本: 2009年1月アーカイブ

 第一章 水と緑のランドマーク都市 ストックホルム
 第二章 スウェーデン人の心の故郷 ダーラナ地方
 第三章 深い自然が物語を育てる 中南部地方
 第四章 外洋に開かれた国際都市 ヨーテボリ
 第五章 太陽の恵みと実りの大地 スコーネ地方
 第六章 オーロラの舞う北の大地 北極圏/ラップランド
 第七章 旅の便利帳

「地球の歩き方」などとは少し異なる視点でスウェーデンの概要を知ることができる1冊。「地球の歩き方」はホテルやレストランなど中心で、スウェーデンに関してはストックホルムがメインで他に解説している都市は少ないのだけど、この本は割と小さな都市まで写真付きで解説しているので、楽しめるし、大まかなイメージがつかめる。逆に、ちゃんと役立つ地図はほぼ収録されていないので、「地球の歩き方」を持った上で2冊目として持つといいかも。

若干割高なのと、少し情報が古いのがちょっと欠点。Systembolagetでは酒は1本以上買えます(笑)。というか、1本しか買わない人はまずいない・・・。

前回の出張で購入した、2008年本屋大賞「この文庫を復刊せよ!」ということで、面白そうだったので。

タイムマシンをめぐる、タイムトラベルミステリー。昭和45年に書かれているのだけど、現代でも充分に通用する面白さ。「Back to the Future」の数倍の濃さと不思議さ。様々な登場人物がでてくるが、読んでいくと徐々にそれらは皆、タイム・パラドックスで繋がっていることがわかり・・・。

後味がとても不思議。
でも、結局「先生」は誰だったのだろう??

他の作品もそのうちに。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2009年1月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは本: 2008年12月です。

次のアーカイブは本: 2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。