ドラムな日々で「匠」と一致するもの

日本へ一時帰国

|

VISAの更新もあり日本に一時帰国をしていたのだけど、仕事をしつつも今回は晩ご飯はかなりの充実度。USに戻ってきたら5kg増えており米のパワーを改めて再確認。

どうしても飲みたかったYebisuの黒に始まり、

2013-05-27 23.38.49

何故かチェゴヤのスンドゥブ。

2013-05-28 20.38.08

駅ナカでうどんを食べ、

2013-05-29 08.21.08

2013-05-29 08.21.56

ファイト餃子で冷えたビールとともにホワイト餃子。もちろんジャリも再び注文。

ファイト餃子

ファイト餃子

ファイト餃子

定番の山手ラーメンでゆきラーメンを食べ、

山手ラーメン

キンペイにて懐石を。新鮮な刺身、カツオの塩たたき、サメの心臓、などなど。

キンペイにて キンペイにて

キンペイにて キンペイにて

キンペイにて キンペイにて

キンペイにて キンペイにて

キンペイにて キンペイにて

渋谷のぱっぷはうすで以前中目黒でお世話になった女将と焼いて頂いた希少部位の焼き肉。

ぱっぷはうす

ぱっぷはうす

銀座の松崎煎餅にて抹茶かき氷を食べ、

2013-06-01 16.21.01

匠にて鮨三昧!!!カトちゃんは元気だったけど、一人で大変そうだったなぁ。

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

鮨処 匠 鮨処 匠

でも懲りずに、東京餃子楼でまたまた餃子をたべてみたり、

東京餃子楼

東京餃子楼

東京餃子楼

本当に久々に、なじみのチンタラに行き、おやじと話こんだり、

チンタラ チンタラ

チンタラ チンタラ

チンタラ チンタラ

チンタラ チンタラ

チンタラ チンタラ

そして〆の最終日は、チンタラの親父に教わった経堂の鮨処 なり田でまたまた鮨三昧。なり田は新たな出会いと発見があり、今回の食のハイライトだったかもしれない。

週末や晩ご飯の後にはキッテとか、地元の三軒茶屋や下北を訪問できた。

2013-06-01 22.36.37

2013-06-02 12.06.25

2013-06-02 13.50.49

肝心のVISAはあっさりと何の問題もなく一週間以内に取得でき、無事に目的達成となった。

Hiromi: The Trio Project @ SF Jazz

|

ハイウェイから家に戻る時の通り道になっていたSF Jazz。建築の現場をの横をずっと通っていたので、いつかは行ってみたいと思っていたところ、なんと上原ひろみがライブをするということで、早速コンサートのチケットを購入したのが数週間前。

ライブと、建物そのものの中に入れるという二重の楽しみで迎えた当日。

Hiromi Trio @ SFJazz

会場に入るとこんな感じ。比較的小規模。

Hiromi Trio @ SFJazz

まさに目の前のこんな席だった。

Trio ProjectはBass:Anthony Jackson, Drums:Simon Phillipsという最強の布陣。

1st/2ndからの曲だったけど、やはり生演奏は全然違う。完全にプログレッシヴ・メタルだった。Simon Phillipsの鬼ドラミングが冴えまくり。

上原ひろみも、巨匠二人に全く負けていないところが素晴らしい。

Hiromi Trio @ SFJazz

Hiromi Trio @ SFJazz

こんなに良い体験ができるのであれば、SF Jazzにはもっと通わないとなぁ。

Zazie @ Ashbury Heights

|

本日のブランチは、奥さんが以前から気になっていたCole st.、 その中の有名店Zazieへ。ここはパンケーキやポーチドエッグといったいかにもアメリカな朝食が有名。

店の前に着くとすでにウェイティングリストには多くの名前が。店の人に聞いたところ、30分程の待ち時間とのこと。なので近場を散歩して時間をつぶした。

Zazie@SF

席につき、あまりにも天気がいいのでカクテルのLe MetroとLe Muniを注文。

Zazie@SF

そして、French Toast Tahiti: Pinkie's challah stuffed with caramelized bananas and walnuts (2 pieces). まさに絶品。絶妙な甘さのバナナとフレンチトーストが合う。

Zazie@SF

La Mer: with fresh hand picked dungeness crab, green onions, and haas avocados. (2 pieces). こちらも蟹とポーチドエッグの組み合わせが吉。

Zazie@SF

久々に何度も来たいと思えるブランチが食べられるお店。ちなみに、食事中にふと隣を見ると、某リンゴ社のデザインの巨匠家族がいてびっくり。有名店なんだなぁ。

---------------
Zazie
941 Cole Street
San Francisco, CA 94117
(415) 564-5332
zaziesf.com


View Places in US in a larger map

|

ホテル暮らしも始まり、出発も秒読み。

そんな中、晩御飯は、最近めっきり行っていなかったカトちゃんの店、寿司処匠へ。

久しぶりなので、牡蠣からはじめ、いつも通りのおすすめ。

匠にて

いつもと変わらずうまい江戸前。

そして、今日もここで出会いが。隣に座っていたご夫婦は、奥様がもとスチュワーデスで、うちの父親と同じ会社であることがわかり、さらにSan Franciscoにも住んでいたことがあるらしく、いろいろと興味深い話をまた聞くことができた。

行きつけのすし屋とか焼き鳥屋でおいしい食事を食べる、新たな酒を発見する、そして、そんな最高の場所で、同じように最高の時間を過ごしている人達と知り合いになれる。普通のことかも知れないけど、すごく大切で大きなことだと思う。

叶 匠壽庵で休憩

|

ふと、鞄を見に丸の内へ。ここの土屋鞄で仕事でも使えるトートを探そうと思ったのだけど、店舗そのものはちいさく、ここでは実物を見ることができず。

仕方なく、地下を歩いていると和菓子の叶 匠壽庵を発見。あまりにもおいしそうなメニューでついつい寄り道。

今回注文したのは、あんみつと季節のスウィーツ。ともに、上品な甘さでおいしかった。

そのまま白金まで歩き、土屋鞄の白金店へ。こちらで目当ての鞄を発見するも、ちょっとまだ購入まで踏み切れず。いいんだけど、カジュアルすぎるんだよな。

イブの寿司

|

昨晩はなぜか寝つきが悪く、3時間も眠れず・・。

昼間は渋谷へ出かけ、まい泉でとんかつ。

寝不足のためか一度家に戻りぐったり。

そして、夕方に再度元気を出して、久々にすし処匠へ!
2年ぶりぐらいか?

カトちゃんにもうちょっと頻繁に来い!と怒られつつ、まずはヒレ酒とおつまみの生海苔入りの玉子焼き。冬はやっぱりヒレ酒だな。

あと、生ガキ。

そしておまかせ握り。

大間の大トロ
名物、金目昆布〆
カワハギ肝のせ
ホウボウの昆布〆
富山の白海老
真ツブ貝
寒ブリ
真アジ
ウニ
巻物2種
アナゴ、タレで
煮ハマグリ

あまりにも満足すぎる。寿司って幸せになれるな。

さらに、その場にいた他社の海外営業をしている部長さん、課長さんとお友達に。アメリカ担当の方とアフリカ担当の方。興味深いお話をいっぱい聞いた。

この出会いがあるのも匠ならでは。来年はもう少し多く行かないとな。

匠の技と餃子

|

昼にぶらりと銀座へ。
松屋にて「目利き百貨店」をやっているとのことで。

すると、その前の広場で、「銀座手仕事直売所」というのをやっており、これがなかなか面白い。陶芸はもちろん、こだわった茶葉とか、手作りのアクセとか、皮製品とか。ついついここで時間をつぶしてしまい、目利き百貨店は有料だったこともあり今回はパス。

銀座手仕事直売所

銀座手仕事直売所

気になったのは、800 for eats のお茶や紅茶。「日本の産地を応援するごはんプロジェクト」だそうだ。ここが今回カフェを出していたのだけど、一緒にでてきたケーキがおいしかった。

あとは、鳥取の出西窯も、かなりのスペースで展示したいたのだけど、ここのビールカップのデザインと色がすごくよくて、これはいつか購入予定。biotopeも出店していて、今回初めてARABIAのveronicaシリーズをみたのだけど、これは綺麗だった。さすがに高くて買えないけどw。

そして、夕方のライブの前に、銀座といえば、ここ、天龍で餃子とチャーハン。

Tokyo Day5

|

今日は少しだけ別行動。

なので、午前中はTSUTAYAに行ったり、本屋にいったり、タワレコいったり、コンタクトとりにいったり。タワレコでは、「77 boadrum」の限定版を発見。しかし、どちらかというと、ドキュメンタリー映画の方に興味があったので、今回はパス。

そして、銀座へ行き、久々に、服屋などをまわった。日本は本当にモノがあるなぁ・・・。丸井も意外によかった。そして、丸井の中にあるTSUTAYAにて、旅行関連の本を数冊購入。重要。しかし、このおかげで一気にカバンが重くなった・・・。

昼ごはんは天一にて天ぷら。うまいなぁ。日本の味。

天一

そして、一度にホテルへ。そろそろ二人とも疲れがきている・・・。

そして、念願のAIRUにて買い物。立体裁断のデニムとコートを購入。こりゃ、両方とも便利。

夕食は待ちに待った寿司!匠へ久々に。

今回のおまかせは:
大トロ
キンメ
かわはぎ
白海老
カキ
ワラサ
アジ
ヅケ
ウニ
巻物
アナゴ
イクラ

ああ、人生幸せ。

カトちゃんにお土産を渡したところ、とっておきの文旦をいただいてしまった!

食い納め、匠納め!

|

日本出発まで、ラスト数日。

なんで、思い出の食を食べつくし中。

7日
若干調子が悪い中、三軒茶屋の「東京餃子楼」。焼き餃子、水餃子、キャベツときゅうりで!


------------------------
8日
昔から何かとけじめの日によっていた「のらや」。今回も引越しが近いので。
もちろん三昧セット!

きつね釜揚げ
きつね、釜揚げ
ざるDSC_0333
ざる、のらや


------------------------
9日
昼は、何度も食べたデリバリーのカレー、ハベリ。
ここのナンがうまい!

ハベリのバターチキンカレーハベリのナン

そして、夜はベスト・オブ・寿司、門前仲町の「すし処 匠」。

今日も人でいっぱい。会社帰りに一人で立ち寄るビジネスマンも多い。

トロほうぼう
金目昆布〆たいら貝
白えびヒラメ昆布〆
寒ブリ真アジ
バフンウニつぶきゅう、ねぎとろ、いかしそ
あなご(タレ)かわはぎ
いくら(ルビー)さより皮

順番に:
トロ、ほうぼう
金目昆布〆、たいら貝
白えび、ヒラメ昆布〆
寒ブリ、真アジ
バフンウニ、巻物3種
あなご、かわはぎ、
いくら、さより皮

カトちゃん、一時帰国の際にはまた寄ります!

匠で満足!

|

久々に「すし処 匠」。1年ぶり

昨日から、行くと決めていたので予約していった。
久々に行き、またもやカトちゃんにおこられ、”清澄白川に住め”といわれた。

とにかく大トロでいきなりやられた・・・。塩をすだちで食べたイカが最高。
さらに、貝がそんなに好きというわけではないが、今回のつぶ貝はうまかったぁ。
もちろん、いくらは例のごとく!


大トロ (大間)
(もう一個白身魚忘れた・・・。)
キンメ昆布〆
つぶ貝
イカ
白エビ (富山)
子持ちしゃこ
うに
真アジ

ひもキュウ
ネギトロ巻

穴子(タレ)

いくら

いわし

新子

かんぴょう巻

ちなみに昨日は自家製なめろうだったので、魚をいっぱい食べる週末に。いいいことだ。

箱根 2日目

|

朝の8:00に起きるべくタイマーを仕掛けたが、実際に起きたのは10:00ごろ。

のんびりおきて、まずは本日の朝食、ホテル裏の渡辺ベーカリーの温泉シチューパン。これがうまい。パンとシチューがよくあう。ついでに、梅干入りのあんぱんも食べた。甘みと塩味が絶妙。帰り道にさらに、富士屋ホテルのベーカリー「PICOT」にてビーフカレーパンを買った。そして車で箱根湿生花園へ。

高山植物や湿地の植物など、様々な草花があり、すごく勉強になる。夏の暑い時期だったためか、湿地のところ以外は咲き終わった後だったが、なかなかよかった。いろいろなゾーンを歩いてまわるのだが、実験区というところがあり、原っぱのようなところで、ヤマフジもさいていたり、気持ちがいいかぜが吹いていた。コオニユリやホタルブクロなども綺麗だった。ミズバショウがおおくあり、シーズンにきたら綺麗そうだった。今回は子供をターゲットととした食虫植物展をやっていたが、それもなかなか面白かった。見学後、入り口の前で朝に買ったカレーパンを食べた。

次に、車で強羅を目指したが、「腸詰屋」というソーセージ・ハム屋を発見。ついつい寄り、パンにはさんだフランクフルターヴルストを注文。これがまた粒マスタードとあい、すごくうまかった!

急な坂道を登り強羅につくと、そこはあまり駐車場のない場所だったので、少しさ迷い、ケーブルカーの公園下駅近くの道に路駐。散歩をして、土産物屋などを散策。ガラス小物や「プラン・ド・ヴェール」にて記念のピアスを購入。さらに梅専門店の「梅匠 紀伊国屋」で梅飴と青梅のしそ包みを購入。飴がなかなかうまい。ついでに、駅前の手湯であたたまり、せっかくなので、一駅ケーブルカーに乗って車に戻った。

車で宿に戻ってから、ホテル近辺を散歩。「S.M.SHIBA」にて骨董をみてから宮の下の駅まで行き、登山列車に駆け込み乗車をして、箱根湯本へ。何回かスイッチバックがあり、これが新鮮。あじさいもまだ綺麗に残っていた。

湯本の商店街をあるき、ちもとで”湯もち”と”八重”のセットを買い、本日の晩御飯を食べにはつ花へ。こちらは自然薯蕎麦が有名。山かけ蕎麦ととろかけのざる蕎麦を注文。うまい!さっぱりしていい味。店をでてすぐの橋の上で川を見ながら、先ほど購入した湯もちと八重をたべ、満足。湯もちは、柚子風味のもちに羊羹が入っていた。続いて、醤油せんべいを買い、食べながら湯元のバス停まで歩き、帰りはバスで宮の下へ。ホテルに帰る前に寄木細工の店、こばやし商店へ。ここは、江戸時代創業で、木象嵌[もくぞうがん]の祖としてかつては皇室の御用達を務めた箱根最古の店らしく、女将がいろいろと箱根の思い出を語ってくれた。木象嵌の実物を何点かみたけど、それはそれはすごく味があった。大正天皇にもおさめたものの写真があった。

ホテルに戻ってからは、のんびりして、22:00-家族風呂へ。マーメイドバスという名前で不思議な空間だった。風呂においてある、冷たく冷えた水が、風呂あがりにすごく嬉しかった。今日は、はやめで23:30頃には寝た。

匠、久々!

|

匠
,
originally uploaded by x9x2x.


実に久々の「すし処 匠」。
なんと、最後に行ったのは12月半ばなので、実に半年ぶり!すごい久々で、カトちゃんにはもちろん怒られた(笑)。
本日も、もちろん満足のいくお鮨だった。

なんかの雑誌で、男も30を過ぎたら、行きつけの鮨屋ぐらい持て(笑)と書いてあったが、やっと持てたかんじだろうか?

本日の「美の巨人たち」は、アンリ・カルティエ・ブレッソン。

最近、写真が好きでいろいろと撮っているが、
この人のように幾何学的な要素を考えて撮ることなど思ってもいなかった。

「決定的瞬間の巨匠」、「ビロウドの手と鷹の眼を持つ男」と呼ばれた、
ブレッソンの写真集をちょっと見てみたいと思った。

世の中の出来事は絡み合っているもので、
RiseXにて「アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶」という映画をやっているようだ。
これもみたいなぁと。

ああ、復活。

|

年末から、ずっとこのBLOGが文字化けしていたのだが、理由は、RSSのところでしくっていたから。
LastFMのRSSFeedを以前、このBLOGの再度バーに表示していたが、それがうまく動いておらず、日本語の曲名・アーティストの者がRSSFeed内にリストアップされると、BLOG全体が文字化けしていた。

で、年末に再生したラスト10曲内に日本語の曲が入ったまま、間違えてBLOGを再構築したところ、全体が文字化け。しかもLastFMは年末にサーバーが落ち、ついさっきまでRecentPlaylistが更新されない状態になっており。ちょっと試行錯誤したがだめだった。

で、先ほどLastFM復活とともにBLOGの文字化けもなおり、めでたしめでたし。

さて、明日から仕事だ頑張るぞー。
なんか、5日間の年末年始の休みは短かったなぁ。
掃除とPSPのリッジで終わった気がする・・・。

年末のTokyoWalkerの”Walker's うまい店グランプリ”によく行く店がいくつかのっていた。すし処「匠」とかオムライスの「YOU」とか、そばの「山灯香」、沖縄料理の「抱瓶」(沖縄料理で1位!)、あんみつの「みはし」。あと懐かしの「ノリエット」も。
店が大きくなるのはいいことなのだが、混み合って行きづらくなったら嫌だなーと思うが故、本に出てしまったのはちょっと残念な気がする。俺のエゴかな?

三が日のラストは、お抹茶と千葉名産の茄子の和菓子「初夢」で〆!

匠 おさめ

|

今年の”匠おさめ”をするべく、本日は匠へ。
着いたのは21:00頃。しかしながら、年末の忘年会シーズンということもあり、少し入るまで待った。


DSC00427.JPG   DSC00428.JPG

DSC00429.JPG   DSC00430.JPG

DSC00431.JPG   DSC00432.JPG

本日のお品書き:

真牡蠣
サーモンハラス焼き

大トロ
キンメ昆布〆
平目

寒ブリ
白エビ
牡蠣昆布〆

ヅケ
うに
アジ

ひもキュウ
ネギトロ巻

穴子(タレ)

いくら

かんぴょう巻
カワハギ(肝つき)

おわん

ヒレ酒

そりゃ、これだけいいもの食べりゃ、カトちゃんとの会話もはずむ。
はぁ~。もうしあわせだぁ~。

匠 関連記事

久々、匠

|

久々に「」へ行くことができた。
Blogを見返すと、実に5ヶ月ぶり!
ちなみに、初めて行ったのは昨年の11月5日。通い始めて実に1年ほどになる。

レイアウト変更で早めに仕事が終わったということもあり、本日は同僚5人と。
いい感じの酒と食事に、話も進み、流れは自然と恋愛トークに。
元気出せよー!
ふぅー。満足した。

本日のお品書き

[寿司]
・大トロ
・キンメ昆布〆
・コチ昆布〆

・赤身のヅケ
・白えび
・さより昆布〆

・ばふんうに(北海道)
・牡蠣昆布〆
・あじ

・ネギトロ巻き、たらこ胡瓜巻き
・穴子(タレ)
・ルビー

・かわはぎ肝のせ
・かんぴょう
・いわし
・しめさば(松輪)

[肴]
・白子焼

[酒]
穀良都
独楽蔵

匠 またもや

|

2ヶ月ぶりに、仕事後、「匠」へ。
このまえは、いわゆる”お土産”だったのだが、
さすがに店で食べるのは味が違うので。(と、大将にいわれた。)

誰がなんと言おうと、うまい。今回は、最後の客になってしまい、
隣のお客さんともりあがり、えびすビールをおごってもらい、
さらに店の人にもいろいろと盛り上げられ、そうとう酔った。

お土産

|

本日、会社の後、隣の課の方々と飲み。
いろいろと話をきいた。

その後、家に戻るとお土産が。

DSC01151.JPG


イエス!イッツ、匠寿司!
がっつりいただきました。
うますぎ。

だらだら、さんちゃ

|

本日は、昼までだらだら。

家のすぐ前の服屋が以外にいいことを発見。メンズが少ないが、いいものを結構売っている。しかも安い。店の人と友達になり、さっそく三茶の情報を取得。世田谷公園の近くのうまいフレンチ「Sea Breeze」、焼肉屋の「かくれ家」、そして、家の近くのジンギスカン「寅々」を教えてもらう。さらに、ちょっとぶらぶらして燻製屋「Nube」を発見。

その後、なんとなくさまよい歩き、本屋にて「PLUTO」の2巻を購入。

さて、夕食は前から行きたかった蕎麦屋「山灯香」へ。ここでは
 ・とりわさ
 ・出し巻き玉子
 ・おためし蕎麦切り(ゴマダレ と もり汁)
 ・匠(純米大吟醸)
 ・そば米餡のわらびもち
を食す。ここの蕎麦は、うまい!普通のに比べて太いのだけど、しっかりした感触。しかも、意外にゴマダレがあう。日本酒もあう。

食事のあとで、三宿経由で帰ることに。以前、うちの親がランプを買ったと言っていた「The Globe」に初めて行った。この店はアンティーク家具等を扱っている店なのだが、おもしろい!テーブルとかもいいのがいっぱい。2Fのランプシェードの充実度はすさまじい。特に夜にいったからか、すごく綺麗にきらきらしていた。

世田谷公園をとおり、ぼちぼちと家へ。

TVでやっていた”世界不思議発見”でブラジルの「レンソイス」が特集されていた。この綺麗な光景、一度行ってみたいものだ。

GW前日

|

GWの前日ということで、本日はさくっと会社を切り上げ、「匠」へ。

本日のヒットはヅケとのれそれ!ヅケは鰹節のだしがすごくよかった。

匠で満腹になった後、電車で帰ろうとしたが、渋谷であまりにも満員のため、下車。
渋谷から徒歩で帰ることに。
しかし、2駅にもかかわらず1時間ぐらいかかった。
夜の風は気持ちよく、いろいろな店の発見があり面白かった。

六本木な一日

|

本日は、六本木ヒルズな一日でした。
以下の4つあわせて1800円はおとくでは?

アーキラボ -建築・都市・アートの新たな実験展-  (森美術館)
建築をテーマとする展覧会。「飛行船+街」なものから、「とうもろこし型建築」までいろいろと多数。模型も数多く展示されていた。全体を通して思ったのは、非常にセル(Cell)状の形態をとるものが多かったこと。最小単位のセルを結合させ、集合住居を建てていく形を今後はとるのでしょうか?最終的には、ここにあった、まさに人間の細胞が組み合わさり、臓器のようなものになるのでしょうか?
 あと面白かったのは、<ベスト社社屋未決のファザード>。あえて正面に瓦礫が崩れているような状態にしたり、壁に亀裂が入り、その壁全体がスライドして入り口が現れたり、はたまた、あえて壁が剥けているような状態にしたり、と、なかなか前衛的でした。
 空中都市に関するものも多く、結構それらの模型を見入ってしまいました。
 カタログも面白そうで、充実していたため、買おうかどうかまだ悩み中。


ルイ・ヴィトン -時空を超える意匠の旅展-  (森アーツセンターギャラリー)
ルイ・ヴィトン展は期待半分で行ったが、案外楽しめた。もともと鞄屋からスタートしたということで、ルイ・ヴィトンの鞄がメインだった。昔の鞄が多く展示されていたのだが、どれもこれも、すごく出来がいい。デスク・トランクという、開くとそのまま机になる鞄だとか、靴専用の鞄だとか、非常に凝っていて、みていて楽しかった。そのままワードローブになるトランクもすごい。やっぱり昔の鞄はデザインがいいのです。


■展望台
53Fから360°見渡せるので、かなり壮大。東京タワーが目の前だし、まわりにここより高い建物はないので、かなり気持ちよい。景色は”追記”の写真参照。


都市の模型展
こちらは、行って初めてやっていると気づいた。入場無料。東京、ニューヨーク、上海の街の模型が展示してある。東京は、ほぼ23区全体のモデル。品川近辺やら、青山一丁目近辺やらをみて、「ああ、ここにある!」と確認。ニューヨークもエンパイアやら、クライスラーやら、自然史博物館やらいろいろと確認。上海は、なんかカオティックな未来都市でした・・。

行きたいところ

|

3連休で行きたいところのメモ。
ああ、全部はむりだね、もちろん。

アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005
 森美術館

ルイ・ヴィトン 時空を超える意匠の旅展
 森アーツセンターギャラリー

唐招提寺展 -国宝 鑑真和上像と盧舎那仏-
 東京国立博物館

ミート・ミーツ・メディア : 知覚の冒険
 NTT Inter Communication Center

Art Scope 2004
 原美術館

よみがえる横溝正史
 世田谷文学館

国立科学博物館

国際こども図書館


----------------------------
[今後]
ゴッホ展
 東京国立近代美術館  (3月23日 - 5月22日)

髪切った

|

■恵比寿
 つばめグリルで昼食。つばめ風ハンブルグステーキはアツアツでうまかった。その後Tomorrowlandのセールへ。例のごとく、セールには人が集まり、とんでもないことになっていた。人ごみキライ・・・。で、特にいい服は発見できず。でも、入り口近くで売っていた100円の木のハンガーにちょっとひかれた。

■代官山
そして、代官山まで歩き。ぶらぶらと散歩。意外と知っている店がなくなっていた。代官山の交差点近くのインテリアの店とか。服をいろいろとみて、ぶらぶら。

■FIX-UP
髪を切りにFIX-UPへ。

■匠
久々の匠。会社の某Uさんは本日は匠が開店する5時に来ており、うちらが行ったときにはもう帰った後だった。本日も満足です!このために一ヶ月頑張ってます!ヒレ酒も満足。久々にルビー(いくら)を食べました。今回の一番はいわしとあじ!あと、かんぴょう巻き。さらに蒸したてのあんきもをすすめられ、頼んでみたらもちろんうまかったです。

ラスト匠

|

takumi.jpg「たくめよー」の誘いにのり、年内最後の匠へ。
おまかせ10貫は最高でした。

ふだん、それほど感動しない大トロも今回はすごくうまく、白えびは絶品。そして、今回の一番のヒットはアジでした!
一緒に飲んだふぐひれ酒も大満足。最初と最後に白子焼きを食べ、満足な寿司食べ納めでした。来年は6日からだそうです。

匠 再び

|

本日、再度「すし処 匠」へ。

1週間連続でいくと、湯呑みがもらえ、2週間連続でいくと
某氏の光る自転車がもらえるそうです(うそ)。

デザートは家に帰ってから、「大阪 杵祥」の黒糖入りわらび餅&ゆず茶。
幸せな夕食でした

寿司を食す。

|

会社の帰りに、4人で門前仲町の寿司屋へ。「すし処 匠」に行きました!
ここは前から会社の人に聞いていたお店で、やっと来れた!

おすすめ10貫+1を食べたのですが、幸せとはこういうものか、と実感。

漬けマグロや、大粒のいくらや、金目鯛の昆布〆、アジ、富山の白えび、うにの握り(!)、そして焼き白子を堪能。

本当に幸せな一日でした。
一緒に行った人たちは、ほぼ毎週行っているようです・・・。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。