Craft Beerの最近のブログ記事

先日のビアフェスで個人的にNo.1だったこのビールをBevMoで発見したので、早速購入。おそらく今まで飲んできたIPAの中では最高。

Enjoy By 12.13.13 - Stone Brewing Co.

名前が示すように、敢えて極限定した期間しか保存できないぐらい極限までに新鮮さを求めて作られたIPA。

Enjoy By 12.13.13 - Stone Brewing Co.

このシトラスな後味はヤミツキになる。

先日のビアフェスでDeschutes Breweryの人に入荷を聞き、無事に入手したAbyss。なんと店頭には並ばず、店の人に言うと裏から出してくれるというマニアックな商品。

The Abyss - Deschutes Brewery

Abyssの名にあった複雑で深い味。

The Abyss - Deschutes Brewery

この漆黒のImperial Stoutは夜にチビチビと飲むに限る!2本購入出来たので、一本は今日、もう一本は一年後。

2011年にこのイベントに参加してあまりにも夢のような時間が過ごせたので、今年も行って見ることに。

BevMo Holiday Beer Festival

会場は相変わらずのFort Mason。しかし、2011年に比べると大きめのホール。

BevMo Holiday Beer Festival

さて、まずはStone Brewing

BevMo Holiday Beer Festival
# 今気づいたけど、後ろ向きに立っている人のシャツがnice!

ここでは、いきなり"Enjoy by 12.13.13 IPA" と"Sublimely Self-righteous"の両方を試飲。Sublimelyももちろん美味しかったのだけど、"Enjoy by 12.13.13 IPA"の苦みの中にある爽やかなシトラスの味にびっくり!これはうまい!

BevMo Holiday Beer Festival

次に向かったのはDeschutes Brewery

BevMo Holiday Beer Festival

ここでは、JubelaleとHop Trip IPAを頂いた。

BevMo Holiday Beer Festival

試飲のついでに、Abyssの入荷情報もゲット!

そして、Anderson Valley Brewingへ。

BevMo Holiday Beer Festival

ここでは、Heelch O' HopsとWinter Solstice。さすがAnderson Valley、どちらもうまかったけど、Winter Solsticeは反則っぽい感じにバニラとスパイスが効いていて最高だった!

BevMo Holiday Beer Festival

そして、ColoradoのBoulder Beer

BevMo Holiday Beer Festival

BevMo Holiday Beer Festival

ここでは、Sweaty Betty wheat beer と Never Summer Ale。

そして、Napa Smith Brewery。名前からもわかるように、めずらしいNapaのBrewery。

BevMo Holiday Beer Festival

ここでは、Hopageddon と Bonfire。どちらも美味。Bonfire ポーターが特によかった。

いつもの会社飲みの定番、21st Amendmentもブースを出していたけど、さすがに今日はパス。

BevMo Holiday Beer Festival

そして次はChicagoのGoose Island

BevMo Holiday Beer Festival

BevMo Holiday Beer Festival

Belgian StyleのMatildaとGreen line Pale Ale。そして、家にはここのPepe Neroが寝かせてあることに今更ながら気づいた。

この頃になると、皆いい感じで酔いまくり・・・。

BevMo Holiday Beer Festival

ここから更にペースをあげ、Tioga-Sequoia Brewing Companyへ。

BevMo Holiday Beer Festival

BevMo Holiday Beer Festival

ここでは、Joaquin Murrieta Chili BeerとCalifornia 99 Golden Ale。Chili Beerは本当に辛くてびっくり!

2 Towns CiderhouseのCider、Bad appleとBrightciderで休憩。

BevMo Holiday Beer Festival

サンディエゴの大御所、Ballast Point にて、SculpinとPale Ale。そろそろ濃いめでは無くあっさりのを続けたいので。

BevMo Holiday Beer Festival

といいつつも、変わった味の多い、Rogue Alesへ。ここはVoodoo Maple Aleで痛い目にあった・・。

BevMo Holiday Beer Festival

Santa's Private Reserve Ale、そして、XS Dead Guy Ale。ともに濃いめ。

BevMo Holiday Beer Festival

Schubros Breweryでは、Winter Warmer と Pale Ale。

BevMo Holiday Beer Festival

〆はDrake's BrewingでJolly RogerとAbominably Jolly (Imperial White IPA)。

BevMo Holiday Beer Festival

BevMo Holiday Beer Festival

BevMo Holiday Beer Festival

こうして全24種類のビールを飲んだビアフェスも無事終了。

BevMo Holiday Beer Festival

有名どころのビールをそれぞれのクリスマス限定醸造のものと一緒に飲める貴重なイベント。来年も来ないと!

DSC_7037

ここのところ3年連続で購入しているDeschutes Breweryの季節限定ポーター、Black Butte。今年も25th Anniversary versionを購入。

Black Butte XXV

例の如く、飲み頃は"Best After 06/10/14"なので、じっくりと寝かせて熟成させて飲む。

今年もこの季節が来たということは、昨年のBlack Butte XXIVが飲み頃ということ!

また、これを購入する時にBevMoの人に教えてもらったのが、同じくDeschutesのAbyssというスタウト。これがまたうまいのだとか。10月に入荷するので、要チェックだ。

普段は会社のメンバーをくるビアパブ、21st Amendment。今回は奥さんと。

一押しはBrew Free od Die IPAらしいが、今日はドラフトがなかったので、ポーターを注文。

21st Amendment

21st Amendment

つまみはチキンウィングとFish&Chips。

21st Amendment

21st Amendment

ビールに合う。他にもビールや食べ物はいろいろと充実している。

ここのところ、我が家の醤油麹消費量が半端無い。以前から、アボガトの醤油麹のせはほぼ毎日食べていたが、それ以外にも肉に合わせるとおいしいことなどもあり、昔につくった醤油麹がかなり少なくなってきた。それが、こちら。

醤油麹OLD

今回は新たに醤油麹と三升漬けを作成。発酵前はこんなボソボソ。あまりコクも無く味が分離している。でもここから発酵することで、なんとも言えない熟成された味わいになるのだ。ピリ辛のよっちゃんなんばん的な味わい。

醤油麹NEW

もう一つ、熟成と言えばこれ、昨年も発売し、すぐに売り切れたBlack Butte。今年は24th Birthday Reserve。

Black Butte XIII

昨年の記事に書きたいことを書いたでの、敢えてここでは触れないが、とにかく今回は熟成させてみることに。

なんせ、ビールにくせに、Best "AFTER"で一年後。こりゃ、一年後が楽しみ。

Black Butte XIII

今週も忙しい土曜日。

朝は平日の疲れをとるために遅く起きるも、直ぐに準備をして、まずは目指すはUnion Square。LEGOのサンタYodaがUnionSquareに出現、しかも明日の夜にはなくなってしまうとのことで、これは見に行かなければ、と。

UnionSquare近辺はすっかりクリスマス。macy'sとかも完全にクリスマスの飾りつけになっており、しかもUnionSquareの真ん中にはRockfellerCenter並みにアイススケートのリンクができていた。

DSC_7777

DSC_7787

そして、この一角にLEGOのコーナーがあり、ここにLEGOのサンタYodaがあった。

DSC_7781

小さい方は完成しているものの、大きな方はまだ。今晩ぐらい完成かな?

DSC_7785

この大きな方も、よく見ると基本サイズのLEGOパーツを組み合わせて層にして作っていることがわかる。

DSC_7786

その後、クリスマスに向けて何かいい服がないかなと、Barney's NewYorkやら、WestFieldやらを見て歩くも収穫はなし。まだいまいちここがいい!という店を見つけられていない。

そんな気分の中、Gap(Kids)の前を通ると、なんとStarWarsフェアが!いや、Kidsだけど、別に中に入るのはいいだろう、ということで、中へ。当然、服は全てKidsサイズなわけだけど。

Star Wars x GAP

Star Wars x GAP

あまりにも悔しかったので、帰り際に、入口のところにいたStromtrooperと2ショットの写真を撮ってみたり。

そして、今日の第二の目的地、Rainbow Groceryへ。友人よりすごい夢のようなスーパーがあると聞いていて、依然よりずっと行きたいと思っていて、やっと実現した。

Rainbow Grocery

まず、毎日9am-9pmという営業時間ですでに合格。そして、中に入ると広がる量り売りの品々で一気にハイテンション。

Rainbow Grocery

Rainbow Grocery

もちろん、味噌もある!しかも何種類も。

Rainbow Grocery

さらにピーナッツバターやドライフルーツも量り売り。もちろん洗剤も!

Rainbow Grocery

こんなかわいい子供用のシャンプーも発見。

Rainbow Grocery

いやー、このスーパー、すごいなぁ。常連になりそうな勢い。しかも完全にvaganなので、肉も魚も売っていません。でもチーズの種類は豊富。しかもUSのもの多し!

ついつい長居をしてしまい、急いで、今日のメインイベント、BevMoのHolidayBeerFestへ。このイベント、最近知った(そして会員になった)BevMo(Beverages and More)という酒屋チェーン主催のイベントで、Fort Masonの大きな会場で行われるとのこと。日本では、何度かビアフェスには行っているものの、USでは初めて。この情報を見つけて来た奥さん、グっジョブ!

一人$40と少し高いのだけど、日本でもそれに近い値段で充分に元が取れると感じたので、こちらUSでもチャレンジ。

少し遅れて会場に当到着すると既に中は人でいっぱい!そして配っている試飲用のコップも日本の2倍はある!100以上のBrewery、200種類以上のビールがそろうまさにビール好きにとっては夢のようなイベント。

DSC_7788

DSC_7792

会場を一周して、まずはIRON SPRINGSへ。ここではChocolate Bothin Porter と Epiphany Ale。うまい!USのビールを完全になめていた。Chocolateのダークエールも相当おいしいのだけど、Hopsのうまみが効いているEpiphanyも最強。

DSC_7793

次に、Drake's Brewing Co.へ。ここでは、1500 Pale Ale とJolly Rodgerを頂いた。ともにうまい。日本のビアフェスで飲んだアメリカのビールはおいしいといいう印象がなかったのだけど、なんだろうこれは。

DSC_7794

そして次。今回、個人的にはNo.1だった、Triple Voodoo Brewing。Inception Belgian Style Ale というのを飲んだのだけど、ホップが効いているのに、きつすぎず、何とも言えないマイルドな後味で完全にやられた。夫婦そろって、飲んだ瞬間に「おいしいねぇーー」と叫んだ一杯。(写真はボケた・・・。)

DSC_7799

間に、Kona BrewingのPipelineというKonaCoffeeフレーバーなビールをはさみつつ、以前にもエントリーで書いたBlack ButteをつくっているDeschutes Breweryへ。ここでは、Jubel Ale というクリスマス限定醸造と、 A Fresh Hop Pale Aleを。これもうまい。

DSC_7800

DSC_7803

このあたりから、会場の雰囲気は不思議な状態に。なんかみんな友達状態。視線が合えばみんなほほ笑むし、すれ違う人々、みんな「Cheers!」と乾杯の嵐。そして、前に立っているだけで、「そこのこのビール飲んだ?本当においしいかったよ!」といろいろとアドバイスまでくれる。なんか最強に平和且つ幸せ。ここまでの雰囲気には日本のビアフェスはならんなーと思った。

休憩を少しはさみ、次はPremium Nepalese Mustang。ネパールのビール。ヒマラヤの水を使っているのだそうだ。そのおかげなのか、とても澄んだ味でまた他とは違い、これもおいしかった。

DSC_7809

さて、この会場、実はビールだけではなく、Ciderも置いてある。そんな中から選んだのは、Ace perry cider

DSC_7811

そして、OregonのNinkasi BrewingのIPA。Peter B's Brew Pubの Hazel Nuts Brown AleとRye Ale。ここはMontereyにあるということを知った。

DSC_7814

DSC_7813

さらに、奥さんが気に入ったCold Spring BreweryのJohn Henry Bourbon Aged Sipping Ale。これは、風味のあるおもしろい味がした。

DSC_7816

そろそろ酔ってきたところで、Full Sail BrewingのWreck the Hall、Rahr & Sons BrewingのAss Kisser Smoked Porter。SmokedPorterは個人的に大好きな燻製臭あふれるエール。

DSC_7818

DSC_7819

ぶらぶらとしていると、バンドの演奏開始。なんか、みんなそろそろ酔いがまわってきている感じ。

DSC_7821

おつまみコーナーで出会った彼とも意気投合。やっぱりIron SpringとDrake'sがいいと。

DSC_7825

そんな話を聞き、再度IronSpringsへ!前回はタップのだったので、今回は瓶のやつに挑戦。Sless's Stimulating Stout と JC Flyer IPA。ここはやっぱりうまいなぁ。行ける距離なので、Breweryを訪ねてみたい。

そして、Mike's hard blackberryというリキュール的なもの。次はBison Brewing のAle と ChevallierというシャンパンとCiderの中間のような味のもの。Gingerbreadはやはり季節もので、こんな味のビールがあるんだなぁと。日本では無い味なので、とてもいい経験になった。Chevallierも上品な味で満足。

DSC_7830

DSC_7831

DSC_7833

次はHigh Water Brewing
のHop Riot IPA。まさに名前の通り!ホップが強烈なのだけど、決して嫌味な強さではなく、気持ちいいい強さ。まさにRiot。

DSC_7834

MateVeza では、Yerba Mate AleとMorpho Hibiscas Herbal Ale。

DSC_7839

Telegraph BrewingのWinter Ale。これもGingerbreadの味だった。

DSC_7843

もう一度バンドのところに戻ると、ダンスパーティー状態。いいね。この幸せな感じ。

DSC_7847

そろそろお腹いっぱいになったところで、〆はSpeak Easy Ales and LagersのBlack Ale。大満足。

DSC_7856

今回、アメリカのビアフェスに参加してみて思ったのは、意外に、アメリカのBreweryは正統派なエールで勝負しているところが多いということ。日本のビアフェスは比較的フレーバービールに走りがちだったのだけど、今回は正統派が多い。特に、ホップの効いたものも多く、しかもそれぞれ味が全く異なるのには驚いた。

いくつかお気に入りのBreweryを見つけられた気がしたので、是非いつかは訪問してみたいなぁと思う。

いやー、幸せ。

[おまけ]

Happy Holidays!

DSC_7858

ふと、Wholefoodsで目にとまったこの黒いエール。圧倒的な存在感だったのでついつい購入。

Black Butte Aging Ale

家に戻って気付いたのは、蓋がロウ付けされていること。

Black Butte Aging Ale

確かにボトルをみると、これは寝かせてさらに熟成させてから飲むとおいしいらしい。しかし!テンポラリーの家に住んでいる今、定温での貯蔵も難しいのでサクッと飲むことに。

これがまた実に大胆で、ガツンとくる黒ビール。最強にうまいのだけど、熟成させたらもっとおいしかったのだろうなぁ。

さらに、キャップの裏には、"Bravely Done"!
Bravely Done!!

あまりにも完璧なエールだったので調べてみると、Deschutes Breweryというオレゴン州のBreweryで、Black Butte XXIIIというエールだった。

サイトより説明を抜粋すると、

Using select cocoa nibs and locally roasted coffee, Deschutes partnered with equally passionate local artisans to craft this potent, colossal homage to Black Butte Porter. A final aging in aromatic whiskey barrels infuses a truly handcrafted depth and the complexity of fine wine.

いやー、読み返すと味がよみがえってくる。

Breweryのサイトより。
Deschutes Brewery: BBXXIII

[追記]
その後、もうい一本と思い探しているのだけど、品切れでみつからない・・・。

1

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちCraft Beerカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはアプリです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。