映画・演劇・映像: 2010年1月アーカイブ

ZeroFocus.jpg

公式サイト

松本清張原作、「ゼロの焦点」の映画化。
広末涼子、中谷美紀、木村多江という豪華な組み合わせ。
そして監督は「ジョゼと虎と魚たち」、「メゾン・ド・ヒミコ」の犬童一心!

内容的にもなかなか凝っており、映像も昭和の雰囲気漂う作りで楽しめた。エンディングの中島みゆきの曲がはまりすぎて怖い・・・。


公式サイト

機内でみた映画。
原作の漫画を読んでいなかったのだけど、「漫画の映画化」というジャンルの中では割と原作に忠実だという評判を呼んだことがあったので観てみた。

この作品、内容よりも何よりも、個人的には藤原達也に尽きる。
「龍が如く3」の力也の声をやったときも、まったく藤原達也の顔が思い浮かばないぐらいすごかったけど、今回も演技がいい!すごいね、この人は。

香川照之、松尾スズキ、松山ケンイチなど、豪華な出演陣もいい味を出している。

yazawa.jpg

公式サイト

飛行機の中で観た映画。

いままで矢沢永吉には興味があったものの、何となくその音楽性にいまいち惹かれず避けていたのだけど、この映画を観てその先入観が間違っていたと痛感!

今の矢沢も渋くていいけど、昔の矢沢もとんがっていていい!ある意味、ロックじゃなくてパンク!かっこよすぎる。

バンドの音作りはもちろん、ステージの証明ひとつひとつに口出し、自分の舞台を作り上げる様には「This Is It」のMichael Jacksonに通じるものを感じた。

Avatar

| | コメント(0) | トラックバック(0)

最近話題の3D映画、AVATAR
USではわりと3D方式の映画が増えている中、満を持してのJames Cameron監督による、3D作品。

一度SFのMetreonのIMAXで観て、その新しい体験とあまりのグラフィックスの作りこみに感動したので、もう一度奥さんと観ることに。

映画館はここのサイトを参考に川崎にあるIMAXにてIMAX 3D方式で観ることに。そしていい真ん中の席を予約で取るために、3日前にネットで予約。ばっちりL列を確保。

内容は、「Dances with Wolves」や「Pocahontas」のような原住民vs侵略者のよくありがちな話。しかし、ちゃんと盛り上がる個所もあり、涙もろい俺のような人には泣けるシーンも。

しかし、それ以上の見どころは3D、そして、作りこんだグラフィック。
accoさんtweetから知ったこのサイトにも書かれているように、とにかく膨大なデータ量らしい。さすが製作費3億ドル(前作「タイタニック」は2億ドル)。

なんの前知識もなく、単なるアニメ映画ぐらいじゃない?と思っていたところ、3Dが思いのほか効果的でびっくり。いわゆる「飛び出す3D」ではなく、自然に奥行きを与えるために3Dが用いられていて、臨場感があるのだ。また、字幕が最前面(3D的に一番手前のレイヤー)にあるから吹き替えの方がいいのでは?という話も聞いていたけど、個人的には全然気にならなかった。

あと、US版のIMAXとの違いをあげると、やはりアスペクト比(US版は正方形にもっと近かった)とスクリーンの大きさだろうか。

観終わった後に、2人がもった感想は「ゲームみたいだった」ということ。その反面、ゲームをやっていると、「Uncharted 2」や「MGS 4」のようなのをやると、「映画みたいだ。」と感じることもある。この2つのコンテンツ種別の境界がますますなくなってきているのかな。

サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-02-24)

ジョン・トラボルタが最強にかっこいい!
全編最後まで飽きず。


昨年の1月に日本に里帰りしたときに気なった映画「少年メリケンサック」。

出演陣も豪華で、宮藤官九郎が監督で、その他、宮崎あおいに佐藤浩一、田口トモロヲ、ユースケなど。

思わず一気に見てしまった、青春パンクロック映画。おもしろかったー!

「アンドロメダとおまえが・・・」が頭から離れない・・・。向井秀徳ってすごいなと初めて思った。

TheInformant_Unbelievable.jpg

監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:マット・デイモン、スコット・バグラ、ジョエル・マクヘイル、メラニン・リンスキー、他

機内で観た映画。
実際の事件に基づく、スパイ・エンタテインメント。
すごくテンポがいいので飽きずに最後まで観ることができた。

サンシャイン2057 [DVD]
サンシャイン2057 [DVD]
posted with amazlet at 10.01.16
20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン (2007-09-07)


真田広之 も出演している、太陽探索系SF映画。
太陽が弱まり、太陽を再度活性化させるために、地球上にあるすべての核爆弾を積み太陽の核に向かう宇宙船の乗組員の話。

扱っている素材が「太陽」ということで、やや宗教色はあるけど、なかなか楽しめた。こういうSFは好き。

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
メディアファクトリー (2009-10-23)


スウェーデンから帰るときに、町のいたるところにこの映画のポスターが貼ってあり、どうしても見たかった1作。ダニー・ボイル監督。

クイズ番組の話かと思いきや、それもあるけど、もっと純粋なラブストーリー。

とにかくテンポが良く、最後まで楽しめた。いい話だね。

ラスト、エンディングでの踊りが最高。本当にサントラほしいかも。

surrogates.jpg

飛行機の中で観た映画。
人類のほとんどが、ジャックインすることで義体を操作し、生身の体で出歩くことが無くなった未来の話。望みの容姿、望みの肉体を手に入れられた結果人間がどうなってしまったか、そして、どのようにそこから変わろうともがくか。テーマとしては面白い。

オフィシャル

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2010年1月以降に書かれたブログ記事のうち映画・演劇・映像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは映画・演劇・映像: 2009年12月です。

次のアーカイブは映画・演劇・映像: 2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。