食: 2006年11月アーカイブ

本日は、誕生日ディナー、ということで、最近ちょっと行ってみたいと思っていた店を予約していて、そこに。


昼間は冷蔵庫の脇に入れる細い棚の収納が届いたので、それを組み立てた。意外にしっかり作る必要がり、大変。
その後、会社でちょっと仕事をして、その後、新宿の都庁の前、センチュリーハイアット東京内のフレンチ、Cuisine[s] michel troisgrosへ。いままで行った中では割とカジュアルな雰囲気。年齢層は様々で、ホテル内ということもあり、披露宴帰りの人などもいた。いままでの失敗をいくつか省みて、今回は食前酒はなし、ワインもグラスで。これが成功で、程よく酔い、食事も最後まで入った。

[MENU]
・アペリティフ
・アミューズブーシュ
・三陸帆立貝とワカメのフィーヌメルバ
・ブルゴーニュ産エスカルゴのブイヨン仕立てコリアンダーの香り
・オマール海老のキャラメリーゼ
・黒毛和牛フィレ肉のポワレ フルーリーソース ニンニクのコンフィ
・フロマージュ
・プレデセール
・ココナッツとメープルシロップの白雪見立て
・小菓子
・コーヒー

アミューズブーシュのかぼちゃのスープが激烈にうまかった。クリームやらナッツから蜂蜜やらが入っており、デザートに近い感じ。オマールもいろいろと食べたことがあるが、今回のはかなりうまい。贅沢な味。牛フィレも、おれが好きな濃い目の赤ワインのソースで大満足。やわらかーい。いままでのレストランで、何度か断念したフロマージュも食べることができ、しかも、うまい!ハードタイプ、アオカビ、シロカビ、と充分に堪能。プレデセール、誕生日のメッセージ入りデザート、小菓子、コーヒーで満足。

帰りは、いっぱいになった腹を休めるべく、新宿まで歩き、京王線、世田谷線にて家に。

夜も時間があり、MHPのクエストに。集会所クエストもだいぶすすんだ。

会社の後輩さんが渋ちかで買ってきてくれた、鯛焼きとわらび餅。

吉祥寺にある「天音」というお店らしいが、
ここの白玉入りの鯛焼きは最強にうまかった。あと、でかい、ふわふわの蕨餅も!

鯛焼きは凍らせると、黒糖小倉アイスとして食べられるらしい。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2006年11月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは食: 2006年10月です。

次のアーカイブは食: 2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。