旅: 2012年6月アーカイブ

朝方、ガサゴサする音で目がさめる。どうやら鳥が近くで暴れている様子。どんな鳥だろうと思い、テントから顔を出すと、目の前に居た鹿の群の中の雄鹿と目があった・・・・。しかも相手は目をそらさない!しばらくして、ゆっくりと群を引き連れて離れていった・・・。さすがYosemite。朝からハプニング。

キャンプサイト前の草原

キャンプサイトの朝

さくっと朝食を食べ、コーヒーを飲んで最終日の旅に出発!

朝ご飯

昨日はYosemiteの南側をメインに見たので、今日は北側。Tioga Roadの山道をひた走ることに。

まずはじめに寄ったのはOlmsted Point。氷河で削られた谷のを一望できる絶景ポイント。

Olmsted Point

Olmsted Point

この場所も巨大な岩なのだが、氷河の爪跡の筋がいくつも走っている。

Olmsted Point

そこから少し走ると、青い綺麗な湖、Tenaya Lakeが見えてきた。

Tenaya Lake

水もすごく綺麗!

Tenaya Lake

天気も最高だったので、ついついここでのんびりと。浜の切り株に座り、太陽の光を浴び、カヤックで漕ぎ出す人々をぼーっと眺める。

Tenaya Lake

そしてさらに北東にすすみ、Tuolumne Meadowsへ。ここはハイキングしたかったけど、時間もなく断念。このすぐ前のVisitorCenterにあるバーガー屋で昼ご飯。

Tuolumne Meadows

Tuolumne Meadows

さらにさらに、公園の東の端まで行くべく進む。もちろん、朝に引き続き、鹿にも遭遇。実に雄大。

DSC_1603

DSC_1605

川も流れている。水が澄んでいるなぁ。

DSC_1606

気づくと、公園の東端のゲートに等到着していた。せっかくなので、ゲートを抜けて、Inyo National Forestへ!まずは、Tioga Lake.

Tioga Lake

Tioga Lake

そして岩。岩山に沿って、真横に道が走っているのがわかる。

Inyo National Forest

Inyo National Forest

Inyo National Forest

どうせここまで来たのなら、Mono Lakeまで行って奇岩TufaTowerをみよう!ということになり、またまた北上継続。

そして到着した場所は別世界。水中で成長した石灰の柱が水位が下がり地表に出てきたらしい。そして、そもそもこのMono Lakeの塩分濃度は特別で、ここにしか生息しないハエとエビのみがその生態系らしい。

Tufa Tower, Mono Lake

Tufa Tower, Mono Lake

Tufa Tower, Mono Lake

波打ち際にいくと何か黒い帯があるので、よく見てみると、上記のハエの大群。しかも波打ち際全てにその帯が広がっていると言う凄まじい光景も見る事ができた・・・。

Tufa Tower, Mono Lake

Tufa Tower, Mono Lake

Tufa Tower, Mono Lake

これにて3日間のYosemite旅行も終了。あとはひたすらドライブをするのみ!東のゲートから入る、再び西のゲートから抜ける。

途中で、行きに気になったけど寄れなかったViewPointに急遽寄って見ると、ここからの景色もまたすごかった。

Great view from US-120

Great view from US-120

Great view from US-120

Great view from US-120

しかも、ここに地元の高校性っぽいのがたまっていて、この景色を見ながらギターを弾き鳴らしていて、それがとても様になっていた。

Yosemiteのロッジに泊まる、Yosemite内のキャンプ場に泊まる、Yosemiteでハイキングをするという3つの目標を果たせた上に、最終日は全く予想をしていなかったすばらしい景色を見る事ができ、大満足。正直、Yosemite Village近辺や南側よりも、北のTiogaRoadの方が楽しめたし、また、次回はTioga Road沿いのBackCountryのキャンプ場でキャンプをしたいと言う目標ができた。

今回の宿泊地に選んだのは、Crane Flat CampgroundというYosemiteのやや西の端の方にあるキャンプ場。いろいろと調べていて、なかなか中心にあるキャンプ場の予約がとれなかったということもあるけど、ここは静かという評判もあり、ここにすることにした。

道から少し入り、受付をすませ、いざ予約していたキャンプサイトNo.228へ。

今回のキャンプサイト

まず、キャンプサイトの前には何も無いので、人目を気にしなくて良い。

キャンプサイト前

さらに、サイトで確認していた通り、道から少し奥まったところにサイトがあるのも最高。

入り口からサイトを見る

そして、サイトのファイヤーピットやテーブルの前は草原!逆側には人もいないので、完全に自然の中にいるかのような気分になれる。

キャンプサイトの前は草原

全体としてこんな感じ。

キャンプサイト

予想していた(そして評判としてかかれていた)傾斜もとくに問題はなく、平らな場所を発見できたので、早速テントを設置。

テント設置完了

そして椅子とテーブルを設置し、まったりとご飯の準備。ソーセージと野菜のグリルをワインを飲みながら調理。

食事中

ソーセージと野菜

今回の奥さん特製の秘密の一品は"ワイルドな感じ"と言っていた通り、牡蠣の薫製の缶詰、ナンプラー/チーズグリル!うまい!

今回の秘密の一品

他にも、アスパラ、空豆、芋、リンゴ。

アスパラ

芋と空豆とリンゴ

奥さんは手作り桃ワイン。

DSC_1519

火と食事とワインと。ゆっくりと時間は流れ、あたりも徐々に暗くなった。

DSC_1521

デザートの焼きリンゴを食べ、お腹いっぱい。

焼きリンゴのシナモンがけ

DSC_1542

そろそろ寝る時間かな、と思ったが、その前に星空の撮影。今日の星空もなかなか。

星空

熊が来ないように、食べ物やにおいのするものは全て仕舞い、あと、「熊に襲われませんように!」と祈りながら眠りに着いた。

---------------------------------------
Crane Flat Campground
http://www.nps.gov/yose/planyourvisit/cranecamp.htm


View Places in US in a larger map

2日目!今日もいい天気。ホテルの駐車場から見えるYosemite Fallがこれまた素晴らしい。

DSC_1394

この時期、やはり少し水は少なめ。

DSC_1396

さて、本日はハイキングがメイン。いろいろと悩み、レンジャーにも話をしてみた結果、一番有名なMist Trail (Vernal & Nevada Falls Trail)にすることに。若干、寝坊し、少し遅めのスタート。

バスでHappy Islesまで行き、そこからハイキング開始!

DSC_1397

川を横にみつつ、しばらく舗装道の登りが続く。

DSC_1405

DSC_1408

ミストトレイルの看板を過ぎしばらくすると、未舗装の道に。

DSC_1422

そしてひたすら登る。

DSC_1424

そして、そろそろかと思う頃に、滝が目の前に姿を現す。

Vernal Fall

春先ならばさらに水量は多いのだろうが、これでも十分迫力がある。

Vernal Fall

みんながここでのんびりと一休みをして、滝の水しぶき(霧)を浴びる気持ちもよくわかる。

Vernal Fall

Vernal Fall

Vernal Fall

とはいえ、ここで休むのではなく、せめて滝の上に行きたいので、先に進む。
ちょっとした崖を通り、滝のある岩の上へ。

DSC_1444

DSC_1447

ここからの景色がまたすごく良い。いままで登ってきた道も見える。

DSC_1449

滝つぼを見下ろす。

above vernal fall

そして、この滝の上流には、流れのとても緩やかな川があり、皆、この川の岸辺で昼ごはんを食べていたので、我々もそうすることに。
いやー、本当に最高。完全にリラックス。

DSC_1463

DSC_1459

そして奥に見えるのがNevada Fall。あそこまでは行ってみたかったが、時間もちょっと厳しいので、ここで断念。

DSC_1465

でもここまでこれれば十分。次回はテントでも担いでこようかな。

下り道では、非常に様になる場所でポーズをとっているリスに遭遇。意識している?

DSC_1473

そしてふもとに到着。実に充実。Nevada Fallに行かなかった分少し時間があったので、ホテルの前のLower Yosemite Fallにも行ってみることに。出だしは綺麗な小川から。

DSC_1475

森の中を通り滝の方向に歩く。

DSC_1477

途中、Lowerではなく、Upperの方が見えた!

DSC_1479

そしてLower Yosemite Fallに到着。

DSC_1481

DSC_1482

すごく短いトレイルなので、こちらも楽しむことができた。少し引いてみると、UpperとLowerの両方を一度に見る事ができる。

DSC_1490

さて、今晩はYosemiteの中でキャンプ!クーラーボックスの中もまだ無事に冷えていそうなので、安心しつつキャンプ場へ。

夏で陽が長いこともあり、なんとか日が沈む前に、Glacier Pointに到着。

駐車場に車を停め、少しのぼり坂を歩くと絶景ポイントにたどり着く。

目の前のHalfDomeとその右にあるNevada FallとVernal Fallがなんとも言えず美しい。雲一つ無い真っ青な空、そして遠くに見える山々。これは綺麗な夕焼けが見えるにちがいない。

Evening at Glacier Point

逆側をみるとこんな感じ。

Evening at Glacier Point

Evening at Glacier Point

他にも多くの人々が集まり、夕日に赤く染まる瞬間を待っている。一番前ではパーク・レンジャーによる山や滝の解説。これがこのあたりの伝説や史実を交えながら語られ、聞いていてとても楽しかった。

Evening at Glacier Point

HalfDomeがまさに目の前に。

Evening at Glacier Point

そして時間が経つとともに、徐々に山々の頂きのみが照らされるようになる。

Evening at Glacier Point

Evening at Glacier Point

Evening at Glacier Point

Evening at Glacier Point

短い時間ではあったけど、静寂につつまれた贅沢な時間。そして、藍と紫の層だけが残った。

Evening at Glacier Point

この後もしばらくここでのんびり。星が出るのをまったが、今回は月で空も明るく、また日が暮れてからの寒さもあり、断念。暗い山道をひたすら下り宿へ。

----------------


View Places in US in a larger map

もともとは両親がこのタイミングで訪米する予定であったのだけど、もろもろの事情でこれなくなり、せっかく予約したヨセミテの宿がもったいないので、行くことに。

早朝にSFを出発。Redwood国立公園に比べるとはるかに近くに感じ、あっという間に到着。

DSC_1240

園内に入ってからは、見どころ要所要所で停まりながら一泊目の宿のあるヨセミテバレーを目指す。

まずは絶景その1。いきなりこの景色に圧倒される。すごい。巨大な岩と下をながれる川、そして森。

DSC_1245

ここから見える谷がまさにヨセミテバレー。これからここに行くのだ。気配を感じさせないが、両側に車道があるのがわかる。

DSC_1248

そのまま進むと、まさにバレーの底につく。バレービューで一休憩。ここからはエルキャピタンとブライドル・フォールをみることができる。

DSC_1265

DSC_1261

この、山々に囲まれた場所に流れるゆったりとした時間。

DSC_1267

とにかく天気も良く気持ちいい!来てよかった!

DSC_1272

長距離ドライブでお腹がすいてきたこともあり、バレーで一番のリゾートホテル、Ahwahnee Hotelでランチを食べることに。とても予約は取れないので、せめて昼ごはんだけでも。(とはいえ、DiningではなくBarだったのだけど。)

Ahwahnee Hotel

自然に囲まれた歴史のあるロッジ。そしてここで運命の出会いが。写真を撮っていなかったのが悔しくてしょうがないのだけど、このホテルのビールで煮込んだPulled Porkが絶品すぎてびっくり!

Ahwahnee Hotel

一緒に頼んだtacosもおいしかったけど、pulled porkの圧勝!もちろん園内にはリスもいて、食べこぼしをこんな感じで拾いに来てしまう(もちろん餌付けは禁止)。

Ahwahnee Hotel

最高級というだけあり、内装も豪華。

Ahwahnee Hotel

Ahwahnee Hotel

一方で、我々はここではなくもっと行動しやすいところで、ということでYosemite Lodgeに宿泊。でもちゃんとYosemite FallがみえるFall Viewの部屋。

A view from Yosemite lodge terrace

荷物を部屋に置いたら、急いで出発。今日は園内の南側を探索することに決定。途中、Tunnel Viewでバレーをみつつ、遠くのBridalveil FallとHalfDomeを確認。

DSC_1304

そして向かった先は、巨大な木、メタセコイアの森が広がるMariposa Grove。ここでは、トラムで行くツアーの最終便に見事に間に合い、いざツアー開始!

DSC_1312

高さは以前に行ったRedwood国立公園のRedwoodの方が高いのだが、太さはセコイアの方が上。また、木そのものが丈夫なので、木が死ぬのは落雷などで燃え尽きた時か、自重に根が耐えきれなくなって倒れたときのみとのこと。

まあ、とにかく、スケールがでかい。

DSC_1315

DSC_1319

途中、一休憩する場所があり、そこからは歩いて戻ってもいいし、そのままトラムで戻ってもいいとのことだったので、せっかくなので、セコイアの森を歩いて探検することに。

DSC_1326

園内最大のGrizzly Giant。推定樹齢2700年。写真では分かりにくいが、上の方の枝で、そのあたりの幹程度の太さがある。

Grizzly Giant

Grizzly Giant

散歩の途中には、リスや小さなネズミにも遭遇。

DSC_1346

DSC_1342

そして、締めくくりは、この倒木と根。スケール感が本当にすごい。

DSC_1348

最後のツアーということもあり、ビジターセンターによれなかったのがちょっと残念。

Mariposa Groveで森を堪能したあとは、今日の夕日ポイント、Glacier Pointへ!
(次のエントリーに続く)

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2012年6月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは旅: 2012年5月です。

次のアーカイブは旅: 2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。