の最近のブログ記事


先日デザインのところに行った時、ミーティングの合間に時間があったのでそこら辺にある本を眺めていたところ、この本を発見。人体やあらゆる動植物、宇宙、飛行機、建築、楽器と、様々なものの分解図がのっていて、それぞれにパーツの名前がちゃんとのせてある。徹底していろいろなものを分解していて、そのすごさに感動。即効で買うのを決意。

ところがいろいろと調べるうちに絶版であることが発覚。Yahooブックスによると、重版も未定。Amazonでみたら、運良く1冊ユーズドで出ていたのですぐに購入。ユーズドなのに低下よりちょい安ぐらいだったが、これの古いバージョンのきれいなやつが10000円の値段がついていることを考えるとお得かな、と。

是非とも自分の子供に読ませたい一冊。

ベルセルク  29巻
ベルセルク 29 (29)
posted with amazlet on 05.10.02
三浦 建太郎
白泉社 (2005/10/29)

やっと発売になった。
しかし、今回の内容は比較的穏やか。
人物関係に焦点を当てた感じ。
しかし、次の巻ではやばいことがー!

でも、それが発売になるのは2006年の春・・・。

電子ゲーム70’s & 80’sコレクション
厚木 十三 水崎 ひかる
オークラ出版 (2000/02)

最近、レトロゲームをいろいろと調べていて、ノスタルジーにひたっており、昔に買ったこの本をまたみた。カセットビジュン、光速船、ATARI2600、ファミコン等のいわゆる「ビデオ・ゲーム」も乗っているが、この本の主軸は「LSIゲーム」「LCOゲーム」等のいわゆるポータブルな昔のレトロゲーム。ゲームウォッチとか、TOMYの”PUCKMAN”とか。とにかく懐かしいし、みていて面白い。ファミコンの「オールナイトニッポン スーパーーマリオ」(キャラがオールナイトニッポンのDJらしい・・・)とかってあったんだ。

海辺のカフカ (上)
海辺のカフカ (上)
posted with amazlet at 05.06.05
村上 春樹
新潮社 (2005/02/28)

2冊連続でよんだ。読んでいて途中で止まらなくなったので、すごく面白かったのだが、なぜか、後に残っていない。内容は思い出そうと思えば思い出せるのだが、どうも心に残らなかったようだ。個人的には村上春樹はやっぱり「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」が一番な気がする。

本日、池袋のLIBROにて、なつかしの本を発見!

チョコレート工場の秘密
R・ダール Q・ブレイク 柳瀬 尚紀
評論社 (2005/04/30)

小学校の時に大好きだったRoald Dahlの「Charlie and the Chocolate Factory」の最新の日本語訳版。この小説は、1971年に映画になり、そのDVD「夢のチョコレート工場」も持っています。こちらはWillyWonkaになっていますが。

で、これがどうやら今年再度映画化されるらしい!しかもティム・バートン監督で、ジョニー・デップ主演。これはヤバイ。見るべし。

小説には続編があり、「Charile and the Great Glass Elevator」、日本語版は、「ガラスのエレベーター宇宙にとびだす」というもの。

その他、「おばけ桃の冒険」というのも面白い。
これも映画化されていました。「ジャイアント・ピーチ」。こちらもティム・バートン製作。

全部もう一度よみたいな。

ちなみに、その後、WillyWankaブランドのお菓子が登場し、ファンクラブのようなものに入ると、発売前にそのキャンディーをくれたりしていました。サンフランシスコに行った時には、NERDSを食いました。

ChoosingDeath.jpg

DeathMetalとGrindCoreの歴史を書いたCHOOSING DEATH: THE IMPROBABLE HISTORY OF DEATH METAL & GRINDCOREという本が出たらしい。オフィシャルサイトはこちら

情報:The Metalist Webzine

で、これを調べていて気づいたが、Amazon.comの本のコーナーってすごい。表紙や裏表紙のブラウズはもちろん、中身の抜粋やらもできる。これ、かなりよい。

で、一応オフィシャルサイトから、その中の抜粋したページをダウンロードしたところ、NapalmDeathの昔の写真とかがいっぱいのっており、かなりそそられる。”買い”かも。NapalmDeathHistory冊子もDiscUnionでもらった。

で、なんで、突然こんな話題を書いているかと言うと、最近NapalmDeathの新作を買ったのだが、これが以外によい。4人編成に戻り、RAWな感じがでている。Gauzeの”Crash the Pose”カバーもある。ちゅうか”くいちらせ、くいちらせ!”ゆうてる。気になるのは、輸入版のEnhanced2枚組み。Disc1とDisc2は何がどう違うのか?

あと、1989年、1990年のライブを収録した”TheDVD”もよさげですな。

Stanfordの本屋で買った本。


Heaven & Earth: Unseen by the Naked Eye (PHOTOGRAPHY)
David Malin D. Mallin Phaidon Press Amanda Renshaw
Phaidon Inc Ltd (2002/09/01)


めくるめく世界が展開されており、クラクラする写真集。裸眼ではみることのできない世界を写真で紹介。ミクロな世界から始まり、地球の衛星写真を経由し、星に行き、最終的には、ハッブル望遠鏡がとらえた、数千の銀河が見えるDeepSpaceを写した写真へ。かっこよすぎる。$16.99とお得だった。

10th Anniversary PlayStation & PlayStation2 全ソフトカタログ スペシャルセーブデータコレクション
電撃PS2編集部
メディアワークス (2005/02/04)
売り上げランキング: 36
通常24時間以内に発送


というとんでもない本があった。これなんか欲しい・・・・。
NAMCO大辞典を思い出す。

オーデュボンの祈り
オーデュボンの祈り
posted with amazlet at 05.02.10
伊坂 幸太郎
新潮社 (2003/11)
売り上げランキング: 2,044
通常24時間以内に発送


鴨とアヒルのコインロッカー」が面白かったのでかってみたら、こちらも面白かった!いい具合のファンタジー加減で、ラストはスカッとします。重力ピエロも読みたいな。


冷静と情熱のあいだ―Blu
辻 仁成
角川書店 (2001/09)
売り上げランキング: 10,452
通常24時間以内に発送


昨年、出張に行く前に空港で暇つぶしに江國香織の「冷静と情熱のあいだ-Rosso」を買った。これがなかなか読めたので、辻さんのも購入。全体がやっとつかめるのだが、個人的にはラストがちょっと納得できず。

今後買う予定の本をメモ。

戸梶圭太「自殺自由法」 
  以前に読んだ「The Twelve Forces―海と大地をてなずけた偉大なる俺たちの優雅な暮らしぶりに嫉妬しろ! 」が面白かったので、チェック。

Blog Hacks

iPod & iTune Hacks

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは映画・演劇・映像です。

次のカテゴリは珈琲です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。