本: 2008年4月アーカイブ

「生首に聞いてみろ 」
法月 綸太郎 (著)

初の法月作品。”「このミス」1位、本格ミステリ大賞受賞作”という帯にひかれて購入。
個人的にはちょっといまいち。なかなか予測はできない展開だけど、なんか”読んだ感”がいまいちない。というのも、ぼんやりとミステリーが始まるからかなぁ。

だめだ、この作家さんとはちょっとあわないのかも。

どすこい。 (集英社文庫)
京極 夏彦
集英社
売り上げランキング: 88597

「どすこい。」
京極 夏彦 (著)

京極夏彦にしてはめずらしい、パロディ短編集。「パラサイト・デブ」「すべてがデブになる」「土俵(リング)・でぶせん」など力士とデブに終始徹しているのがいさぎよい。最後の漫画もよい。

小説としては、それぞれ当たりはずれがあるけど、結果的に各短編が微妙な関連性を持ってつながっているのもついつい読み進めてしまうポイント。

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫) (文庫)
森 博嗣 (著)

日本を出る前にいくつか本をかって行こうと思い、そのときにちょうど「スカイ・クロラ」がアニメ化みたいなことが書いてあったので、ちょっと森博嗣に注目。で、まずはデビュー作で第1回メフィスト賞を受賞した本作から読んでみようかなぁと購入。

軽い気持ちで読みはじめたけど、なかなかどうして、一気に最後まで一日で(しかも頭が痛い中)読んでしまった。なかなかの傑作。そういう手か!と最後まで予測がつかないトリック。ほかのも読んでみたくなった。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2008年4月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは本: 2008年1月です。

次のアーカイブは本: 2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。