本: 2008年7月アーカイブ

邪魅の雫 (講談社ノベルス) (新書)
京極 夏彦 (著)

日本出張の間に読んだ、京極夏彦の京極堂シリーズ8作目。なるほど、いままでとはちょっと異なる展開。ただ、今作は個人的にはちょっとダルく感じてしまった・・・。江藤と大鷹の心理描写がちょっと長いのではと思う。もしかしたら半分時差ボケの中読んでいたのもあるかもしれないけど。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事



このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは本: 2008年6月です。

次のアーカイブは本: 2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。