった!Systembolagetでもあつかっているので、国内どこででも買えるはず。そして、続いて出てきたパンも。メインは、Gotlandのlambのグリルとミートボール。

Wisby Weisse!

Grilled Lamb

Köttbullar

こちらも両方大正解で満足の味。
さらにデザートはパンナコッタとクリームブリュレ。

満足。

食べ過ぎたので、食後の散歩は城壁を1周してみることに。このルートもなかなか面白くて、城壁と一体化して、城壁を家の壁の一部に使っている家など、いろいろと発見があった。

DSC_9435

城壁沿い

雨が降り出したので、ホテルに戻り、2日目終了。夕暮れの街も綺麗。

旧市街の夕暮れ

充実。羊いっぱいの島だ。

DSC_9450

会社をはやめにあがり、家に戻り準備をして出発。
この日程の厳しい時期、金曜の夜に出発して、土曜をまるまる一日楽しもうというプラン。

今回目指すはスウェーデン最大の島、Gotland島、そして、その中にある世界遺産に指定されたVisbyの旧市街。

StockholmのArlandaで一度荷物をとり、国内線へ乗り換え。Kirunaのとき同様にTerminal4でチェックインしようとしたところ、VisbyへはTerminal3といわれ、さらに200mぐらい歩いて、やっと到着。やけに小さいターミナル・・・。

Arlanda, Terminal 3

基本、タラップはなく、滑走路を歩いて飛行機に乗るような場所らしく、ゲートはすべて1Fにある。

Visbyへの到着予定時刻が22:00ということもあり、Visby到着後の夕食は無理そうなので、ここでサンドウィッチを食べることに。ついでにコーヒーも。

そのうちの搭乗時刻に。飛行機はロフォーテンの時と同様にプロペラ機、そして自由席。

搭乗!

Stockholm -> Visbyはおおよそ30分なので、あっという間に到着。進行方向右側で、きれいな夕日を見ることができた。

飛行機からの夕焼け

VisbyFlygplatsで荷物を受け取り外にでると、すでに22時ということもあり、外は真っ暗。

DSC_9193

しかも最後のフライトだったためか、飛行場の入口を閉められてしまった。しょうがないので、Gotlandのタクシー会社に連絡をして、飛行場まで迎えに来てもらい、今回のホテル、Hotel 1 へ。140SEK。

遅めのチェックインだたこともあり、ホテルに着くとレセプションに鍵がおいてあった。部屋は広めでなかなかいい雰囲気。

Hotel 1 Visby

明日に備えて、早めに寝た。

今日も予定がいろいろと。

メインの目的はKullaberg行くこと。以前に行った時に、あまりに景色がすばらしかったので、もう一度見たいなぁと。あと、半島の先端のところだけではなく、Josefinelustもすごく綺麗だったので。

まずは、以前に買い逃したものをちょっとだけ購入するためにHöganäs。

そして、いままで行きたかったけど、なかなか店の開いているところに出くわさなかった、工場街のなかにあるHöganäsの陶器製作所へ。ここはHöganäs HB 名義(?)の不思議な色合いの陶器を作っている工房だった。となりの雑貨屋にもより、ようやく、Kullabergへ向け出発。

ところが、さらに、Mölleに入ったところで、今度はLOPPIS(ガレージセール)の看板を発見!MölleでLoppisならいいモノがありそう!ということで、狭い道に入り、ひたすすむ。

着いた場所はアンティーク屋で、ここではなかなかいい色の小さなグラスやOrreforsの昔のキャンドルスタンドを発見。悩んだものの、今回は買わないことに。

そして、Kullabergの中に入り、車を停め、いざ半島の先端へ。
しかし、ここで異変に気づく・・・・。

ん?いやにテントウ虫が多いぞ・・・・。

立ち止まっているだけで、あっという間に服に4,5匹がとまる。

ちょっととまっていると・・。

しかも、前のキャンピングカーの人は思い切り窓とかはたいているし。

まあ、いいやと思い歩き始めるも、道にかなり多くのテントウ虫の死骸が・・・。道の端の方の土かと思っていたものは、よく見るとすべてテントウ虫・・・。こりゃすごい。いや、こりゃ、嫌だ・・・。

これ、全部テントウ虫・・・。

でも、まあ綺麗な景色を!と思い坂を上っていくも、さらにひどいことに・・・。昨年、人々が敷物を敷いて寝転んでいた場所につくと、地面一面にテントウ虫・・・。死骸もあれば、動いているものも多数。端の岩場はテントウ虫で真っ赤に・・・・。
試しに行って見るも、立ち止まっているだけで、テントウ虫が何匹も足を這い上がってくる・・・・。
(写真は奥さんのFlickr参照。)

こりゃ、トラウマ確実。気持ち悪すぎるので、さっさと撤退・・・。

下に行く道の方へは虫が少なそうと思い進むと、なんとツルツルの岩の上のテントウ虫の死骸ですべり腰を強打・・・・。真剣に1分ぐらい動けなかった・・・・。

確かに今年はテントウ虫が異常発生と聞いていたけど、こんなとは・・・。ここまで恐ろしいことになっているなんて。夢に出てきそう・・・・。はぁ。

せっかくピクニック道具を持ってきたのに・・・。

でも、Josefinelustは綺麗なはず!

Josefinelustの駐車場に着くと予想通り虫の気配ゼロ!早速持ってきたピクニックセットとコーヒーを鞄に入れ、海辺へ続く道を目指す!森の中は空気が綺麗。

DSC_9010

久々に見るJosefinelustの海岸。日の当たり方も前回と異なりすごく綺麗だった。先客で海にはいってる家族もいる。

Josefinelust

ところが、急な坂を下りていくにつれて嫌な気配が。蜂のような虫が異様に多い・・・。しかも海辺に着くと、テントウ虫も・・・。

しばらく海岸でコーヒーを飲もうとするもそれどころではないので、森の中にはいり、虫の少ないところで休憩。参った。(今年の)この時期のKullabergは虫だらけかぁ・・・・。

DSC_9027

車に戻りKullabergを出発することに。しかし、なんかまだ時間もあるし、達成感がいまいち。ふと面白そうなところはないかと地図をみていると、まさにパーフェクトなVen島、発見!この島に関して、以前にスウェーデン語の先生から、桜の時期に行くといいと聞いてたのだけど、その願いは叶わず。一度いけたらいいなぁと思っていたので、まさにそのチャンス!

ということで、急いでLandskronaまで行き、車を停め、16:35のフェリーにて、Ven島へ!この島は、デンマークとスウェーデンの間にある南北4.5km、東西2.4kmの小さい島。フェリーでLandskronaから30分ほどで到着する。

行きのフェリーはすごく空いていて、3家族ぐらいしか乗っておらず・・。

いざ、Venに向け出発!

DSC_9038

すぐに島が見えてきた。

Venの港

島に着き、帰りのフェリーの時間を調べると、19時のが良さそう。2時間ぐらいしかないので、自転車は借りずに、徒歩でまわることに。

まずは、ヤギのチーズの店を発見。

チーズ屋

しかし、休み・・。そりゃそうだよね。
店の脇にはヤギがいっぱい。牛も。

チーズ屋の羊

畑には実りが。

実り

なんというか、のんびりとした独特の時間。平らな島なので、どこまでも見渡せる。

DSC_9085

家の前で手作りのシナモンロールが売ってあったり。

家の前で売っていた

また、天文学者Tycho Braheの天体観測所があったことでも有名。

しばらく歩き、時間になったので、もときた道を戻った。なぜか羊の囲いの中に鳥が・・・。

いる場所が間違っているのでは?

そして、港のアイスクリーム屋でお決まりのアイス。これもおいしかったー。

オーガニックアイス屋

そして、19:00の便でLandskronaへ戻り帰宅。

予想外のコースだったけど、予想外の充実っぷりの一日。

朝からコペンへ。

コペンでまだ見ていない場所がいろいろとあるので、そこを見るのが目的。

まずは、コペンを代表する建物の一つ、デンマーク王立図書館"Black Diamond"へ。
ここは中央駅から普通に歩いていけるので。

運河に面したこの建物、壁面が運河に向かってやや傾いているために、運河が壁面に映りこみ、日がさしているときは運河の輝きがまるでダイヤのように見えることからBlack Diamondと呼ばれているらしい。旧館と新館が通路で結ばれている。

Black Diamond 全体像

図書館の中に入り、まずは1階の本屋へ。ここで改めて認識&興味がわいたのはグリーンランド。実はグリーンランドはデンマーク領。そんなこともあり、グリーンランドの本がここには充実していた。また、たまたまだったのかわからないけど、館内でもグリーンランド観測に至るまでのみちのりのような展示も多くあった。

ここで、グリーンランドの観光ガイド発見。グリーンランドってあまりみたことがなかったけど、すごい!まさに自然そのもの。この本には行き方(コペンから定期便があるらしい)や、グリーンランド内の村の説明、ハイキングこーづなどがのっている。ちょっと読んだところ「グリーンランド内には複数の村があるが、それらの間には道が通っていない。」と。すごい場所だなぁ。

本屋を後にし、いよいよ、図書館部分へ。新館はガラスを多用したモダンなつくり。各々のエリアもゆったりとスペースがとってあり、こりゃ、勉強も捗りそうだな、と。中からみる運河もとてもきれい。

王立図書館

王立図書館

残念ながら、新館と旧館を結ぶガラスの通路は職員専用で入れなかったが、メインの通路を通って旧館へ。こちらは歴史を感じさせる建物。

王立図書館

王立図書館

メインの図書室は写真撮影禁止だったのだけど、そこがすごかった。閲覧ようの席はアンティークの木でできた椅子、そして、書架もすべて木製。新館とは別の意味で贅沢な趣のある空間。

図書館後は、運河を渡りIsland Bryggeのエリアまで散歩。

DSC_8902


ここは元工場街だったのが、最近、再開発されいろいろな店ができているとか。実際に、このエリアにビーチもあった。

ここではCopenhagen Workshopという若手アーティストの雑貨屋へいったり、カフェに入ったり。一休憩。

そして、運が沿いに歩いて一個先の橋まで行き、そこからコペンの中心部へ。この運河沿いも、ヨットが多く停泊していて、まるでアムステルダム。いままであまりコペンの運河に注目をしたことはなかったが改めてみると、綺麗。

昼ごはんはCafe Europeにて。

Cafe Europeにて

中心のショッピング街では買い逃したものをいくつか購入。あと、気になったのは、Johnny Locoという自転車。かなりいいデザイン。オランダ製らしく、そういや、アムスで大量の自転車通勤の人たちをみた記憶があったので、納得。カタログももらったけど、とても不思議な"女性と自転車"のショット満載・・・。

そして、午後の日差しの中、ビールを満喫した後、運河ツアーへ。当初、運河ツアーの予定はなかったのだけど、かなり遅い時間までやっていて、Black Diamondの近くを歩いたときに、運河がきれいだったので、急遽ツアーに参加してみることに。

ツアーはGammel Strandから開始する。この回りではアンティーク市が開かれていた。

なかなか充実のツアー。

Arne Jacobsenの最後のビッグプロジェストであるデンマーク国立銀行などの横を通り、

ヤコブセンのデザインの銀行

オペラハウスを通り、

オペラハウス

裏の運河沿いに住宅が広がる地域へ。

運河沿いの生活

そして、そのうち、アムステルダムのような、運河沿いに船が停泊する地域に。

アムステルダムに似ている?

皆、停泊している船の上でBBQをしたり、本を読んだり。いい生活だなぁ。

運河沿いの生活

そして、再度BlackDiamondの前を通り、

DSC_8974

ツアーが終了。

DSC_8984

ツアー終了後は、誕生日夕食ということで、Les Trois Cochonへ。駅の西側には初めていったけど、こちらもいろいろと店がある。

Le Trois Cochonはプリフィクス3品コースのレストラン。2名の場合は、同じものを頼みシェアするかたちになる。

前菜3種。ヘーゼルナッツのドレッシングのサラダがおいしかったー。

Les Trois Cochons

メインはトリを選択。

Les Trois Cochons

デザートの前にチーズ。

Les Trois Cochons

そして、デザートも3品だった。

食事を開始したのが21:00だったので、23:40頃の電車になんと間に合い、ほぼ終電での帰宅。こんな終電を心配する感じは実に久し振り。

コペンを満喫した一日。

本日、久々にMaxiにて、苺を買おうとしたところ、

「今年の苺はすべて終了。また来年!」とのメッセージが・・・。

そうかー、シーズンもそろそろ終わりか。

なので、街で苺・ベリー販売所をみかけると迷わず買うことに。
これ↓は先日、家の近くで買った苺とブルーベリー。うまい。

jordgubb & blåbär

あと、チーズで、先日購入してみたMalmö Akvavitというもの。ハードタイプで塩味強め。どうやら調べてみると、MöllevångstorgetにあるMöllans Ost チーズ店がMalmö AkvavitというVodkaを使って熟成させたチーズらしい。

Malmö Akvavit

ちなみに、このMalmö Akvavit、Malmö ChokladfabrikのMalmöpralinenにもつかわれているのだとか。

地元愛あふれる チーズ。

あと、最近の一番の悩みは実はこれ。

苺ジャム+ヨーグルト+米

Risifrutti のGuldシリーズを一切見かけなくなったこと・・・。これはすごーーくおいしくて好きだったのだけど、どのスーパーからも完全に見かけなくなった・・。なぜだろう?普通のRisifruttiはあり、それもまあおいしいのだけど、濃厚さではこちらの方が数段上なんだよなぁ。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2009年8月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは旅: 2009年7月です。

次のアーカイブは旅: 2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。