本: 2007年2月アーカイブ

M/Tと森のフシギの物語
大江 健三郎
講談社

初の大江健三郎の小説。思っていたよりも難い内容ではなく、楽しめた。
大江健三郎が幼少の頃に育った村で祖母から語り継がれた話を文章化したものということで、昔話と歴史小説色が強いのだが、それが最終的には命の交代というテーマに引き継がれる。昔話も面白く、かなり楽しめた。
名前のみで知っていたが、いっぱい賞をとっているんだね。他のも読もうかと思う。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事



このアーカイブについて

このページには、2007年2月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは本: 2007年1月です。

次のアーカイブは本: 2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。