ドラムな日々で「花火大会」と一致するもの

たまがわ花火大会

|

準備も完了したので、花火大会へ。

今年もいままでの経験を踏まえ、例の場所でみることに。そうか、前回は2007年か。

まずは近所で酒類の購入。クーラーバッグを忘れたことに気付いたが、まあしょうがないので、ビールとワインを購入。そのまま100円ショップでクーラーバッグとコップを購入。ちなみに、このコップがなかなかのすぐれものだった。

そして、いざ上野毛へ。しかし乗り継ぎも悪く、会場に着いたのは16:00少し前。それにしても人がいないなぁと駅付近で思っていたら、すでに場所取りがされた後だった。基本、どうやら方針としてあらかじめ決められた枠の中にしか座ってはいけないらしいのだけど、枠の中はすでに全部取られ、しかもマンションの工事などで座るエリアが明らかに少ないので、これでは成り立つわけもなく・・・。なので、枠外の座りやすそうな場所に陣地をとることに。

今年の例年と違うところは、IKEAで買った簡易机を持ってきたところ。これが大正解!さっそくピクニック開始。

DSC_4463

座って酔いどれていると、やはり我々の後にも人が座りだし、2重3重に。そりゃそうだ。また、隣に座っていたベテラン花火カメラマンのおじさんに撮影の方法などを教わり、今回はやや長い時間露光する方法で撮影することに。これで流れを撮影することができる。

DSC_4492

DSC_4536

DSC_4541

このように全体の動きが撮れる。一応無限遠であわせているものの、実際に撮ると少し手前の方がよさそう。

DSC_4546

DSC_4559

色も重なり、綺麗に撮ることができる。

DSC_4566

DSC_4585

綺麗な形。

DSC_4589

銀河みたい。

DSC_4592

DSC_4624

今回は、いままでとは別の方法だったので、風の影響を受けやすく、形がいまいち綺麗に撮れなかったものもあるのだけど、これはこれで花火の動きを撮れるので面白い。また、今回他に聞いたのは、シャッタースピードを思いっきり長くしておいて、花火を2,3秒撮ったら、レンズに素早く覆いをして次の花火の時に再度覆いをとる。これにより、複数の花火をひとつの写真に収めることができる。

たまがわ花火大会、前準備

|

夜のたまがわ花火大会に向け、ピクニックの前準備。

まずは、ベーコン。1週間ほどクレイジーソルトに漬け混み水抜きした豚肉を燻製。

自家製ベーコン

出来上がったものを切ってみると、これまたいい具合。

自家製ベーコン

仕上げに、これを焼いて持って行くことに。

次は、パン。こちらはル・クルーゼで奥さんが焼いたパン。元ネタは NewYorkTimes だそうで。

自家製パン

そして、ブルーベリーパイ。

自家製ブルーベリーパイ

最終的にはこんな感じ。

花火ピクニックの準備

ル・クルーゼのパン (with オリーブオイルとバルサミコ酢)
アボガドとトマトのサラダ
枝豆
自家製ベーコン
薫製ソーセージ
塩唐揚げ (青唐辛子ソースとコリンアンダーチャツネ)
クリームチーズ、薫製醤油漬け
ブルーベリーパイ
薫製ナッツ

あとは行く途中でワインとビールか?

----
自家製ベーコンをつくるときに使用した食品用脱水シートはこちら。

小さいサイズのもあり、それも便利。

多摩川花火大会

|

昨年に引き続き、今年も多摩川花火大会へ。昨年の「ポイント」をふまえ、今回持っていったのは:

・ワイン
・チーズ
・LightCap with 水・氷
・ナイフ
・簡易クーラーボックス
・ウエットティッシュいっぱい
・お菓子
・PSP

そして、上野毛から行き、会場にはおおよそ4:00頃に到着。ちょっと道に近いころで、埃っぽかったのだけど、夕方になるにつれ、後ろにさらに2列ぐらいでき、それも少しは弱まった。

位置的には東京側の本部前。ちょうど、打ち上げ場所のまん前で、いい場所。

DSC_0143
宇宙みたいに見える。

DSC_0157
綺麗に撮れた一瞬。

Cat
猫。

DSC_0170
最後の盛り上がり。

DSC_0202
花火の後ものんびりと。

多摩川花火大会

|

自由が丘での用事を済ませ、いざ、多摩川花火大会へ。
自由が丘にて、ビールとシートを購入。

そして、大井町線にて二子玉川駅へ。
実は上野毛駅の方から行った方が近かったみたい。
二子玉川駅からは、人の流れにまかせ、順路矢印に従い、ここら辺へ。
着いたのは17:30頃。しかし、土手のところも下から人で埋まりはじめていて、平地もほとんど隙間がないぐらい。うまいことちょっとしたすきまに滑り込み、無事に平地で見ることができた。

開始するまでに時間はだんだんと暮れていく空を見ていた。久々に多摩川に来たけど、空は広く、夕焼けが綺麗だった。雲の中に虹も発見。そして、無数の蝙蝠があたりを飛んでいた。

夕日がほとんど沈み、あたりに青さが残っている中、花火大会開始。今まで見た中で、一番花火に近い位置での観賞となったが、量も多く、最後は「やりすぎー!」といえるぐらい、すごかった。

さて、来年も来ようということで、おさらい。

ポイント:
1)大井町線で上野毛で降りたほうが早いかもしれない。
2)16:00頃には着くように行けばだいたい大丈夫そう。
3)できれば小さな机があるといいかも。
4)酒はワインがよさげ!つまみはチーズなどもいいのでは?
 東京側は売店が少ない・・。


DSC_0052.JPG  DSC_0069.JPG

DSC_0102.JPG


たまがわ花火大会

|

FireWorks
FireWorks,
originally uploaded by x9x2x.


昼間はいろいろと写真をとり、午後からは初のたまがわ花火大会へ。予想していた通り、二子玉川駅に着くとすごい人だかり。流されるようにどんどん歩いて行ったが、途中で多くの人がわき道にそれたのでついていくと、「ねこたま・いぬたま」の駐車場らしきところへ。見晴らしもよくまわりに高い建物もなく、すでに人が陣取りはじめていたのでここに行きに100円ショップで買ってきた茣蓙をしいた。さっそく駅の方に少し戻りビールを買い、やきそばに並んでいるところで花火が開始!急いで戻った。
たまがわの花火は初めてだったけど、規模も大きくすごくきれいだった。特に、中盤にあった、こまかーい花火がいっぱいのやつ。空一面が埋め尽くされ、まるで銀河をみているようだった。場所もかなりナイス。非常にのんびりと充実。帰りも、駅までは行列だったが電車は普通に混んでいるぐらいで寿司詰めではなかった。
夕食は三軒茶屋にもどって「お好み焼きの広喜」で。「チーズ・餅」と「うどん・レタス」。美味ですな。花火を見た帰りにはなぜかお好み焼きか焼きそばが食べたくなる。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。