旅: 2011年3月アーカイブ

皆からいろいろと東京の状況も聞かされ、不安になりながらも、新潟最終日。帰りの新幹線は動いているらしい。

今日はまずは駅からバスで「新潟ふるさと館」へ。新潟の名物を総合的に扱っている施設。

新潟ふるさと村

ここでは海鮮丼(蟹!)を頂きつつ、土産コーナーを物色。日本酒の太平盛を発見し、ついつい購入。

そして、駅に戻り、駅近くの酒屋、「錦屋」へ。ここは酒の種類が多く、しかも値段もリーズナブル。ついつい生酒を3本ほど買ってしまった。

新潟の酒!

初日の晩に飲んだ「ぽたりぽたり麒麟山」、「〆張鶴 吟醸生酒」、「純米吟醸 無濾過 虎七郎」。

いったんホテルに日本酒を置いてから、今度は日本海側へ散歩。どっぺり坂の方へ歩き、海沿いに。

日本海

さらに、地獄極楽小路と白壁通りを抜けてホテルへ。このあたりの町並みも面白い。

晩御飯は念願のへぎ蕎麦@須坂屋!

へぎそば@須坂屋

これが本当においしくて、ついついここでもまた麒麟山を飲んでしまった。この店はまた来たいな。

短かったけど充実の新潟旅行も終わりが近づき、新幹線で無事に東京へ。しかし、半分不安なのは、地震中留守にしていた家の状況。他の人の話をきくと、ぐちゃぐちゃになったとか、棚が倒れてきたとか。

そしておそるおそるドアをあけると、、、意外に大丈夫な状況。

本は本棚から落ちているものの、被害は:

TV台から落ち、サイケな模様しか写せなくなったTV。まあ、そもそも、地デジ対応していないし、B級品で奥さんが昔にかったものなので、寿命と考えることに。しかし、このおかげでPS3ができないのはイタい。

サイケなTV

サタデーナイトフィーバーなみに、下の方が傾いたIKEAのbilly棚。やっぱり、IKEAのは地震に弱いらしく、他のbillyも背面がやられていた。

サタデーナイトフィーバーなBilly

あと、ガラスの食器。Chemexの珈琲メーカーとスウェーデンで買ったSKRUFのコニャック用グラスが割れてしまった。

それでも他の人に比べたら被害は少ない。

何よりも驚きだったのは、ダイニングテーブルの上におきっぱなしだった、水の入ったジャグがなんともなっていなかったこと!テーブルから落ちていないのはもちろん、まわりに水もこぼれていない。すごいなぁ、世田谷の地盤。

翌日

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨晩も余震が続いた。

一晩明け、街は快晴。新潟の街にはうっすらと雪が積もっている。

DSC_0251

あたり前だけど、昨日の地震の影響で「新潟 酒の陣」は中止。なので、今日は一日観光に。

まずは、会場であった朱鷺メッセへ。

朱鷺メッセ

海沿いではあるものの、日本海側だし、ニュースでは津波警報も出ていなかったことは確認。一応おそるおそる近づいて、展望台に登る。

晴天なこともあり、なんとも気持ちのいい景色。

日本海側。

新潟の街並み

そして、逆側には雪の積もった屋根。そして山。

新潟の街並み

景色を楽しんだ後は、運河の逆側にあるピアbandaiへ。魚と酒を扱う店々が並んでいる。

ピアbandai

ピアbandai

ピアbandai

本当であれば買って帰りたかったが日持ちもしそうにないので断念。鮭とかも宅急便で送ってくれるそうなのだが、今は地震でいつ送れるかもわからないので、サービスは中止しているのだとか。

お腹もすいてきたところで、隣の食堂にて、南蛮海老の小どんぶり。これが安い上にうまい。

ピアbandai

そして、また街の中心の方へ。ひたすら歩く。途中、「被災地支援」のステッカーを貼った作業車が何台も連なって通っていった。新潟からも応援がでているのだな、と感動。がんばれ。

そして古町へ再度行き、和菓子を買いつつも、昨日行った「古町糀製造所」へ。

古町糀製造所

古町糀製造所

また来てしまった・・・・。今回はきな粉と柚子。癒しのひととき。

晩御飯は駅の近くの「翔ぶが如く」にて。ここは奥さんのお友達のおすすめ。酒の種類も豊富。早速、魚いろいろと、麒麟山 辛口、〆張鶴 雪、そしスワンレイク アンバー。満足。

帰りにコンビニにより赤十字に寄付。TVをあまり見れていないので、状況がわからないのだけど、一刻もはやい復興をと思う。

今日は休日を取得し、新潟へ。週末の「新潟 酒の陣」が目的。

朝早くに東京をでて、新潟へ。もちろん途中は新幹線の中で駅弁。

そして、新潟に着くと、、、、、雪。大雪!ぼたん雪!

着くと、大雪!

でも目指すホテルは駅から徒歩圏内なので、雪の積もった歩道をすすむ。スーツケースがに雪がひっかかりすすみずらいが、そんなことはとりあえず気にしない。

着くと、大雪!

一旦チェックインするもまだ部屋に入れないということで、荷物だけ預け、街を散策。萬代橋を渡り、中心街へ。NEXT21の展望台へあがるも、雪で何も見えないので、降りて西堀通りを散歩。

すると、さすが新潟、Albirexカラーのローソン発見!

Albirexカラーのローソン

そして、お腹もすいてきたので、本屋で少し店を調べ、新潟ラーメンで有名な中華麺の三吉屋へ。本当は須坂屋のへぎ蕎麦を食べたかったのだけど、中心街の方にある店は無くなってしまったらしく、いくら探しても発見できなかった。

さて、三吉屋は1957年から続く老舗。新潟を代表するあっさり味ということで決定。中に入ると、昼をとうに過ぎているのに、比較的混んでいてびっくり。早速注文した中華麺はこんな感じ。

中華麺の三吉屋

実にあっさりでおいしいー。普段はこってりラーメン派だけど、ここのは本当においしかった。

そして、古町の通りへ。ここの通りを歩いて見てびっくりしたのは、本当におしゃれな店が多いこと。古町は通り沿いに神社がたくさんあることで有名らしいのだけど、そんな町並みにとけこむ形でおしゃれな店舗の洋服屋やカフェ、和菓子屋がある。

中央の通りからのびている小道もここの特徴らしい。いずれも風情があり、こんな風情のある道があるかと思えば、

Streets of Niigata

こんなアナーキーな道も。

Streets of Niigata

そして、ここで、今回の旅行で一番重要なお店との出会いが。それがこちら、「古町糀製造所」。

古町糀製造所

もともと東京で働いていた方が、日本酒、醤油、味噌などの蔵をたずねるうちに、糀のすばらしさに気付き、ここ新潟ではじめた糀ベースのドリンクやアイスのお店。

店内では、少人数だけど、座って暖をとりながらドリンクが飲めるスペースがある。

メニューはこんな感じで種類が豊富。

古町糀製造所

今回は糀あずき、奥さんは糀生姜を注文。これが、うまーーーーい!甘酒というよりはお汁粉に近いのかな?でもちょっと違う。すごくやさしい味。東京に進出しないかなぁと思いながら店を後に。

通りをそのまま進み、突き当たりにある白山神社へ。雪の中の神社、なかなか身が引き締まる気分がして綺麗だ。

白山神社

午前中の雪はやみ、早くも陽がさしはじめている。

白山神社

せっかくなので、御参り。

白山神社

帰り道、通り沿いにこんな不思議なオブジェも・・・。これ、よくよく考えると怖い・・。

DSC_5970

充分に古町を堪能し、町の中心にもどっていたところで、突然、大きな揺れが。丁度十字路にいたのだけど、信号はゆれるは、電柱も揺れるは、で大変な自体。人々の店から出てきて、不安な表情。しばらく続いたこの地震に酔ったとおもったあたりで、揺れはおさまり、街は平常に戻った。

ところが、その後、ローソンの前のテレビにて、大地震だったことを知る。太平洋側には津波の可能性があるとのこと。

嫌な予感がするので、一度ホテルへ。ホテルに戻ると、当然のごとくエレベータは停止中。部屋は12階なので、ホテルに人と一緒に階段で部屋へ。かなり辛いが、すれ違った、客室のリクエストにこたえるべく氷を持ってあがっているベルボーイの人とかを見ると、文句もいえない。大変。

そして、部屋に到着し、TVをつけると津波の映像。これにはびっくりし、ただならぬ状況なことをはじめて理解。さらに続いて、余震。しかも頻繁。これには参った。ニュースでは新潟震源の地震もあったとのこと。しかし、窓から見る市内はいたって自然。とりあえず新潟市には被害がないようだった。

そして、そんな不安のなか、陽が暮れた。

DSC_0245

夜になりお腹もへってきたので食事に出ることに。市内は通常通り。せっかくなので、新潟市で展開している、「極み」という地魚を含む特上握り十貫のセットを食べに、駅前にある富寿しへ。ここは奥さんの友達のおすすめ。

地震後なので人が少ないかと思いきや、ほぼ満員。でてきた「極み」はこれ。

極み@富寿し

極み@富寿し

地魚の握りは、のどぐろ、せいかい、つづのめ。

さらに追加で女池菜のおひたしと、南蛮エビの握り、目鯛の握りを注文。
南蛮海老がうまかった!!!
お酒は生酒の「ポタリポタリ麒麟山」。

せめて夕食だけでも満足し、あとはホテルにて不安な夜をすごした。電車はもちろんまだ動いていない。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事



このアーカイブについて

このページには、2011年3月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは旅: 2011年2月です。

次のアーカイブは旅: 2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。