音楽・雑音・音色: 2005年6月アーカイブ

2005/6/26
[ Medical Error #668 ]
Solmania
Churuch of Misery
Teresa 11
dot(.)
Su19b
Songs From Thousand Downfall
@新宿ClubDoctor


DSC01255.JPGDoctorに着くと、ちょうど Songs From Thousand Downfall の最後の方だった。ドローン系でグイングイン音がまわる感じ。最初からちょっと観たかった。次がSu19b。個人的には今回はラスト2曲がよかったなー。てらぶーは3回目のライブらしかったが、いい感じでした。気持ちのいいうねりの中、ビールのみまくり。(Su19bの写真は他にももう何枚かFlickrにあげておいた) 次が dot[.]。重重遅遅でせめまくり。前回観たときはヴォーカルがあまりない印象を受けたけど、今回はフィードバックかかりまくりのヴォーカルが鳴っていた。以前に対バンしたときとは、ドラムとベースが変わっていた。

DSC01265.JPGそして、その後ははじめて見る Teresa 11。ハープ+ヴォーカルで宇宙的なサウンドを披露。生ハープ演奏を始めてみたこともあり、かなり楽しめた。個人的には、やはり、バックの曲も全部生演奏だったら、もっとすごかったろうなーと思った。世界感充分なすごいバンドでした。そんなところで、ちょっと用事があり、今日は帰宅。Church Of Misery と Solmania はみることができなかったが、あとからきいとかんじでは、Church Of Misery はかっこよかったらしい。今回のライブの客層は全体的に落ち着いた感じだった。

DSC01273.JPG

Alaya VijanaII
Alaya VijanaII
posted with amazlet at 05.06.20
アラヤヴィジャナ
High Contrast Recordings (2005/05/04)

CDに付属のラベルより。
「シタール+タブラ+ホーメイ+イギル+マリンバ+アラビックパーカッション+ベースが織り成す、既存の音楽をはるかに置いてけぼりにした、NOTワールドミュージック、アンチ癒し系、リスペクト・ヘヴィーメタルな、カラフルでヴィヴィッドで、超絶グルーヴィーでなぜかポップな解説不要サウンド!」
まさに、そのとおり。よい!ライブ観たい!
ちなみに1stアルバムはUAがメロディーを奏でており、よい!

Sonar for life
Sonar for life
posted with amazlet at 05.06.20
deepsea drive machine
インディペンデントレーベル (2005/05/18)


1stアルバムでは、Strobo系の人力トランスバンドだったが、今回は、その要素も残しつつ、ヴォーカルも入った。個人的には前の方がすきかなー。大手レコードショップで買うと、ボーナスCDが付いてきます。

Key Free
Key Free
posted with amazlet at 05.06.20
CALM presents K.F.
インディペンデントレーベル (2004/11/26)


うぃるさんに借りたCD。Calmは前に「Ancient Future」を聴いたことがあったが、それよりもよい。ちょいアゲアゲ。安心して聴ける。

オクタヴァリウム
オクタヴァリウム
posted with amazlet at 05.06.20
ドリーム・シアター
ワーナーミュージック・ジャパン (2005/06/08)


Dream Theaterの新作。前のアルバムもそうだけど、落ち着いてきた感じか?

Opennature.gif

ちょっとしたきっかけで、最近ICCに言っていないなぁと思い、調べてみたところ、「Open Nature」という面白そうな催しをやっていた。ちょっと週末とか行って見たいな。Carsten Nicolaiの作品も出ることだし。ICCといえばやっぱり一番面白かったのは、無響室できいた作品。街中の音がずっとながれていくんだけど、最後にはそれが大音量のノイズに変化するやつ。体の中に音が染み渡り、作品終了後、無響室から出るときにフラフラした。あとは、MIT Media Lab のTagible Bitsかな。

電子アート(?)絡みの話だと、先日(6月9日)、SonyComputerScienceLabのオープンハウスがあったので、ちょっと行ってみた。内容はいろいろなサイトでレビューされているので置いておいて、その中の研究員の一人に、Atau Tanaka さんがいた。

名前を聞いたときに、どこかで聞き覚えがあるなと思ったら、2000年にICCでやった「Architettura」に参加していた人だった。このイベント、建築映像をバックに、電子音楽をパフォームするという感じの内容。比較的、地味んば感じだった。で、更に調べてみると、なんとArs Electronica 2002のGlobalStringを作った人だった。このArs Electronica 2002はNHKで特集がくまれていたからすごくよく覚えている。毎年AustriaのLinzで行われるこのフェスティバル、今年は9月1日から18日まで開催されるようだけど、一度は行って見たいな。

ついでに面白い物を発見。すごいメンツだね。

2000年 2月3日(木)
恵比寿みるく
FRIGO、秋田昌美、Zbigniew karkowski、Carsten Nicolai、i.d、Atau Tanaka、Jane Dowe

今年も行きます!

Metamorphose 2005

日程: 2005年8月27日(土)午後4時開場予定~8月28日(日)午前10時終了予定 
場所: 日本サイクルスポーツセンター(静岡県伊豆市修善寺)
出演者: GALAXY 2 GALAXY, TORTOISE, GREN VELVET (LIVE), GOLDIE, ANANDA PROJECT, DJ KRUSH, OUT HUD, ROVO, BOOM BOOM SATELLITES, ISOLEE, SEBASTIEN LEGER, MARCO BAILEY, HIFANA, QHEY, FUMIYA TANAKA, EYE, KAORU INOUE, KIHIRA NAOKI, DJ NOBU, DJ SHIRO THE GOODMAN, DJ BAKU and MORE TBA!
チケット発売日: 7月予定
1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2005年6月以降に書かれたブログ記事のうち音楽・雑音・音色カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは音楽・雑音・音色: 2005年5月です。

次のアーカイブは音楽・雑音・音色: 2005年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。