ふと、Yelpで調べ、早めの夕食を食べに向かったのは、Limón。先日、会社の同僚と食べたRotisserieのチキンが美味しかったから、今日はRotisserieな気分。しかもペルー風味。

まずは、Pisco SourとSangria。Pisco Sourがアルコールが強くてびっくり。

Limón Peruvian Rotisserie

Limón Peruvian Rotisserie

食事を頼むとAjiが数種類出てきた。どれもなかなか美味しい。

Limón Peruvian Rotisserie

そしてメインのチキンのグリルと、カリカリに焼いたチキン、Chicharron de pollo。

Limón Peruvian Rotisserie

Limón Peruvian Rotisserie

どちらもしっかりとした味付け。ついでにユッカ芋もうまい。

付け合わせの野菜グリル。

Limón Peruvian Rotisserie

デザートはこちら。

Limón Peruvian Rotisserie

ペルー独特の味付けなのだけど、どれもしっかりとした味で美味しく頂いた。ここはまた来たいな。

最近ちょっとハマっているもの、それはTrader Joe'sの冷凍干し柿。

冷凍干し柿 from Trader Joe's

Koreanということで、韓国のものを仕入れているのだろうけど、なぜ商品のラインアップに加わることになったのかかなり不思議。

以前に食べた吉野いしいの冷やし柿にはもちろん負けるものの、なかなかそれに近いものを味わうことができる。

こちらは、凍っているうちにシャクシャクと食べるのがおすすめ!

Golden Gate Park内にあるSF Japanese Tea GardenとBotanical gardenがSFに住んでいる人は無料で入場できると知ったのが、昨年。それ以降、なかなか行くチャンスがなかったのだけど、今回奥さんの学校の宿題と花見を兼ねて、ついに行ってみることに。

桜はまさに最高のシーズン。

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

そして、庭園が思っていたよりもずっと本気で日本庭園だったことに驚いた。

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

ちゃんと枯山水の石庭や太鼓橋、そして五重塔まである。

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

そして至る所に桜が咲いているので、日本を思い出し懐かしい気分になった。

SF Japanese Tea Garden

SF Japanese Tea Garden

まあ、逆に言うと、桜の季節はここにくれば日本に居なくとも桜が楽しめるということなのだけど。ここに花見をするスペースが無いのが残念(笑)。

Japanense Tea Gardenのあとは、そのまま勢いでBotanical Gardenへ。こちらはTea Gardenに比べると敷地も大きく、様々な国の植物を見ることが出来る。

SF Botanical Garden

ここで気に入った場所は、Redwoodの森。

SF Botanical Garden

そしてこちらの桜も丁度見頃だった。

SF Japanese Tea Garden

桜の花びらの絨毯は昔の三軒茶屋の家の近くの桜の絨毯を思い出させてくれた。

SF Japanese Tea Garden

つい先日Wine ClubのメンバーになったPaso RoblesのMidnightより、待望のZinが2本到着。

2009年のEstate Zinfandelと2008年のZinfandel Crescent。

Midnight Cellars

ここのZinは本当に美味しいので、しばらくワインセラーで寝かしておくことに。

丁寧に解説のブックレットまでついてくる。

Midnight Cellars

さすがWin Club。

Bowmoreの17年をやっと入手。

以前に日本で購入し、個人的なバランスとしては15年よりも18年よりも気に入っていた一本。今回のUK出張でやっとまた手に入れることができた。

Bowmore 17 yrs

"The Distiller's Choice"と書かれているように、つくっている人達が一番勧める熟成具合なのがこの17年。USではなかなか入手が難しいので、嬉しい一本。

90年代に有名バンドのメンバーの覆面グラインドバンドとして登場したBrujeria。まさかそんなマイナーなバンドのライブを見ることができるとは。そんな気持ちで、楽しみ半分、怖さ半分で向かった先はOaklandのMetro Operahouse。

会場の警備の物々しさにびっくりしながらも中に入ると、客は至って普通。そして、丁度モーターヘッド的なのりのBlack Mackerelが演奏をしているところだった。

Black Mackerel

いい感じのおっさんロケンロール。そして、続くはSangre。ヒスパニック系のノリのメタルコア。結構人気がある様だった。

Sangre

そして登場のBrujeria。

Brujeria

メンバーの入れ替わりと覆面で誰が誰がなかなかわからなかったが、グラインド界の大御所Napalm DeathのShane Emburyを発見。こちらはわかりやすい(笑)。

Brujeria

そして、いました、CarcassのJeff Walker!

Brujeria

そしてドラムは現Paradise LostのAdrian Erlandsson。

Brujeria

豪華なメンツ。一方、Vo.二人は完全にスペイン語Vo.、さらに客もスペイン語でバンドとやり取りをするかなりHCなライブとなった。

Brujeria

Brujeria

Brujeria

この熱気!

Brujeria

Brujeriaはまだまだ現役!

今日も近くにいったので、昼ご飯は最近お気に入りのL'acajou Cafe and Bakery。

美味しいGrilled Cheese sandwichと、やみつきCheddar Chipotle Scone sandwich。

L'acajou Bakery & Cafe

L'acajou Bakery & Cafe

前回も思ったけど、この店の小ささが良い!

さて、New England Lobster Companyで蟹を購入したところ、このように丁寧に箱に入れてくれた上に、保冷剤を入れ、ちゃんと新聞紙でカバーしてくれた。

dungeness crab

そのためなのかはわからないのだけど、Halfmoon Bay で購入した蟹よりも活きが良い印象。

dungeness crab

そのために、蟹を軽く洗うのもいつもよりも手こずる感じ。そして、さくっと順番に二杯を茹でて、

dungeness crab

適度な大きさにして、クラスタシアン風のガーリックソースで炒める。

dungeness crab

dungeness crab

うちでは、とことん蟹を味わうということがモットーなので、味付きの殻から出汁をとり、ご飯を足しておじやに。

dungeness crab

そして、綺麗な方の殻を煮立ててエキスが出た煮汁は

dungeness crab

蟹ご飯おむすびに、と蟹三昧。

dungeness crab

これだから蟹はやめられない。

本日の昼ご飯は、ふと気になったNew England Lobster Company。

New England Lobster

やや中心街から離れたところにあり、一瞬戸惑うが、着いてみれば大賑わい。こんなかわいい看板が示す様に駐車場も完備。(しかし、店の前の道での路駐も問題無く可能。)

New England Lobster

店の中はこんな感じでカジュアルな雰囲気。

New England Lobster

ここのお勧めはLobster Chowder と Lobster Rollらしく、それを注文。

Lobsterの身がたっぷりのLobster Roll (Dressed)。

New England Lobster

そしてこちらもLobsterの身がたっぷりのLobster Corn Chowder。

New England Lobster

どちらも新鮮でおいしい!Lobsterにはバターが合うと再確認。

さて、Eateryの横を見ると、、、Marketが。

New England Lobster

そして水槽の中を除くと、新鮮な巨大なLobsterとDungeness Crabが。

New England Lobster

これは買ってみないと、ということで、蟹を二杯購入。

----------
New England Lobster
824 Cowan Road
Burlingame, CA 94080
(650) 873-9000
newenglandlobster.net


View ドラムな日々 GeoLog (アメリカ編) in a larger map

すぐ目の前を通りながらも、なかなか行く機会のなかったSF Zoo。天気も良いし、今日こそは!と思い行くことに。しかしながら、かなり混んでおり、駐車場の中は満車。しょうがなく近場に停めて歩いていくことに。

そして中に入ると、その敷地の広さにびっくり。

SF Zoo

おなじみの動物も若干距離が近いように感じた。

SF Zoo

SF Zoo

SF Zoo

久しぶりに見るサイや、シロクマ、水の中から一向にあがってこないカバ、そしてハ虫類のゾーンの後に、類人猿ゾーンに。

このゴリラ、この写真を見る限りかなり賢そう・・。

SF Zoo

そして何故かカンガルーと一緒にいたクジャクは、一生懸命に求愛中。

SF Zoo

SF Zoo

この綺麗な羽を振るわせていたけど、あまり効果が無かった様子・・。

そして夜行性ゆえに睡眠中のこのコアラの可愛さにはやられた。

SF Zoo

フラミンゴの群れも間近でみることができ、満足した一日。

SF Zoo

動物園の目の前の海岸も最高。

SF Zoo

前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。