Lodi旅行中に滞在する宿は、初のB&B。多くのレビューからおすすめ度も高く尚かつ宿代もそんなに高く無かったのでここに決定。

20分程運転して到着した建物は個人宅というにはかなり大きい、ちょっとしたマンション。ここを二人の老夫婦が管理している。

The Inn At Locke House

目の前にある大きな納屋。ここは旦那さんのRichard用の自家製セスナ工場らしい。すごい。

The Inn At Locke House

素敵な入り口から中に入り、

The Inn At Locke House

建物の横をとおり玄関へ。

The Inn At Locke House

The Inn At Locke House

The Inn At Locke House

案内された部屋は広くは無いけど落ち着いた感じ。

The Inn At Locke House

The Inn At Locke House

自分たち専用のバス&トイレも付いている。

共有スペースのリビングと読書スペースもアンティークなアメリカの雰囲気が満載。これはいいなぁ。

The Inn At Locke House

晩ご飯は途中で買ってきたチップスとビールを部屋で食べようと思っていたところ、あまりにもいい天気だったので、ここの庭で食べさせてもらうことに。

The Inn At Locke House

The Inn At Locke House

一緒にウェルカムドリンクとして出してもらったアイスティーが美味しかった!!

独立記念日っぽく、星条旗のBudweiserとともに。

The Inn At Locke House

ドライブ、そして急ぎのワイナリー巡りとは打って変わってのんびりとしたくつろぎの夕ご飯。日が沈むのも遅いこの季節に花がいっぱいの庭で過ごす時間は何にも代え難いものだった。

部屋にもどり、本日購入の7 Deadly Zinで〆。

7 Deadly Zins

花火の音を聞きながら就寝。

7月4日独立記念日を含み4日間の長めの週末。

折角の長めの週末でいろいろと行くところを探していたところ、結局Lodiに決まった。カリフォルニアワインと言えば有名なのは、ナパとソノマ。しかし、自分が好きだなと思うワイン、特にZinfandelの葡萄の産地を見ているとLodiが多いということにある日気づき、調べてみたところ、CaliforniaのZinfandelの約半分はここから来ていることがわかった。個人的に大好きなJammyなZinのZinthesisもLodiの葡萄。

ここに決定した後は宿の決定も早く、近くの街で初のB&B、The Inn At Locke Houseを予約。

当日は少し早めに家をでて、いざLodiへ。内陸に進み、川を越えLodiに到着。ワイナリーを巡る前にまずはお腹が空いたので、Avenu Grillにて遅めの朝ご飯。

ローカルな肉屋のソーセージとパンケーキ。

2013-07-04 13.10.48

2013-07-04 13.10.58

定番だけどどちらも美味しかった。

さて、まず向かったのはVisitor Center。

Lodi wine & visitor center

ホテルも併設する、なかなか綺麗な施設。

Lodi wine & visitor center

ここで一通りお勧めのワイナリーを聞くも、そもそも今日は独立記念日なので、どこも早く閉まるとのこと。

なので急ぎ向かった一件目はJessie's Grove Winery

Jessie's Grove

ここはOld Vine Zinfandelが売りらしく、入り口近くには118歳のZinが飾ってあったりする。

Jessie's Grove

葡萄畑の真ん中と言う雰囲気で、右を見れば大きな納屋が。

Jessie's Grove

左を見れば葡萄畑が。

Jessie's Grove

Jessie's Grove

テイスティングルームはアンティークな雰囲気で、なかなか迫力のあるおばさんが出迎えてくれた。

Jessie's Grove

ここでまずびっくりしたのは、ZinがJammyではなくPepperyなこと。これはいきなり意外だった。何種類かここのワインを試し、結局ここで一番の売れ筋、Earth, Zin, and Fireを購入。

テイスティングルーム前のくつろぎスペースもお洒落だ。

Jessie's Grove

ここでワイン購入し、クーラーボックスを持ってくることを提案した奥さんの機転に感謝!内陸で気温はなんと40度以上。更に車の中はそれ以上なので、クーラーボックスなしでは今回の旅行中にワインを買うことはできなかった・・・。

さて、次に向かったのは、Micheal David Winery。到着したのはテイスティングルームが閉まる15分前。

Michael David

Michael David

ここはハイウェイ沿いにあり、一番有名なのは 7 Deadky Zin と Earthquake。ここでは幾つか面白いワインを試飲することができたが、結局定番の 7 Deadly Zinを購入。これは今日の宿で飲む用。

この時点で他のWineryは独立記念日で閉まってしまったと思われ、5時まで空いていると教えてくれたVisitor Centerに戻りテイスティングをすることに。

ここで先ほどとは別の担当の人にあたり、充実したテイスティングを楽しむことができた。ここでも試したZinはJammyというよりはPeppery、そしてモノによってはBowmoreに通じるSmokeyさがあり驚いた。幾つかお勧めも聞き、明日の予定も何となくきまった。

ここで他に面白かったのは、建物の外にある、様々な葡萄の木のコレクション。

Lodi wine & visitor center

Lodi wine & visitor center

ぱっと見ただけでは差がわからないのだけど、葡萄の実が何となく違うのはわかった。

さてここらは本日の宿に移動。

またまたTretornのスニーカーがセールになっていたので、購入。さすがスウェーデンのメーカー、IKEA式に次々と新しいシリーズが出てくる。

今回は、奥さん用に明るい色のNyliteとTivendenのサンダル。

Tretorn Tivenden Sandal

サンダルは綺麗な色で、足裏はSwedish Massage Technology対応(?)。

Tretorn Tivenden Sandal

Nyliteの方は定番だけど、こちらは鮮やかな新色。

Tretorn Nylite Canvas

そして自分用のAlkärrは軽めのスニーカーで、こちらもSwedish Massage Technology対応。

Tretorn Alkärr Canvas

オレンジの糸で縫われた四角がポイント。

Tretorn Alkärr Canvas

週末は、同僚の家族とキャンプ。

今回の目的地は、SFからは北にある海岸沿いのSalt Point State Parkの中のキャンプ場。

朝は少し早めにでて、3時間程のドライブで到着。ところがここで問題発生。なんと、キャンプ場の予約を1週間間違えていた・・・。Salt Pointのキャンプ場ではさすがに空きはなく、別のキャンプ場にも行ってみるがこちらも満員。

しかし、ここのレンジャーさんがその場で心当たりのあるキャンプ場に連絡してくれてなんとか場所を確保してくれた。急いで向かい、いくつかのサイトを見て、場所を確保。トレーラーハウスのエリアの隣だけど、海が見える場所なので、まあOKとし、焼きそばをつくりながら同僚の到着を待つ。

Salt Point State Park

Salt Point State Park

Salt Point State Park

そして、今回もひたすら食べるキャンプで楽しみ、夜は海の音を聞きながら睡眠。海の音ってここまで大きいということを初めて体感した。

ちなみに我々よりも更に崖よりのキャンプ場はこんなところ。ここの景色は最高だけど、風が強そうだった。

Salt Point State Park

その後海沿いのレストランでFish&Chipsを食べて解散。予約が失敗したものの、今年初のキャンプとしては、こんな感じで楽しめたと思う。

帰り際、Sonomaに近いということで、急遽いつものワイナリーへ。

まずはHarvest Moon

Harvest Moon @ Sonoma

ここの2008年のEstate Zinfandelがあまりにも美味しかったので購入しようと思ったところ、やはり人気があるのか、残りの本数も少なく、結果値段が以前に買った時の倍近くに!どうしようか悩んだかが、2005年のEstate Zinfandelがそれよりも安い値段がおいてあったので、そちらを購入。楽しみな一本。

葡萄も実がついてきた。

Harvest Moon @ Sonoma

そしてもう一軒はお隣のHook & Ladder

Hook & Ladder @ Sonoma

ここではテイスティング後、Zinを購入。こちらの葡萄も元気。

Hook & Ladder @ Sonoma

ここはこのところ敷地内の設備をいろいろと整えていて、今回は芝生の庭が出来ており、そこでしばらくのんびりとくつろがせてもらった。

Hook & Ladder @ Sonoma

86th grandpa fest.jpg

さて、East Bayの日、午後の部。

以前からずっと行ってみたかったライブハウス、924 Gilman。今回ついに面白そうなイベントがあり、行くことに。まさにPower Violence全盛期な学生の頃、良く読んでいた雑誌に必ずと言ってでてきたライブハウスで、日本のバンドがUSツアーをするときも、ここでライブをやり記事になっていた。No Violence, No Drugs, No Alcohol, All Ages というポリシーで、ボランティアによる自主運営のライブハウスというのも興味深いところ。

今回はこの近辺のH/Cのライブには必ず来ているおじいさん、GrandPaの86歳の誕生日イベント。それに合わせ、90年代に活躍していたバンドやそのバンドメンバーのバンドが参加。

近くに車を停め、中へ。今日はガーゼのTシャツで参戦。それにしても$10とは安い。

DSC_5525

DSC_5482

DSC_5478

DSC_5488

物販を見ていると、丁度 Connoisseurが終了。


そして、To The Pointが開始。Infest, Despise You, Spazzといった有名バンドのメンバーで、Slap a HamというFast Core /Power Violenceの代表ともいえるレーベルのオーナー、Chris Dodgeのバンド。まさに90'sを彷彿させるPower Violence。これはかっこ良い。

To The Point

続いて、ex-Plutocracyのメンバーも在籍する、Freedom Denied。面白かったのだが、ややありきたりな音になってしまった感もあり、残念。

Freedom Denied

そしてまさか見ることが出来る日がくるとは思っていなかった、Bastard Noise。超絶ギター+ドラムの上に電子ノイズと女性絶叫Vo.がのり、まさに音の渦。カオス。

Bastard Noise

そしてトリは90年代にも活躍していたNoothgrush。Corruptedのライブをあまり見ることができない今、このような重く心地よい音の洪水を体験できる数少ないバンド。

Noothgrush

当日のYouTubeはこちら。

ステージに掲げてある看板。みんなで楽しく安全に楽しもう、の精神。

DSC_5511

こちらが入場時にもらった会員証と、数十年前に購入したGilmanの歴史の本。

924 Gilman member!

この場に来ることができ、当時のバンド/メンバーのライブを見ることができた感慨深い一日。

今日の夕方は924 Gilman St.でのライブということもあり、一日EastBayで過ごしてみることに。

まず、ブランチは、West Oaklandで有名なBrown Sugar KitchenにてChicken&Waffle。

Brown Sugar Kitchen @ Oakland

Brown Sugar Kitchen @ Oakland

Oaklandの人気のない倉庫街の一角で、道を挟んだ向こう側では何やら昼から人が車のまわりにたむろしてる様な場所だったので、危険を感じつつも中に入るとお洒落な店でびっくり。

Strawberry Lemonadeは美味しく、チキンはクリスピー。しかも、Kajunの味付けでこれまた独特。

Brown Sugar Kitchen @ Oakland

Brown Sugar Kitchen @ Oakland

なかなかいい店だったので、今度は他のメニューにも挑戦してみたい。

その後はBayBirdgeのたもとでのんびり。

DSC_5461

----------
Brown Sugar Kitchen
2534 Mandela Parkway
Oakland, CA 94607
(510) 839-7685
brownsugarkitchen.com


View ドラムな日々 GeoLog (アメリカ編) in a larger map

KickstarterでBackしたOUYAが漸く到着!しかも限定カラー。

OUYA

シンプルな箱を開けると、Thank you for believingの文字。

OUYA

そして、小さい本体とコントローラ。この本体の小ささはよいね。

OUYA

本体とコントローラ接写。

OUYA

OUYA

表面は品質高く仕上げていると思う。でも、コントローラの電池の入れ方にはびっくり。

本体とかの下にはケーブル類。

OUYA

で、使ってみた感じとしては、若干のもっさり感、ダウンロード中のステータスがいまいちわからない、特にすごく惹かれるゲームが無かった、などこれから感が満載だけど、コンセプトはよいよね。

最近いろいろと忙しかったからか、ついつい寝かせておいたワインを飲んでしまう。

Paso Roblesにて購入した最高のワイナリーのワインを2本。

飲むワインどれも最高なZinだったTurleyとワインクラブのメンバーになってしまったMidnight。

Turley

Midnight

実に幸せなひととき。

今年のE3はゲーム業界にとって需要な年であったわけで、PlayStation とXBox両方の次世代コンソールの発表があった。そんなこともあり、いろいろと思い出のあるE3となった。

9日のPlayStationのPS4プレス発表。

PlayStation 4 at E3

PlayStation 4 at E3

E3の会場の熱い雰囲気。

PlayStation 4 at E3

PlayStation 4 at E3

PlayStation 4 at E3

PlayStation 4 at E3

XBoxOneのTitanFallのロボ(&モヒカン)。

2013-06-11 15.14.23

ゲーム博物館。

2013-06-11 14.34.34

2013-06-11 14.34.47

2013-06-11 14.36.00

2013-06-11 14.37.16

そして同僚に教えてもらったSpudnutsとThe Apple Panのバーガー。

Spudnuts

2013-06-11 17.12.50

2013-06-11 17.19.53

意図せず二十数人あつまったホームパーティーも含め、良い夏の思い出だ。

2013-06-09 14.58.22

VISAの更新もあり日本に一時帰国をしていたのだけど、仕事をしつつも今回は晩ご飯はかなりの充実度。USに戻ってきたら5kg増えており米のパワーを改めて再確認。

どうしても飲みたかったYebisuの黒に始まり、

2013-05-27 23.38.49

何故かチェゴヤのスンドゥブ。

2013-05-28 20.38.08

駅ナカでうどんを食べ、

2013-05-29 08.21.08

2013-05-29 08.21.56

ファイト餃子で冷えたビールとともにホワイト餃子。もちろんジャリも再び注文。

ファイト餃子

ファイト餃子

ファイト餃子

定番の山手ラーメンでゆきラーメンを食べ、

山手ラーメン

キンペイにて懐石を。新鮮な刺身、カツオの塩たたき、サメの心臓、などなど。

キンペイにて キンペイにて

キンペイにて キンペイにて

キンペイにて キンペイにて

キンペイにて キンペイにて

キンペイにて キンペイにて

渋谷のぱっぷはうすで以前中目黒でお世話になった女将と焼いて頂いた希少部位の焼き肉。

ぱっぷはうす

ぱっぷはうす

銀座の松崎煎餅にて抹茶かき氷を食べ、

2013-06-01 16.21.01

匠にて鮨三昧!!!カトちゃんは元気だったけど、一人で大変そうだったなぁ。

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

でも懲りずに、東京餃子楼でまたまた餃子をたべてみたり、

東京餃子楼

東京餃子楼

東京餃子楼

本当に久々に、なじみのチンタラに行き、おやじと話こんだり、

チンタラ チンタラ

チンタラ チンタラ

チンタラ チンタラ

チンタラ チンタラ

チンタラ チンタラ

そして〆の最終日は、チンタラの親父に教わった経堂の鮨処 なり田でまたまた鮨三昧。なり田は新たな出会いと発見があり、今回の食のハイライトだったかもしれない。

週末や晩ご飯の後にはキッテとか、地元の三軒茶屋や下北を訪問できた。

2013-06-01 22.36.37

2013-06-02 12.06.25

2013-06-02 13.50.49

肝心のVISAはあっさりと何の問題もなく一週間以内に取得でき、無事に目的達成となった。

前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。