映画・演劇・映像: 2005年7月アーカイブ

B0006UU7HU.01.LZZZZZZZ[1].jpg

「NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 第6集」
出演:山崎努

いよいよ最終巻。われわれホモ・サピエンスになるまでに、おおよそ20種類の人類が誕生し絶滅してきた。その中でも、最も我々に近かったのがネアンデルタール人。彼らが絶滅し、われわれが生き残った鍵は、現状の仮説では、喉仏の位置にあり、位置が低いことでより高度な言語を話せたことにあったらしい。

最終章らしく、壮大なフィナーレで終わる。われわれは多くの絶滅した動物がいたから、今生きているのであると。

スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE

先日観たVOL.1に続き、VOL.2をみた。今回はGrievous将軍が大活躍。そしてこれをみると、確かにStarwars EpisodeⅢにつながる。Grievous将軍がなぜ咳き込んでいるのか、アナキンの右目の傷ができる経緯、パルパティーンが誘拐されるまでの話がえがかれている。満足。

スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE

EpisodeⅢをみたところで、EpsoideⅡとⅢをつなぐ話が気になり(実際Grievous将軍とかいきなりすぎるので)、これをみた。映画には出てこないアサージ・ヴェントレスという女性のダーク・ジャダイが出てくるのだが、これがかっこいい。二刀流。ダースモール並によい。

なお、STARWARS情報は、「スターウォーズの鉄人!」をみればのっています。ちゅうか、完璧にあらゆる話が網羅されています。

star_wars_revenge_of_the_sith_2[1].jpg

「STARWARS Episode Ⅲ -Revenge of the Sith-」
監督: ジョージ・ルーカス
出演: ユアン・マクレガー, ナタリー・ポートマン, その他

本日、ついに109シネマズ木場で「SW Ep.Ⅲ」を観て来た。Kohさんからデジタルシアターとそうじゃないところでは全く違う!という話をきいていたので、DLP Cinema なここにしました(DLP Cinama上映館)。ちなみにここ、ネットから予約できるうえに、座席まで確保してくれるのでその場で自分がどの席になるかわかり、非常にいいです。さらに、穴場なのか、SWが人気ないのか、公開してまだ1週間なのにガラあきでした・・・。
さて、実質STARWARS最後の映画作品。感慨も大きく、オープニングの文字が流れるところから鳥肌たちまくり。内容は書きませんが、見終わって、充実した映画でした。予想はできたんだけど、ジョージもいうように、アナキンの贖罪の物語を顕著に示し、哀しい内容でした。さらにいうと、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵと続いて行くので、エンディングらしいエンディングではないんだけど、”A New Hope”を示す綺麗なラストシーンでした。
ラスト20分ぐらいのムスタファーのシーンは、きつかったなぁ・・・・・。
ジョージも言っているけど、EpⅢを観たあとからでは、ⅣⅤⅥの物語のとらえかたというか、観かたががらりと変わる気がします。

# ちなみに、知り合いの方は、ジョージ(とその家族)と一緒に
# STARWARS EpⅢ をデジタルシネマで観て、さらに記念撮影を
# してきた模様。

NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 第5集 大陸大分裂 目に秘められた物語


「NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 第5集」
出演:山崎努

地球の温暖化によりそれまで小さかった広葉樹が進化し、幹の太い広葉樹が出現。隣の枝同士が重なる。このことで、当時、木の上での生活を主にしていた人類の祖先の哺乳類は、木から木へ移動する際に地面におりる必要がなくなり、急に繁栄を始める。

しかし、地球の大陸移動で、それまで南極にくっついていたオーストラリアとアフリカが、離れはじめる。これにより、南極の周りには地球の自転により生じた流れが形成され、暖流が流れ込まなくなり、急激に冷えはじめる。この結果、地球全体に生えていた広葉樹は、赤道近辺のみになり、再度食料をめぐる争いは激しくなる。

この戦いを生き抜くために、人類の祖先は、視力を進化。眼底を持つこととなる。視力を進化させることにより、小さな果実をより確実に見ることができるようになる。進化させた視力は、お互いの細かい顔の動きを見ることができるため、次に表情が進化。顔の周り表情をつくれる筋肉ができる。結果、お互いの表情を見せることで成り立つ集団=社会が形成されることとなる。

人類ってすごいなー。地球の大陸移動に翻弄されまくり・・・・。

最近見たい映画

■「メゾン・ド・ヒミコ
 ”ジョゼと虎と魚たち”の犬童一心監督の最新作。期待してます。

■「Island
 ディープな内容だけど、CMを見たらみたくなった。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2005年7月以降に書かれたブログ記事のうち映画・演劇・映像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは映画・演劇・映像: 2005年6月です。

次のアーカイブは映画・演劇・映像: 2005年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。