映画・演劇・映像: 2009年7月アーカイブ

ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2009-09-11)

原作はアメコミらしく、なかなか面白かった。Rorschachの壊れぷりがよい。しかし、原作をしらなかったので、なかなか内容についていけずにとまどった。あと、なんかいまいちな結末は納得がいかず。

男はソレを我慢できない デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2007-03-09)


下北沢を舞台としたソープ建設をめぐるドタバタ劇。
竹中直人がいい!

あと、Original Idea: もりばやしみほ というもびっくり。

出演メンバーが豪華でなぜか中村達也が入っているのもびっくり。相変わらずのかっこよさ。

とてもとてもバカバカしいのだけど、それでいいじゃないか!と思わせる説得力がある。

寅さんへのオマージュ?

ディア・ドクター [DVD]
バンダイビジュアル (2010-01-08)
売り上げランキング: 91


「ゆれる」で有名な西川美和監督の作品。

笑福亭鶴瓶主演が意外にはまっていた。「ゆれる」同様に、不思議なストーリーと終わり方。こういう映画は好きだなぁ。

Pixsarの新しい作品。
ちょっとネタが尽きてきたのかな、という印象。
正直途中で眠りそうになてしまった。

"Giant Nordica"って、北欧の女性は銀髪のイメージがあるからなのか??

公式サイト:http://www.mon-eri.jp/

ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-07-24)


USへ向かう機内で観た映画。
以前からいろいろと評判になっているように、ドラゴンボールのハリウッド版
リメイクということで、中途半端に設定をぶち壊し気味。

悟空がチチのことを好きで、でも学校(!?)にはごつい喧嘩好きのチチの
取り巻きがいて、そいつらにいじめられているかなりKarateKid風の出だしがなんか、
すでに意味不明。

ブルマ・ブリーフという名前も、外人がかっこよくさらりというと、様になるもんだと
驚いた。

なんというか、世界観を壊すならもっと徹底的に壊してリメークした方が
よかったのでは?という感じ。

Kungsledenから戻ったその日に、Folketsparkにて「Nausicaä från vindarnas dal」、つまり「風の谷のナウシカ」を上映するということで、いつものピクニックセットを持っていざ出発。

間違えてPildamnsparkenにはじめ行ってしまい、人がいないなぁと思ってスケジュールを確認すると、Folketsparkだったということで。

いそいでFolketsparkにいくと、こちらまさに上映開始するところ。しかもかなりの人数。

椅子に座って見ている人もいれば、持参の敷物の上に寝そべって見ている人も。自由だなぁ。

今回は日本語音声、スウェーデン語字幕。

しかし、内容が難しいのか、終盤の方で帰って行く人が多くいた。いきなりアニメみてもやはりわからんよなー。ましてや、漫画版の長いストーリーの一部にしか過ぎないし。
その一方で、熱狂的なファンも何人かはいた様子。

家にもどり、ついついナウシカの漫画版をすこし読み直してしまった。

リトル・ミス・サンシャイン [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-11-07)
売り上げランキング: 1217

いまさらながら観たアカデミー賞4部門ノミネートの名作。
ダメダメな家族が結束して行く展開は、予想済みなのだけどとても面白い。

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2005-05-27)
売り上げランキング: 1582

行きの飛行機の中でようやく見終わった名作。
若き日のチェ・ゲバラが親友アルベルトとともに南米を横断する旅。
旅の中で何かが変わった後のチェのストーリーが見たい。
ラストのアルベルトの潤んだ表情が印象的。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2009年7月以降に書かれたブログ記事のうち映画・演劇・映像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは映画・演劇・映像: 2009年6月です。

次のアーカイブは映画・演劇・映像: 2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。