映画・演劇・映像の最近のブログ記事

Avatar

| | コメント(0) | トラックバック(0)

最近話題の3D映画、AVATAR
USではわりと3D方式の映画が増えている中、満を持してのJames Cameron監督による、3D作品。

一度SFのMetreonのIMAXで観て、その新しい体験とあまりのグラフィックスの作りこみに感動したので、もう一度奥さんと観ることに。

映画館はここのサイトを参考に川崎にあるIMAXにてIMAX 3D方式で観ることに。そしていい真ん中の席を予約で取るために、3日前にネットで予約。ばっちりL列を確保。

内容は、「Dances with Wolves」や「Pocahontas」のような原住民vs侵略者のよくありがちな話。しかし、ちゃんと盛り上がる個所もあり、涙もろい俺のような人には泣けるシーンも。

しかし、それ以上の見どころは3D、そして、作りこんだグラフィック。
accoさんtweetから知ったこのサイトにも書かれているように、とにかく膨大なデータ量らしい。さすが製作費3億ドル(前作「タイタニック」は2億ドル)。

なんの前知識もなく、単なるアニメ映画ぐらいじゃない?と思っていたところ、3Dが思いのほか効果的でびっくり。いわゆる「飛び出す3D」ではなく、自然に奥行きを与えるために3Dが用いられていて、臨場感があるのだ。また、字幕が最前面(3D的に一番手前のレイヤー)にあるから吹き替えの方がいいのでは?という話も聞いていたけど、個人的には全然気にならなかった。

あと、US版のIMAXとの違いをあげると、やはりアスペクト比(US版は正方形にもっと近かった)とスクリーンの大きさだろうか。

観終わった後に、2人がもった感想は「ゲームみたいだった」ということ。その反面、ゲームをやっていると、「Uncharted 2」や「MGS 4」のようなのをやると、「映画みたいだ。」と感じることもある。この2つのコンテンツ種別の境界がますますなくなってきているのかな。

サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-02-24)

ジョン・トラボルタが最強にかっこいい!
全編最後まで飽きず。


昨年の1月に日本に里帰りしたときに気なった映画「少年メリケンサック」。

出演陣も豪華で、宮藤官九郎が監督で、その他、宮崎あおいに佐藤浩一、田口トモロヲ、ユースケなど。

思わず一気に見てしまった、青春パンクロック映画。おもしろかったー!

「アンドロメダとおまえが・・・」が頭から離れない・・・。向井秀徳ってすごいなと初めて思った。

TheInformant_Unbelievable.jpg

監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:マット・デイモン、スコット・バグラ、ジョエル・マクヘイル、メラニン・リンスキー、他

機内で観た映画。
実際の事件に基づく、スパイ・エンタテインメント。
すごくテンポがいいので飽きずに最後まで観ることができた。

サンシャイン2057 [DVD]
サンシャイン2057 [DVD]
posted with amazlet at 10.01.16
20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン (2007-09-07)


真田広之 も出演している、太陽探索系SF映画。
太陽が弱まり、太陽を再度活性化させるために、地球上にあるすべての核爆弾を積み太陽の核に向かう宇宙船の乗組員の話。

扱っている素材が「太陽」ということで、やや宗教色はあるけど、なかなか楽しめた。こういうSFは好き。

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
メディアファクトリー (2009-10-23)


スウェーデンから帰るときに、町のいたるところにこの映画のポスターが貼ってあり、どうしても見たかった1作。ダニー・ボイル監督。

クイズ番組の話かと思いきや、それもあるけど、もっと純粋なラブストーリー。

とにかくテンポが良く、最後まで楽しめた。いい話だね。

ラスト、エンディングでの踊りが最高。本当にサントラほしいかも。

surrogates.jpg

飛行機の中で観た映画。
人類のほとんどが、ジャックインすることで義体を操作し、生身の体で出歩くことが無くなった未来の話。望みの容姿、望みの肉体を手に入れられた結果人間がどうなってしまったか、そして、どのようにそこから変わろうともがくか。テーマとしては面白い。

オフィシャル

JM [DVD]
JM [DVD]
posted with amazlet at 10.01.16
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-06-03)


脚本が William Gibson ということで有名な映画、「JM」。
せっかく「Neuromancer」を読んだのでこれも観てみた。

舞台設定はまさに、「Neuromancer」に近く、Chibaも出てくれば、片腕が義手のバーの店主も出てくる。ただ、テーマとしては、記憶運び屋の話なので、少し違う。あと、「マイノリティ・レポート」的なシーンもあり。

よくよく見ると、出ている俳優がかなり豪華。主演はこの後Matrixに出るキアヌ・リーブスだし、対立組織のボスは北野たけし、さらに、なぜかIce-Tとヘンリー・ロリンズが出演。ヘンリー・ロリンズはやはりムキムキでどう考えてもサイボーグ神父には負けなさそうなのに。さすがBlack Flag。

記憶運び屋が引き受けた不思議な320GBの記憶、それを追うヤクザ、そして、対立するLo-Tekという設定はなかなかおもしろいのだけど、何となく映像にはチープさを感じてしまい。これ、Neuromancerも半端にやるとこうなっちゃうんだろうなー。

Official Site

機内にて。
出ました、大人計画の松尾スズキ監督、宮藤官九郎出演の映画。
キャストも、主演に内田有紀、その他 蒼井優、 宮藤官九郎、大竹しのぶ、など豪華。

精神病院をテーマにしたストーリーなので、割とつらいところもあるのだけど、松尾スズキ原作・監督だけにうまく面白く書かれている。内田由紀すごいな、と改めて思った。

PE.jpg

Official Site

機内にて。
Johnny Depp主演の伝説の強盗ジョン・デリンジャーの物語。
「Pirates of Carribean」とは全く違うキャラのジョニー・デップと、その愛人役のマリオン・コティヤールが素晴らしい。
極めて爽快なギャング映画で、ラストのデリンジャーの残したセリフがかっこよかったなぁ。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち映画・演劇・映像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日記です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。