本: 2007年10月アーカイブ

対岸の彼女
対岸の彼女
posted with amazlet on 07.10.30
角田 光代
文藝春秋 (2004/11/09)


読む前は、機内での暇つぶし程度にしか考えていなかったけど、読みはじめたらとまらなくなり、到着地の時間に合わせて仮眠を取ることも忘れ、一気に読みきってしまった。

とても切ないけど、希望をもてる話。個人的には、いわゆる邦画に近い雰囲気を感じた。完全なハッピーエンドではなく、後に、読者に考えさせる余白を持った終わり方。

いしいしんじ氏の「プラネタリウムの双子」以来、久々に何度も読み返したくなる小説。「花とアリス」もそうだけど、こういった設定の話が好きなのかも。それにしても、角田光代は「だれかのいとしいひと」などいい小説が多いなぁ。

割と女性的な感性でとらえているものが多そうだけど、それが自分にマッチしてしまうのも、なぞ。

「ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも、ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと出会うことのほうが、うんと大事な気がする」というセリフには、(個人的には)すごい説得力があると思う。

ドラマになり、DVDもでているらしい。

探偵ガリレオ (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 (2002/02)

ライト感覚で読めるミステリー。なんとなく、「トリック」にも似たノリを感じる。
続編の「予知夢」は暇なときに呼んでみようかな・・・。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事



このアーカイブについて

このページには、2007年10月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは本: 2007年7月です。

次のアーカイブは本: 2007年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。