映画・演劇・映像: 2005年10月アーカイブ

dublin.jpg

■公演日程
2005/10/28(金)~11/13(日)
■作
後藤ひろひと
■演出
G2
■出演
片桐仁(ラーメンズ) 中越典子 橋本さとし 山内圭哉 中山祐一朗
及川健 八十田勇一 田尻茂一 トロイ 山中崇 平田敦子
土屋アンナ 姜暢雄 後藤ひろひと 池田成志 若松武史
■会場
ル テアトル銀座

ダブリンの鐘つきカビ人間」を観て来た。非常にいい質の笑いと、心温まるストーリーで、ものすごく楽しめた。ラストはかなりの感動。とても美しい話。片桐仁はまさに似合い役で、見ていて楽しめたし、せつなさもあった。ラーメンズの「採集」的なノリを感じた。前回の公演でのカビ人間役が大倉孝二というのも納得。しかし、違うものになりそうな気もするので見てみたいと思った。それにしても、ギリジンがかっこよい。あと、神父役の山内圭哉もとてもいい味ではまり役。中越典子も他に負けずにいい演技をしていたと思う。土屋アンナは、ライダースとパンツの間から見える腰のところのタトゥーがずっと気になっていた・・・。舞台全体として、動きのかなりある演出で、非常に迫力があった。いい席を提供してくれてありがとー!

今回のストーリー、その雰囲気が前にみた「人間風車」に似ているなーと思ったら、同じ後藤ひろひと作なことに今日気づいた。「人間風車」は俺のすごく好きな舞台のひとつ。以前の職場でM嬢にビデオを借りて見ただけだが、その話の展開や阿部サダヲのかっこよさにほれた。

帰りに、新橋の宮崎地鶏炭火焼きの店「」で夕食。地鶏のモモ、肝、ハツ、砂肝などの刺身や焼き丹波栗等を食べた。

さらに、帰りの三茶にてDragonAshのKJに遭遇。やたらかっこいい車でスーパーに来ていた。ここは以前に片桐仁に遭遇した場所。うーん、穴場。

gannsaku.jpg

NODA・MAP第11回公演「贋作・罪と罰」のチケットが明日発売となる。そんなことを昨日、渋谷駅の田園都市線の改札のところではじめて気づいた。行きたいなー。でも、明日はちょっとチケットを取るのは無理なので、e+でアタックというかんじかな。

松たか子は前々回の「オイル」で観たが、非常にいい演技をしていた。最初のあどけない感じのところから、ラストの鬼気迫るところまで。前回観た「走れメルス」はすごく難解で、とにかく言葉遊びの要素が多かった。個人的には、NODAMAPのベストは「カノン」もしくは「パンドラの鐘」かなと思う。「パンドラの鐘」は以前にTVで深夜に放送していたのだが録画を忘れてしまったので、是非、もう一度放送してもらいたい。そのために、俺の”おまかせ録画”にはキーワード”野田秀樹”が登録されているので。

鉄コン筋クリート (1)

「鉄コン筋クリート」が映画化されるそうだ。しかもハリウッドで。
平成19年公開。
うーん、はずれないといいなー。

好きな漫画のひとつなんだよなー。「ナンバーファイブ―吾 」も早く最後まで読まないと。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2005年10月以降に書かれたブログ記事のうち映画・演劇・映像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは映画・演劇・映像: 2005年9月です。

次のアーカイブは映画・演劇・映像: 2005年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。