食: 2010年10月アーカイブ

父親の誕生日のプレゼントに選んだ千疋屋の究極モンブラン
ついでにということで我が家用も発注し、今日到着。

千疋屋の究極モンブラン

ちなみに、千疋屋のおすすめ情報によると、"究極"の所以としては:

■フランス、イタリアの最高の産地のマローニ種のシャーテーニュ栗から作るコクの豊かなマロンペーストを使用。
■イタリア産のマロンをマダガスカル産バニラで煮込んだ最高品質のマロングラッセを使用。
■タルト地にはしっとり感と香ばしさが断然違う、スペイン産最上級アーモンドパウダーと発酵バターをふんだんに使用。
■香りづけのラム酒は樽熟成によるバニラやバナナ香が豊かなトリニダード産プランテーション・ラムを使用しております。
■モンブランの中心にはマロンが丸ごと1個入っています。

という贅の限りを尽くした逸品。

箱から出すとこんな感じ。

千疋屋の究極モンブラン

かなりボリュームのあるモンブランなのだけど、飽きることなく、最後まで感触。上のやわらかなペーストを下の固いタルト地がしっかりと受け止めていました。4個入りなので、もう一個づつ。さて、いつたべようかな。

昼は近所を散歩。すると、以前よく行っていた酒屋で、寺田本家の甘酒(?)「米グルト」を発見。初めて飲んでみたが、これがまたなかなかいける。

他にも寺田本家のお酒が入荷していたので、ついでに「自然のまんま」を探すも発見できず。

そして夕方からさっそく昨日拾ってきた利平栗を剥く作業に。

その前に!

まずはそのままオーブンで焼いて焼き栗。
でかい!甘い!うまい!

焼き栗

そして、残りの栗を剥くという過酷な作業開始。利平栗は渋皮を剥くのが大変なので、(主に奥さんが)苦労した。その甲斐あって出来上がった栗ご飯はこんな感じでおいしそう!しかも焦げ付き。

栗ご飯

今日のオカズはサンマで、秋の味覚はまだまだ続く。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、2010年10月以降に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは食: 2010年9月です。

次のアーカイブは食: 2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。