本: 2006年12月アーカイブ

カラマーゾフの兄弟 (上)   新潮文庫
ドストエフスキー 原 卓也
新潮社


ドストエフスキー 著、原卓也 訳の「カラマーゾフの兄弟」を読んでみた。

「私が知らないスゴ本はきっとあなたが読んでいる」で、”ダントツ”、”最強の読書体験を約束する”と書いてあり、それなら、一度ぐらい読まなきゃ、と。

帯に「上巻読むのに1ヶ月、中巻、下巻は3日で一気に読める!」のようなことがかいてある通り、上巻は1回途中で挫折した・・。まず、ロシア人の名前になじみがないためか、登場人物がだれが誰なのかが、わからなくなり(そのうち愛称でしか出てこなくなったり・・)、さらに、物語の方向性を失ってしまった。
2回目は割りとスムーズに。たしかに、中巻、下巻はすさまじい盛り上がり。

でも、全部読んでの正直な感想は、そこまでダントツでもないかな、と。確かに後半の裁判のシーンはすごいし、話の内容も、突拍子もない。でも、最近の本ではこれを越えているものもある気がした。2部構成でありながら、1部の途中でドストエフスキーが亡くなってしまい、未完で終わっていることもあるのかもしれない。(小説の中では1部は”前置き”だみたいな事を言っているので・・。)

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事



このアーカイブについて

このページには、2006年12月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは本: 2006年5月です。

次のアーカイブは本: 2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。